2015年12月28日

◎目的◎

有馬記念は僅かな位置取りの違いが明暗を分けましたね。
そして勝てる位置を確保した騎手の巧みさも目立ちました。私が注目していたラブリーデイはもう一列前で競馬をしていたらもう少しは順位を上げたかもしれませんね。

中山の最終レースは今年を象徴するようにデムーロ騎手とルメール騎手の一騎打ちになりました。
彼らは後方に待機してもほぼ確実に直線で伸びるので馬券を買う人間にとっては頼もしい限りですね。
特にミルコ・デムーロ騎手の11月後半から12月に入っての重賞での信頼度は傑出していました。

競馬の大レースは大井での東京大賞典を残すのみですが、競輪・オートレース・ボートレースはまだ大きなレースを残しています。
買うのも公営ギャンブルの醍醐味ですが、年末の各レースは観戦するだけでも楽しめますね。


さて、博打は負けた分だけ哲学が生まれると語ってきたのは他でもないこの私ですが、今年一年の数百万分で得た思いは、「人生の目的とは目的を手に入れること」です。

何のこっちゃ!?と言われそうですが、その日の最初に賭ける瞬間と負けた直後に賭ける瞬間とを比較すると、負けた直後の方が100倍はモチベーションや集中力が違ってきます。

それはつまり、「何としても勝つ」との目的が明確になるからでしょうね。

古いタイプの経営者が過去の成功体験にすがることに批判的な人間もいると思いますが、それは成功体験と失敗体験のバランスが偏った場合であって、ギャンブラーもやはり数えきれない勝負の数をこなしているのだから、どんなモチベーション時に勝ってきたか位は記憶にとどめておくべきでしょうね。

冗談ではなく、女性が「私の夢はお嫁さんになることです」と言って結婚に至るケースは願望の具現化であり目的の達成です。

私達男共も「僕の夢は100万円貯金することです」位から始めてみたらどうですかね。

目的や目標は誰かが与えてくれるものではありません。

劇団[ポツドール]を主宰する三浦大輔氏は舞台化した『愛の渦』では、乱交パーティーに自ら参加して作品にリアリティーを持たせました。

私の好きな大根仁監督やAV業界の鬼才のカンパニー松尾氏なども生々しい人間を描くことに長けています。

やはり私の好きな役者の森山未來さんも海外に役者としての修行(国費で)を積んだりして自ら目的や目標を手に入れています。

そんなエンタメ界の人達に親和性を感じつつ私も来年を迎えたい。


posted by tetsukazu at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。