2015年12月25日

復活△

無事に退院して日常生活に戻りました。

お腹に三つの穴を開けての手術だったので昔と違い傷の痕跡も小さく医学の進歩を感じました。

痛みは残っていますが、日にち薬で徐々に緩和して行くと思います。

それはそうと全身麻酔の説明を聞いた時に副作用の説明を受けたのですが、術後にギャンブルが嫌いになったとの副作用は残念ながらありませんでした(笑)

ありがたいことに当ブログへの訪問者はまだいて下さるので、規模は縮小傾向ですが、破天荒エピソード記事もたまにアップしたいですね。

そしてこれは期待込みの予感ですが、人生山あり谷あり理論が真実ならば、しばらくは私の身の上に幸運が訪れるかもしれません(ホントに期待込み☆)


そんな傷も癒えない中気が付けば日刊スポーツを手にとっていました(訂正:スキップしながら買いに行きました)

そうすると有馬記念の記事の中に、記者が中山芝2500mの馬場を自分の足で走破したとありました。

外ラチ沿いを最後まで通った場合、260mも余分に走ることにらしいですね。
勿論、そんなアホな馬はいませんが、ラチから1m外を走るだけで9.42mのロスがあるとのこと。
その点で2300mあたりから伸びが止まると言われているラブリーデイの4番枠は、軸馬選定が困難だったレースの様相を変えるかもしれませんね。

私のスタンスからはそんなラブリーデイの複勝もしくは同馬からのワイド2点とかになりますが、その前に今日のナイターボートレース丸亀の第10レースの1号艇前田将太選手の頭からの舟券が堅すぎて仕事が手につきません(って、逆に余計に好きになる副作用出とるがな)

では、皆様も[ギャンブルのやりすぎは心身の健康に重大な影響を及ぼす可能性がありますのでお取り扱いには十分にご注意下さい]



最後に、私の生きる活力源であるBEBYMETALが今日夜のミュージックステーションに今年最初で最後のテレビ出演(音楽番組でのパフォーマンス)として登場します。

この日だけのために地デジの録画再生機(レコーダー)を買おうと家電量販店に行きましたが、どうやら国内大手家電メーカーの独占状態になっているようで4万以上の価格になっていました。

私に残された道はひとつだけ。
それはギャンブルレジスタンスの使者としてレコーダー代を稼ぐこと(やはり肉体の最上部に副作用はあるみたい)


posted by tetsukazu at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。