2015年10月30日

低貸し時代(パチ・パチ)に思うこと。

最近は1円パチンコや5円スロットが流行りですが、俗に言う『アベノミクス』政策とは逆行してパチンコ・パチスロはデフレ時代です。

そうなると私達がそれらにかかわる動機と向かい合うはめになります。

そんなに多くの機会ではないものの行く時は私ももっぱら5スロになります(20円スロットなら千円で50枚のところ5円スロットは200枚)

もしもこのまま2.5円スロットなどの時代に突入するなら実質3円スロットのゲームセンターと変わらなくなります。
そうなるとゲームセンターの方が設定が良い場合、遊ぶことだけを目的とするなら満足度は断然ゲーセンが優ります。

『射幸心』を満たす要素として、『換金』が主な要素なのか『当たり』が来る瞬間が主な要素なのかは人により異なるとは思いますが、割合の違いだけで恐らくどちらの要素も含まれるだろうし、脳内分泌物質との関係は深いと思われます。

さて、私の場合はと言うと『現実逃避』との側面が強い気がします。
そしてもうひとつとして『負けることによる現実回帰』があるように思います。

結局、「ストレスがたまり解放しようと非日常にワープしたものの一見退屈とも言える日常に戻って来たな」との心模様を繰り返すだけです。

ただ、それを繰り返すことで繰り返す前より状況がプラスになっていれば歓迎すべき行為ですが、ただ嫌なことから逃げているだけなら自分自身を取り巻く環境は『悪化』しかねません。

体調の問題で近々大きな病院で処置することになりそうですが(こんな時に長男が側にいてくれて本当に救われる)副作用としてアルコールを摂取しなくなりました(病気とは関係なし)
それでもノンアルコールビールはたまに買って飲んでいます。
すると不思議なことに飲んだ気分になるんですよね(今までの飲酒習慣は惰性だったのか)

このように、様々なことで本来の目的と手段がつながっていないものがあるはずなので見直せるものは見直したいですね。

『なんちゃってギャンブル』『なんちゃってアルコール』のように『なんちゃって家族』や『なんちゃって妻』などが出てきても不思議ではないですよね。
冗談は抜きにしてもロボットが『なんちゃって友達』になる日も来るだろうし、さんまの番組では「犬を飼うことでの幸福感はセックスの幸福感と同等」と言っていました。


どちらにしても子供銀行紙幣を貯めての『なんちゃって貯金』は流行りそうにはありません(蛇足)



posted by tetsukazu at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。