2015年04月17日

必死。

=真剣に=とか =必死に= とか と言うのは簡単ですが、本当の意味で表現出来ている人は少ないと思います。

ブログでも書いた先日行った店の女性が、売り上げのためと言いながら浴びるほど酒を飲んでいましたが、それは「必死に生きる日々」なのではなく「必死に飲む日々」でしかないように思います。

私が前記事で語った「明日のことなど考えない」との思想も結局は本当の意味で「必死に生きてていない」からだと思います。

本当の意味で今日を必死に生きる人間は必然的に明日のことも必死に考えていることになるのでは?

必死に飲むとか必死に打つ(ギャンブル)とかについてもそれが明日からの自分自身にプラスになるのなら『必死』の行為と言えますが、金銭的にも肉体的にも『今日』の無茶が明日を無くすことにつながるならば「必死に無茶をしている」だけです。

バーチャルな世界ですが、ゴルゴ13やブラックジャックやトランスポーターの主人公は単独でも局面を打開するし必ず成功します。
それらの例は一見無茶に映っても勝算があるチャレンジであって、ただの無茶ではありません。



『日々を必死に生きる』


(故)井上やすしさんは生前、「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを楽しく」をモットーに小説や演劇に取り組んでいたとのこと。


『必死に生きること』を「楽しい」と思える時が来て初めて自分自身の人生がエンターテイメント化するのだろう。


最後に

桜花賞のレッツゴードンキの臨戦過程での着順と本番での着順を見ると、日経賞4着のサウンズオブアースが天皇賞[春]の本番で怖いですね。


posted by tetsukazu at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。