2015年04月15日

徒然に(3)

久々の更新です。

息子が私の家に合流することが決まり、その日に備えて生活習慣の調整に努めて来ました。

先日、今日が最後かもしれない?夜の店への来店と言ってからは飲み屋へも通っていません。
最後かも?と言った日の何軒目かの店で相手してくれた長谷部Tシャツ着用の女性は「UVER world のTAKUYA∞が大好き」と言っていたし、別の女性は「龍が如くの真島吾朗と結婚することは決まっています」とのこと。


龍が如く? は??


二次元???


それらのやりとりだけで私の卒業宣言(現実回避ややり過ごすことを目的とした飲み歩き)が妥当だと実感します。

TAKUYA∞って男版misonoと言われる構ってちゃんとの印象なのですが、20代の娘にとっては格好良い存在なのかもですね。

龍が如くの登場人物が好きに至っては三次元の若い男どもは何やっとるんやとツッコミたくなります。

真島吾朗好きの女性は私が滞在した3時間の間だけでアルコール度数25度はある焼酎のボトルを一本近く飲んでましたね。

その女性は売り上げのためと言いながら太客に次から次へとボトルを注文させていましたが、お腹や背中に落書きをするわスタッフの女性とキスをするわ壊れていました。

私が「そんなに飲むと体壊すよ」と言っても「明日のことなんて考えてないんです」と返事が返って来るだけ。

それって10代の頃から今に至るまで私がギャンブルにかかわる時の一貫した心境と同じ?

決してひと事とは言えず違う形で自分の姿を見ているようでした。

壊れないとやっていられない人間は老若男女問わず心に深い何かをかかえているのでしょうね。

昨夜大事な会議があったのですが、以前の私なら100%飲み歩いていたでしょうね。
妻が居る時はそんな必要もなかったのですが、自宅に戻っても誰もいなくなってからは気がつくと話し相手を求めて夜の街へ繰り出していました。

そして家族のひとりが戻って来るようになり、私の壊れた一部の修復に努める必要が出て来ました。

昨夜などは違う意味でやり過ごすために10時台のドラマを見ながら自宅でボトルワインを半分強飲んで12時前には寝床に入り、ラジオを聴きながら寝つきました。

おかげで5時半に目が覚めそのまま起きることになりましたが、起きて携帯を見ると飲み屋の女性からメールが入っていました。

さて、「明日のことなんて考えてない」からの卒業は可能か?


posted by tetsukazu at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。