2014年11月16日

賭け続ける男(急)第18話

テツの様子がおかしいのたが…


テツ‥マサ、話聞いてくれるか?

マサ‥金の相談と博打の勝ち方と恋愛相談は勘弁して下さい。

テツ‥俺の頭の中にそれ以外の要素ほぼないやろ!
まーええわ。実は半年振り位にまともに鏡を見たんや。そしたら眉間にくっきりと縦一本の深い窪みが出来てたんや。
眉の上の肉が盛り上がって眉間が落とし穴みたいになっとるんや。
マサには今まで恋愛相談にも乗ってもろてたけど俺の浮いた話もほぼ終わりかな。
ただ、Yちゃんが気になるんで彼女に今年中に美味しいもんでも食べてもらって俺の人生の恋愛時間は終了や。

マサ‥本気で落ち込んでますね。
でも半年間もまともに自分の顔を見なかった人間がいたことに驚きです。
とにかく顔で勝負するような年齢じゃないんですから眉間に粘土でも盛ってごまかして下さい(笑)

テツ‥えっ?ここ笑うとこか。
もーええわ。一生引きこもったるわい!

マサ‥あのね、世の中には一生女に縁のない男もいるのにテツさんは結婚もしたしお子さんもいるんだからこれ以上ぜいたく言ってたらバチが当たりますよ。

いいじゃないですか、俺専用の予想マシンとして生きて行けば。
月に500円位なら会員料も払いますよ。

テツ‥お願いやから600円にしてm(_ _)m

マサ‥そこかよ!
でもテツさんもそんなことでもないと自分の老いを自覚しないんでしょうから神さんに感謝していい位ですよ。
これからは中身を磨くことに徹して下さい。

で、予想の中身も600円分しっかりと宜しくです。

テツ‥いつものように煙に巻かれたな。
でもそれがお前流の励ましやと思て気を取り直してエリザベス女王杯の予想でもさせてもらうわ。

このレースはやっぱりスノーフェアリーの二連覇の印象が強烈やな。
スノーフェアリーはどっちかと言うとマイラー寄りの血統やけど、京都2200mに適性があったとしたらロベルトの血が入ってることかな。
その点、母父がグラスワンダーの6番メイショウマンボはコース適性が高いと思うな。
牝馬同士のレースなら実績上位やし調教師も意地があるやろ。
あとは父がシンボリクリスエスの17番ブランネージュもロベルトの血が騒ぐかな。3頭目はこれも牝馬同士の持久戦なら優位の2番フーラブライト。
馬券はメイショウの複60%、2−6ワイド25%、6−17ワイド10%、2−17ワイド5%で。


まさかのきっかけでテツの生き方が変わるかも。


posted by tetsukazu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。