2014年11月02日

賭け続ける男(急)第16話

テツは人間の心の成長の可能性について身を持って実証するつもりのようだ。


テツ‥錦織やりよったな。
それにしてもテニスのトップ同士の戦いがメンタル勝負というのがわかるわ。

ゴルフ選手なんかもメンタルトレーナーをつけるのが一般的になってるし単なる技術勝負だけでなくなってるとの印象やな。

今日は天皇賞やけどこのレースも騎手間のメンタル勝負の側面があるな。
実績馬に休み明けが多いしジャパンカップ狙いの馬もおるやろ。
枠の有利不利もあるんで馬券勝負には向いてないわ。
秋の天皇賞はスピードの持続力と基礎的なスタミナが問われるレース。
その点、9番のフェノーメノは父がステイゴールドで母父がデインヒルやから今回の条件にはまってる。
春の天皇賞も3000m走った後の残り200mで一頭別格の伸びやった。
騎手の格も問題ないし行こうと思えば前の位置にもつけられる。
本気度が計りしれんけど蛯名はイスラボニータに先着されたないやろな。
ただ、フェノーメノで馬券勝負するには安心感に若干欠けるから今回は【エア馬券】で5番のエピファネイアとのワイド一点予想でテレビ観戦しとこかな。


なんだかんだ言いながらレース直前には10万ほど握りしめてフェノーメノの複勝を買ってそうなテツだが、今年は過去に世話になったあの人に恩返しをしないといけないので無駄金の支出は控えているようだ。


posted by tetsukazu at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。