2014年10月26日

賭け続ける男(急)第15話

テツは今、物事に本気で取り組むことの出来るラストチャンス状態だとは気付いているようだが、何に対して本気になるかとの葛藤はあるようだ。


テツ‥やっぱり智加りんは女子戦やとモノが違うよな(独り言)

マサ‥はいはい、テツりんはいつも陽気で天真爛漫でちゅね。

テツ‥おっ!マサ、おったんか?

マサ‥ええ歳して智加りんとか言ってたら息子さんから愛想尽かされますよ。
丸亀で平山智加が優勝寸前なのは知ってますけど、智加ちゃんの旦那は同じオッサンでも現役のボートレーサーでテツさんの年収を軽く超えてます。
今のテツさんなら吉本のごめんやっしゃおいでやっしゃのオバサンにさえ相手にされないですよ。

智加ちゃんは同じ香川支部の福田選手の誠実さと熱心さに惹かれて一緒になったんですからテツさんも人生に本気で取り組んまないとね。

テツ‥まーそうやけど智加りんの収入の何万分の一に俺が負けた金が含まれてるはずや。彼女にもっともっと魅力的になってもらうためにも俺はもっともっと負けるでー

マサ‥あのね、それってAKBグループ総選挙で大量買いするオタクと発想が一緒ですやん。
そう言えば智加ちゃんが最近、SKEの松井Jに見えるとか言ってませんでしたっけ?

テツ‥もーええ、お前のダメ出しで今年も腹一杯や。俺はこれでも『飲む打つ買う』のうちの『外で飲む』は我慢してるんや。そのおかげでとうとう元嫁以外からのメールはなくなったわ。
そんな元嫁のメール内容も「何かとものいりなのよ」的なノンロマンスワードしかないし。

マサ‥そうですか。結局五年かかってひとりの女性もものに出来なかったんですね。
とりあえずは菊花賞で勝って元の奥さんに帰省費用でも送ってあげたらどうですか?
情けは人のためならずと言うでしょ。

テツ‥で、結局負けて逆に俺が借りるっていうオチなんやな。
よっしゃ、わかった。菊花賞で買った金の半分を夜の丸亀優勝戦の智加りん頭の舟券に突っ込んで残りの半分は今まで世話になった奴らに配るわ。

マサ‥只今ご紹介にあずかった世話した男です(笑)

テツ‥はい、大阪名物のフリボケおおきに。
まーええ、最低倍にはなる予想するわ。狙いは母父がデルタブルースの血統に通じるサウンドオブアースで馬券は複勝一点かな。春先の連戦やなく休養明け二戦目やし内目の4番枠も有利やしな。


テツは、自分以外の人間を大切にすることこそ自分の幸せに繋がることに気付けるか。


posted by tetsukazu at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。