2014年10月05日

賭け続ける男(急)第13話

今回の誕生日に強い決意をしたテツだが何を守り何を裏切る毎日なのだろうか。


マサ‥えらい気合いを入れて誕生日を迎えたようですけど、今まで気合いだけで終わるケースばかり見て来ている俺にしたらまだまだ信用出来ないですね。

テツ‥はいはい、マサちゃん。
人をしないと誰からも信用されないでちゅよ。

マサ‥やっぱりバクチ熱の影響って恐いですよね。
デング熱の何百倍の威力がありそうですね。
おじさん、良いお薬出しときますからお利口さんにして飲んで下さいね。

テツ‥そーか、マサもいよいよ俺に愛想尽かせたんかい。
秋葉原に車で突っ込んだ加藤の弟は、マスコミに終われた挙げ句、やっと出来た彼女の家族や彼女本人から見放されて自死を選んだんやで。
お前にまで見放されたら俺も死んじゃうからな。

マサ‥あのね。テツさんがやって来たことで大変な人生になっているならそれは自業自得でしょ。
昔テツさんが入院した時に、一瞬早く面会に来たのが前の奥さんで、当時付き合っていた彼女が面会に来た時に彼女を帰らせたのはテツさんでしょ。
結局別れることにはなったけど、人の運命なんてそんな些細なことが左右するんですよ。
確かにこの5年のテツさんを見てるて可哀想な面はあるにせよ誰かのせいにしてるような気がしますよ。

俺が知ってるテツさんはもっと強引に自分の人生を切り開いて来た気がしますよ。
「死んじゃうもん」なんて眠たいこと言ってないで俺を男にするために夜中にミナミの街に繰り出してくれたテツさんのバイタリティーを取り戻して欲しいです。

今回の計画が順調に行ってるかなんて野暮なことは聞きませんからとにかくスプリンターズステークスの予想をお願いします。
テツさんに一番危険なのは無気力になることだと思いますよ。
テツさんはいつも言ってるじゃないですか「たかが…されど…」と。
「たかが決意、されど決意」だし、「たかが男、されど男」だし「たかがお金、されどお金」だし「たかが人生、されど人生」ですよ。

テツさんが来年の今頃まで「たかが一年、されど一年」と思えば良いだけですよ。
そして、たかがマサですけどされどマサって思ってくれるなら俺はテツさんを見放しませんよ。

テツ‥ううっ… 泣きながらでも予想するわ。真ん中の9番枠から前と後ろを見ながら仕掛けるストレイトガールの複勝一点かな。


どうやらテツは誕生日のお祝いメールをくれた女性巡りの日々のようだ。


posted by tetsukazu at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。