2014年09月21日

自然体と言わないで済む日まで…

いい男になる秘訣は? の答えは「そんな質問をしない男」となるように 自然体とのタイトルで書き始める私は自然体と遠いところにいるのかもしれません。


重大な転機を前にして今日は自宅でおとなしく過ごしていましたが、長男が昼の2時過ぎに電話をして来て「阪神の9レースのことやけど手元に出馬表ある?」と言うので「新聞はないけど出走馬と騎手を教えてくれたらアドバイス位はするで」と伝えました。

すると「1番の秋山の馬の単勝を買おうと思うんやけどどうかな?」と言うのでひと通り出走馬の内容を聞いてから「単勝一点は危険やから12番の岩田が乗る馬の単勝もおさえたらええと思うで」と伝えて電話を切りました。

結果は単勝三番人気の岩田の馬が勝ち一番人気の秋山の馬は馬券対象から外れました(私の馬券の基本は複勝もしくは単勝二点買い。またはワイド一点)

その後電話もメールもないので勝ったか負けたかは不明ですが、今年に入り数回あった長男からの電話はほぼ馬券のアドバイスを求める内容です(笑)。

飲み屋関係の女性と距離を置き出したのでほぼ連絡が来ることはなくなりましたが、確か24才だったはずの女性からは食事の誘いが来ます。
その子は他の女性と違いお店に同伴しなくても何も言わないしふたりで5千円程度の食事でも満足してくれます。
そして何よりお互いの容姿やファッションでどうのこうのもなくひたすらカラオケでの点数で張り合うだけですし彼女のお店でも彼女が自腹でおつまみを買いに行ったりします。

結婚もそうだったのですが、やはり私はお水の女性に対してさえ庶民的で肩肘張らなくてよい子を気にいるようです。

勿論、子供達とも等身大で自然に付き合えますし、そろそろ自分の立ち位置やキャラクターとギャップがある行動は慎まなければと思います。

前エントリーで、誕生日以降を新たな幕開けとしたいと言ったのも身の丈にあった本当の自分の生き方を取り戻す時期に来ているとの直感がそうさせたものです。

そう言えば昨日の夜はカラオケ企画の番組で小柳ゆきさんが出ていました。
左腕のタトゥーを消した跡だけ見てもブレイク後の売れない時期の経験を糧に復活を目指す決意を感じました。

あまり言いたくないですがSEKAI NO
OWARIのボーカルの歌唱力とは何だったのか?

柔道の中村美里選手復活の金メダルにも刺激を受けたし何とか私も復活のトレンドに乗りたいですね。
o(^-^)o


posted by tetsukazu at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。