2014年08月30日

上善如水。

プロギャンブラーのノブキさん(現在は国内での講演等中心)が、とうとう著書を出版しました。

私のブログにコメントを下さったこともあり気にはなっていましたが、有言実行の代表的人物ですね。
リンク先のけん♂さん(けいけん豊富な毎日)も雑誌に担当ページを持っていますしギャンブルに親しむ人間の中にもしっかりとした考えを持つ人物はいます。

「上善は水の如し…老子」もノブキさんがピックアップする言葉なのですが、理想とされる生き方は、@柔軟さA謙虚さB秘めたる力強さ の三つの要素を中心としたものであるとの意味になります。
やはり漢字のルーツである国の偉人が残した言葉だけに含蓄がありますね。

「勝負にこだわるな、準備にこだわれ。」とも語るノブキさんですが、それも実践となると簡単ではありません。

私自身、競馬にせよボートレースにせよ勝負する日や勝負するレースの前に、一冊のノートを埋める位の準備をします(ボートレースの予選最終日であれば予選道中の成績やモーター気配などを一人一人ごとに書き出し全選手の全12レースのうちで勝負気配の高い選手を抜き出し、更にその選手に展開が向くレースを抜き出し、結果として12レースのうちひとレース程度しか勝負しないことも多い)。

たかがギャンブルですがされどギャンブルです。

私がギャンブルに親しむ理由は複数ありますが、俗に言う「飲む・打つ・買う」の中で、使ったお金が戻るもしくは使った以上のお金が入るような性格があるのは「打つ」だけです。
ただその反面、準備もなしにかかわるとこれほど危険なものはありません。

公営ギャンブルで極端に勝負レースが少ない私のスタンスも冷静に考えれば当然な行為なのですが、「飲む・買う」やゴルフや宝くじなどと同じ感覚でやる場合は運任せで毎レース100円券一点買って満足感は得られるのでしょう。

ただ、それでは毎レース20円〜30円のテラ銭をとられるだけで、賭け手側が自らトータルで勝つ確率を減らしているだけです。

公営ギャンブルに関するブログをやっていたりそのブログに訪問したりする場合、「推理する楽しさや白熱のバトルに胸踊らすのが本質であり、のめり込む奴は愚か」と述べる人も多いので、私などは異質な存在に映るでしょう。
それでも「水の如く」留まることなく流れ続けたいと思います。
そしていつまでも澄んだ水でいられる自分でいたいですね。


posted by tetsukazu at 04:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです(^^)
誰がが、ギャンブルは人生の縮図だと言っていました。
私も常々そう思います。
目標を持ち準備をしっかりした者に結果がついてくる…また賭け方にも人間性が現れますもんね。
テツさんの賭け方にはものすごく熱いものを感じますし、自分の賭け方には器の小ささを感じてます(苦笑)
上善如水…いい言葉ですね。
肝に銘じて、これからの人生の縮図を頑張ります!
あ、もちろん本当の人生も(^^;;
Posted by ヤエノオデキ at 2014年08月31日 10:50
>ヤエノオデキさん

コメントありがとうございます。
仰る通りギャンブルは良い意味でも悪い意味でも人生の縮図ですし負けた時ほど哲学が生まれる気がします。
私が哲学的な記事の時はまず負けた時だと思って下さい(私)

オデキさんは私のプラス面を強調してくださるのでいつも勇気をもらっていますが、暗黒面はさすがにそのまま記事にするわけに行かず少々困惑があるのも事実です。
(^_^;)
「上善如水」
心に残る良い言葉ですしギャンブラーだからこそ共感出来る部分があるように思えます。
ギャンブルをする者は己の透明性をもて余す故に、会社や恋愛などの実社会の駆け引きに翻弄されるより勝ち負けがはっきりする世界にのめり込むのだと思います(特に私にはあてはまります)。

「水」をキーワードにするなら、「流れ」に逆らってはギャンブルにせよ実人生にせよ裏目を引きます。

水は澄むが故にひとところに留まると淀み濁ります。

余所見の時間も寄り道の時間もあまりにも長くなり本流に戻り損ねたら最後は腐った水になるだけです。

「上善如水」とは自分自身の器を指すのでなく、どんな器にも入るとの意味があります。
私達がリアルタイムに存在する目の前の現実に適応することこそが「上善」と言えるのではないでしょうか。

最後に、本流に乗って流れている点ではオデキさんは私の何十倍も優れていると思います。

これからも私を反面教師と捉えていただけると私の存在意義も生じます。

私には必死に泳いで本流に戻るミッションが残されていますが、横道に逸れたパワーがあれば戻れると考え本来の「上善」を目指します。

では、今後もご健康に留意の上ご活躍下さい。
Posted by tetsukazu at 2014年08月31日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。