2014年08月28日

異次元生命体?

昨日ふとラジオを聞いていたら「え?まじで?」
と心の声が身体中にこだました。

それは、シンガーソングライターでもある女性パーソナリティーの発した言葉なのですが、「女同士で会うと、前日の夜の営みでの彼氏の行為の一部始終を会話仲間に伝えるのが普通ですもん」
もし彼女が自分の友人を紹介することがあった場合は、「あーあの性癖の彼ね。位のことは思っていると覚悟した方がいいですよ」
との内容でした。

おいおい、そんな内容で疑問もなく会話が成立するんかい!?
消費税がどうとか広島の土砂災害が大変ねとかの話はどこ行くんや!!

そのラジオでは前日も女子大生が、「バイトで稼いだお金は韓国のアイドルグループのコンサートに使ったり旅行に使ったりしてます」と言っていたし、「この前広島に男女4人で旅行に行ったけど運転手役の男の子と男女関係になることは絶対ないです」と語っていました。

それに対して別に文句はありませんし「若いってええなー」とさえ思いますが、「運転手役の男の子はただのチビですよ」に至る下りは少しだけその男の子が不憫に思えました。

やはり前述の夜の営みぶっちゃけエピソードも運転手役の男の子に対する扱いもどこかで共通する要素があるように思えてなりません。

今年上半期の出生数が50万人を割ったそうで、このペースで推移すれば年間100万人割れもあるかもしれないとの危惧が持たれているようです。

そんな記事と私が今日書いているエピソードと照らし合わせると妙に納得してしまいます。

そら昨日の夜の性行為の一部始終を他人に語る奴なんかと結婚する気にはならんよな。
とは言え私も結婚前に元妻の男友達から直接「どうして彼女に手を出さないんですか?」と言われて「何でお前にそんなこと言われなあかんのや」と思いましたが、結局は結婚して結局は離婚しました。
今の若者は私なんかよりその点は賢明なので地雷は踏まないのでしょうね〔勿論、元妻が地雷と言ってはいません
(^。^;)〕

「デートで女に金出さすなんてケチくさい男よね」と語る女性に「そもそもそー言うお前がケチやろ」と突っ込みたいところをぐっと抑えたとしても日本の国の男女のあり方のいびつさは解消するように思えません。
無理して借りた金をデート費用に使う男より、無理なもんは無理とはっきりと言える経済観念を持つ男が評価される時代が来ることを祈りご挨拶といたします(なんじゃこの終わりかた♀>♂)


posted by tetsukazu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。