2014年07月03日

お約束の出来事。

私は働くのも遊ぶのも夜中心だったせいか未だに夜になると足が勝手に夜の街へと向かいます(困)
病気のため夜遊びも自粛していたのに治りかけているこの10日間で同じお店に4回も通いました。
私は、女性に対してはゴール前までは華麗なドリブルでボールを運べるくせにゴールマウスを目にした途端に足が四角にしか動かなくなります。

昨夜もお店に行った後に現在お気に入りの女性から「今日もありがとう。いつも元気をもらいます」とメールが来たので「今後は誰かに誘われるのをやきもきしながら見ることになりそう」とフェイントをかけながらゴール前へと進みました。
そしてそれに対する返信が「ふふ、嬉しいけどそんな気持ちで飲んでも楽しくないだろうから一緒に楽しく飲もうよ」でした。

デジャブ、いつか来た道です。その返信のボールは顔直撃です(笑)→[笑を使うのは昭和ですねーと言われる時代になった]
アカン!夢を売る世界の人間のコメントとしては30点やで。
SKE48の須田さんなんかは「えっ?俺のことホンマに好きなんかな」と思わせる神対応と聞きます(対女性の話になると内容が小学生レベルになるのはいつものこと)このように女性がを相手となるとゴール前まで一週間ほどで来てもそこから敵はかつてのイタリアの守備陣も舌を巻く鉄壁の守り。
私はゴール前でひたすらカクカクとぎこちない動きをしているうちにボールを奪われ決定力のあるストライカーがゴールを奪います。

練習試合も含め5年間でゴールがゼロの私にはそろそろピッチに立つ席も残っていないかもしれませんが永遠のドリブラーとしてラストパスを供給するのも悪くない気もします。
「優しい人ですね」なんて言葉で浮かれているとドリブラーにもなれません。優しい男なんて掃いて捨てるほどいます。
「強引さ」や「魔法使い」の要素がないとシュートさえ放てないでしょうね。
返信の内容が「やきもの量こそが私への愛ですよ」とか大島優子ばりの内容だったなら今日からも通ったかもしれませんが、私の熱を覚ましてくれたことに少し感謝もします。
やっぱり俺の立つピッチは博打場が似合うのだろうか
σ(^◇^;)。。。


posted by tetsukazu at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。