2013年05月29日

雑感-62

あー昨日は楽しかった(詳細は省略)。

ただ、今日になり書きたいことが出てきたので某場所から更新している。

個人が何らかの行動を起こす場合、本来は何らかの実利を見込んでのもののはずだが、
対象が欲望と密接に関係している時は等価交換ではなく不等価交換である場合が多い。

稼いだ金をどう使うかは実は自分自身が試される大きな試練の瞬間でもある。
私は、人間は10代にするべきこと。20代でするべきことがあると思う。以下各年代でするべきことへと続く。
10代でするべきことはやはり勉強であり、20代でするべきことは数百万で良いから貯えることだと考える。
20代後半から30代にかけてはその金で家の購入の頭金にしても良いし(私は住宅ローン反対派)結婚資金にしても良いし事業資金にしても良い。
実際に私は貯蓄を20代後半に結婚資金と事業資金に充てた。

成長する過程においての男の場合、女性に対するイメージを持つことが重要になってくる。
これについては私が散々言ってきた通り、「身も心も金も女性に捧げる」姿勢が重要になる。
これは何も私の偏見でなく、他の動物のオスの多くもこの姿勢でメスの歓心を得ようとする。
つまり、男(オス)が女(メス)を選ぶのではなく、女性に選んでいただくのだ。

何故なのかは説明しなくても良い位だが、女性の立場に立って私という男を見た場合果たして選ぼうとするだろうか?と考えると答えは早い。
自分自身で鏡を見てそばに預金通帳を並べてみれば選ばれるかどうか位5秒もあればわかる。
一人の女性に選んでいただくのは男にとっては大事業なのだ。
20代の時点では間違っても稼いだ金を自分の欲望のためだけに遣おうなど考えてはならないし男の人生が面白おかしいものだと勘違いするべきでない。
勿論それは私のような元妻帯者にも言えること。

私は最近改めて、自身の存在意味や存在意義、そして自分が生活する中で起こる出来事の意味や意義について考える。
ハイデッガーではないが私もずっとこの世に存在するものや発生する出来事にはそれぞれ意味や意義や理由があるはずと思ってきた。
しかし、時と共に存在理由がなくなって行くものもあるし存在価値が大きくなって行くものがあることに気がついてきた。
日本共産党などはそろそろ賞味期限が切れてきた気もするし党員はもっと目の前の票数に意味を考えるべきだろう。
とは言えやはり現に存在するものや現に発生することには意味や意義や理由があると思いたい。

私自身も日々意味を感じながらこのまま体を鍛え脳を鍛え続け何とか選ばれる男になりたいが、小さい声で「精一杯尽くしますからせめて可愛い女でいて下さい」 とだけは言わせて下さい。



posted by tetsukazu at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。