2013年04月30日

小悪魔完全体。

日本映画専門チャンネルで日本映画100年の100選をやっているが、1964年公開で20才当時の加賀まりこが主演の「月曜日のユカ=監督・中平 康」での加賀まりこの小悪魔振りは、そのまま現代に飛び出ても何の違和感もない位完全体と言える。
以下、ネタバレあり。


男の胸の中にジャストフィットしそうな体と視線を外さない愛くるしい瞳、そして甘えるような声。
艶やかで無邪気なのに上品。
奔放なのにどこか献身的。
どんなに相手にのめり込んでも自分自身はしっかり持っているところを知性と呼ぶならばこれで死角はない。
そして魅力的な男しか近寄れない凛とした佇まいまである。

とにかく小悪魔としての必要条件はほぼ全て兼ね備える完成形であり完全体と言える。

物語の中で、中尾彬演じる若い男が加賀まりこ演じるユカに対して結婚しようと迫り、一緒に住むアパートを借りるために10万円が必要だとユカに告げた。

ユカにはパトロン(今で言うスポンサー)が居て、そのパトロンが商売のために商談相手と寝て欲しいとの話をユカに持ちかけるのだが、ユカは引き受ける条件として10万円を要求することに…


私にはこのあたりのユカの思考回路を台詞にして表現したところにリアリティーを感じる。
恐らく脚本家(若かりし日の倉本聰が共同脚本家として参加)は小悪魔の特徴を理解しているのだろう。
と言いながら私にもかなり理解出来る(汗)。

小悪魔にも二種類あり、複数の相手を自分の欲望のためだけに利用するタイプと、時には危ない橋を渡りながらも、自分を愛してくれ、そして自分も愛している男のために純粋に力を注げるタイプ。

その二種類のタイプを共に小悪魔と呼んでよいのかどうかはわからないが、私がもし惹かれるとしたら間違いなく後者。

しかし私にはやがて相手のポテンシャルの高さを持て余す時が来る。そしてその時は相手を嫌いでなくてもきっぱりと別れを告げるだろう(ん?妙にリアル?)。

私が今葛藤する依存対象もそんなポテンシャルの高さを秘め、私は持て余しているのかもしれない。

美しい薔薇にはトゲがあると言うが、恋愛に限らず自分自身のポテンシャルを超えたものに近付いた大きさと同じ規模の返り血を浴びることになるのだろう。

そしてこの映画もまたそんな結末を迎える。
北野武の映画「ソナチネ」で、「死ぬのを恐がると死にたくなるんだよ」との台詞がある。
覚悟のない者に輝きはない。



posted by tetsukazu at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。