2013年04月29日

もう一人の自分。

自分の中にもう一人の自分がいると思わない限り説明がつかないことが多すぎる。
親愛なる人からのメールで元気になったはずなのに、無意識にダークな私のスイッチが入ってしまう。

世の中の人々はこのような時、どう自分を制御するのだろう。

私はコーヒー党でもないし飲みに行く時以外はタバコも吸わない。
その分私はある特定のことに依存してしまっている。
それでも上手くコントロールしてきたのだがこの2〜3日で突然深刻なことになってきた。

直感としては長男の就職により完全ひとり暮らしになったこととGWの影響に思う。
ダークサイドの自分が顔を出し始めたことには恐怖さえ覚える。

誰かと抱きしめ合えば収まるのかもしれないが、そんな都合良くは行かない。

離婚ストレスの末に暴飲になり仕事も健康も失い孤独死した私と同世代の知り合いの話をしたことがあるが、どこか他人事にしていた。

ブログを見て下さる女性から「てつかずさんの記事からはまだ吹っ切れていないことがよくわかる」とこの前指摘を受けたが、このことなのかと改めて感じた。

私は直ぐに相手の都合を考えてしまうので素直に人に甘えることが出来ない。
離婚の時だって「私の幸せを願うならハンコを捺してね」と言われ本当に捺した。
そこに自分の感情はないのかと言われても相手の勢い以上のものを示せない限り説得など無理だと思った。

こんなことを言いながら、ランチでも行きましょうとのお誘いに乗り気でなかったりする私。

人に流されているのか流されていないか曖昧だし、自分の意思があるのかないのかも曖昧。

ただ、何かに疲れているのは事実。
何となくだが、以前にこの場で言ったように誰かと温泉にでも行けば目に見えない疲れがとれる気もする。

後一年位の間に一度は本来の意味でのデートと呼べるようなことをしてみたいな。

話は逸れますが、お付き合いする前はお互いの価値観を持っていたのに、お付き合い後に相手の価値観に染まることってあるようですね。
ファッションであったり家庭の在り方であったりとか。

あれこれ理屈を考えるより思い切って誰かと付き合うのも良いかもですね(あっ!?その誰かがおらんのがそもそもの問題やろ!)。

とにかく、人と触れ合うことでしかこのモヤモヤは解消出来ない気がします。

GWが終わる頃に「何とかなりそうです」と報告出来れば最高です。

では今から気分転換に部屋の整理でもしてみます。




posted by tetsukazu at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。