2013年04月26日

初めての。

つい先ほど長男が家に来て、生まれて初めて作った名刺を嬉しそうに置いて行った。

スーツも取りに来たので急に父親の顔に戻りアイロンをかけて渡した。

時には1〜2時間の睡眠で働く日もあるようだか、以前には考えられないような高い意識で仕事に取り組んでいるようだ。

次男の方も順調に行けば後2年で社会に巣立つ。

貯蓄ゼロ世帯が三割にも及ぶ大変な時代だし、亀井静香氏が大臣の時に実施したモラトリアム法案の期限も既に迎えた今、中小企業の経営者や住宅ローンをかかえるサラリーマン達は日々が戦いだ。

新聞やテレビではそんな一般庶民の資金繰りなど日々報道するわけではない。

人間が本来一番大切にすべきことは、自分自身の命を持続させること。そしてそんな命をつないで行くことだ。
人生を楽しむことも大事ではあるが、心身の健康を損ねたり安全な生活が営めなかったりでは本末転倒である。

先日のエントリーでも書いたが、人間以外の動物に救済措置などない。
恐らく人間社会も今後は自助もしくは家族間の共助などが中心になって行くだろう。

私にはそれを身を持って息子達に教えて行く役割が残されていそうだ。

とにかく長男の元気で前向きな姿を見て頼もしく思えたし私自身の生きてきた証しでもあると感じた。

最後に、この場を借りて「これからも健康に気をつけて頑張れよ!」




posted by tetsukazu at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。