2013年03月17日

パソコン不備のご報告。

突然更新が途絶えてしまい定期的にご訪問いただいている方にご迷惑をおかけしています。

前回の更新直後に配線関係だと思いますが不備が生じて現在もそのままの状態です。
こうして更新が出来たのもサウナのパソコンを利用してのものなので次回はいつになるかわかりません。
原因を追究すればよいのですが、これも何かのタイミングかなと考え別のことに集中して生活しています。

3年半前の全記事削除以前に、何かを習得したり成し遂げるためには集中する2000時間〜3000時間が必要だと語りました。
その記事を参考にして下さった方がいることも承知しており私が実践しないわけには行きません。
記事を更新しなくなってからは様々なことに集中出来ている実感があります。
携帯から過去の私のブログ記事も見返す余裕もあるのでそれぞれのエントリーの内容通りの生き方や考え方になっているかを反復しています。

ゲームをやられている方には理解していただけると思いますが、レベルを1上げるのは大変なことです。
私が今までブログで語って来たことにより私自身がたとえ1レベルでも能力がアップしたと言えるのなら意味があります。

このまま更新し続けるのも成長に繋がるとは思いますが、このタイミングで成果を確認するのも必要に思えて来ました。
金銭管理や肉体管理や生活管理や人格形成や知識や知恵の習得など課題は山積ですが、一歩ずつでも進歩出来たらと考えます。

皆様におかれましても成果や成長を実感出来る毎日であることをお祈りします。

次の更新はいつになるかわかりませんが、また宜しくお願いします。


posted by tetsukazu at 17:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無理なさらないでください。
ご自身のペースで頑張ってくださいね。
Posted by starfield at 2013年03月18日 21:40
>starfieldさん

コメントありがとうございます。
携帯から書き込ませていただいてます。

世界の国で一番バカ正直な国は恐らく日本だと思います。

こんな国があったの?と思う位の規模の国に対してもODAとして援助しています。
官僚には思惑があるのでしょうが結果的にその行為が尊敬や信頼を集める要因になっています。

人格と能力と経済は一体なものとは思いますが、生まれ落ちたところから引き継いだ物的財産がゼロな場合は、その本人が人生を終える時にマイナスになっていなければ人格も能力もあったと評価されるべきに思います。
同様に、一億の財産を引き継いだ者の評価も当人がその一億をどう活用したかが評価になると思います。

ただ、それよりも故郷や家族や応援してくれる仲間や共感・共鳴出来る他者からどれだけの心の財産を引き継ぎ、その財産を誰かに引き継ぐことが出来たかがより重要に思います。

これからも「自分が望む現実」とは何なのかと向き合って行きます。

温かいお言葉に感謝します。
これからも宜しくお願いします。

Posted by tetsukazu at 2013年03月20日 14:58
更新がかなり先になりそうなので携帯からコメントを残します。
それにしても特定にお付き合いする異性がいない状態がここまで続くとは…
話は唐突ですが、我々は数億の精子との競争に勝って卵子に辿り着いた末に今の存在があるわけですよね。でも実は受精卵になった直後からこの世に現れるまでの僅かな期間を除いてその後も延々と競争は続き、それが60才になっても80才になっても続くんですよね。

それらは結局、精子同士の戦いがそうであったように生きている者同士の目に見えない戦いの産物なんですよね。

人間も動物の仲間と考えると本質的には本能の要求こそ優先されるべき。
そうなるとあらゆる本能を満たすための最重要要素は「仕事」かと。
ただ、日々の生活の中ではある瞬間に心に悪性の腫瘍が出来る時があるんですよね。
これが目に見えない分やっかいな存在…

というわけで(誰も名も無きオッサンの結論を求めてないって?)私が競争に勝ちながら今目指すべき目的地は未来の彼女が待つ場所なんですわ(おととい来いと言われても困る)。
私のことを覚えてくれているかどうかは別にして知り合いの女性には賢者モードに入るのでと宣言しました。
賢者モードの間は仕事と肉体トレーニングに本気で取り組むと同時に、心の悪性腫瘍や贅肉を排除することにも本気で取り組もうと考えています。
というより心の問題以外は既に本気で取り組んでいるので後は心の問題を解決するだけです。

7月頃には、他者が思わず振り返りたくなるようなベストカップルとして未来の彼女と街を練り歩きたいと思います(その前に隣を歩いてくれる女性がいないと話になりませんがー笑)

では、こうして目標がはっきりしましたので(だから誰も聞いてないし)少しでも暗示をかけるため住む街の中で一番男前に映る鏡でも探しますー爆)


Posted by tetsukazu at 2013年04月05日 22:07
昨晩はお疲れ様でした。

昼も寒かったですが、お花見で体調を崩されたり
しないようお気を付けください。

新しい出会い・・・何を求めているのかが
大きなポイントですよね。
色気のある女性に惹かれるのはわかりますが、
色気の先には結婚、出産、子育てといったことが
付随しているわけで、そちらを共有出来ないのであれば
色気(フェロモン?)はテツカズさんの求めるものとは
本質的に違う気がします。
(女性の色気って結局本能的な部分の延長だと思います)

あくまで個人的な意見ですが、
年齢的にも色気なんかより、一緒に物事を楽しめる相手、
価値観や笑えるところ、趣味趣向といった部分を
共有できる人の方が楽しく付き合えるのではないかと思います。
男性の友人と居てホッとした、というところは
結構重要なポイントで、異性で同じように
ホッと出来る相手が実はテツカズさんが求める人
なのではないかと。

まずはテツカズさんがやってみたい、と思うことに
興味を示してくれる方を探すのが近道だと思います。
相手のしたいことをしてあげる、というのも大切ですが、
それに自分が興味をもてるかどうかは
大きな線引きになりそうです。
無理をして合わせても先々しんどいだけだと思いますし・・・。

まとまりませんが、テツカズさんに良い出会いが
あることを祈っております。
また暇が出来たら是非息抜きにおいでください♪

※帰り際にバタバタしてしまい、お預かりした傘を
 お返しするのを忘れていました。
 もし大事なものでしたら、お手数ですが
 ご連絡を頂けると助かりますm(__)m
Posted by けん♂ at 2013年04月08日 00:48
>けん♂さん
こちらこそお誘いいただきありがとうございました。
けい♀さんにも宜しくお伝え下さい。
大瀧詠一は仕入れさせていただきます。
あと、モモクロは納品に参ります(笑)
傘はそちらで利用していただいて結構です。

恋愛の方も指南いただき恐縮です。
ボランティア仲間との花見も最後の最後にコアなメンバー5人(私を含め男2人女3人)が残りその5人だけで2時間ほど雑談して無事終わりました。
35度の焼酎をビールで割って飲むという大胆なカクテルもたしなみながら、けん♂相談員さんけい♀相談員さんによる恋愛カウンセリングの第二弾と化しました。
4人中3人からは、本心かそうでないかは別として人に対しては当人の言葉が相手にどう解釈されたかが全てなので、もし伝わってないなと感じるなら本心をそのまま伝えるべきと言われました。
しかし一方では、人は人を利用しようとしたり騙そうとしたりするのだから言葉の裏に隠された本心を見抜かないとだめだとも…
それに対して私が、「人を利用しようとか人を騙そうとかの意識を人が持っているとの事実を認めたくないんですよ」と言ったら、「それならそれでその考えを貫けばいい」と言葉が返ってきました。
土曜の昼の友人との会話、けん♂さんけい♀さんとの会話、そして花見会での会話を通じてまず思ったのは、「こんなオッサンの煮え切らない話を急かすことなく時間を割いて聞いてもらえる俺は幸せやな」
次に、「既に大切なものの多くは手に入ってるわ」との想い。
そして最後に、「自分らしくありたい」と…
けん♂さんからの今回のコメントを見て改めて自分の本心て何だろう?と考えさせられます。
自分の本心が何かがわからないなんて恥ずかしい話ですが、アルコールが抜けかけたつい先ほど、日課であるランニングを行いました。
恐らくですが私が体を鍛えたい気持ちは本物です。
恋愛に対しても本物で本気になれるのでしょうか?
けん♂さんとけい♀さんを見ているとお互いが尊敬し尊重しておられるのがよくわかります。
そんな関係になれる相手が明日現れるかもしれないしずっと現れないかもしれません。
ただ、少なくとも自分自身の価値観と全く異なる人間は私の近くには寄らないと思います。
そう考えると何より大切なのは自分自身の考え方・生き方だなと。
まとまりはないですが周囲の方々に支えられながら自己肯定する中で相性の合う異性と仲良くなれる日がきたらいいなと思います。

Posted by tetsukazu at 2013年04月08日 02:18
長い年月をかけて積み重ねて来た悪習慣はちょっとやそっとじゃ排除出来ないですね。
とにかく一言で表現すると「ちゃんとする」に尽きます。

今日やれることをどれだけ明日以降に延ばして来たかを考えるとぞっとします。

(故)中島らもさんは「現在は過去の必然の集積であり、我々はこれからも未来に向けて時間の河を渡り続けるのだ」と語っていました。
彼が言う必然とは、運命論でも決定論でもなく、因果が必然とつながるこということを指すのでしょう。
自分自身が起こした言動・行為・行動によりもたらされる結果は全て必然と考えることで、人生は能動的・主体的に切り開けるし、そうであるならば、必然と言える結果も真摯に受け止めることが出来るのでしょうね。

私はまだ「ちゃんと」日々の生活を送れるまでの時間が必要です。
揺るぎないほどの自信を持って過ごせるようになった時、今度こそ能書き通りの人生を歩めそうです。
とにかく「ちゃんと」生きないと、時間の河で溺れてしまうので、力強く泳ぎ続けます。

Posted by tetsukazu at 2013年04月17日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。