2013年02月28日

珠玉の言葉。

ネットを利用しているとたまに珠玉の言葉に出会うが、今日ここで引用させていただく言葉も心を動かすものだ。
とあるカジノでディーラーを続けている方の語った内容なのだが、過酷な勝負を目の当たりにし続けての重みのある言葉。
以下はその引用部分。
    ↓

最後に勝ち残る勝者は、自分自身の思考と言葉が目指す方向へとシンクロして行くはずだが、何をイメージし、何を言葉にし、どんな在り方でプレイするのか?

カジノで対戦相手が人間の場合、多くのプレイヤーと対戦しているようで、実は自分自身の思考と概念と向き合い続け、賑やかな中にも静寂を見つけ、
身体に針を通す程度の限られたチャンスを見逃さずに受け取る用意が出来ている。
見るもの、聴くもの、感じるもの の中からその時、何を見出すのか?

自分自身を信じ、自分らしく在れば在るほど物事は望む現実とシンクロして行くように感じる。


以上がその引用になる。
困難な状況に立たされて、それを乗り越える力があることを証明するためには勝ち続けないとならない。
そう在るためには自分自身と向き合い続けるしか道は無いのだが、望む現実を強く意識出来ない限り具体的成果など訪れないはずだ。




posted by tetsukazu at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。