2013年02月18日

雑感−58

フェブラリーSはテスタマッタに注目していたが、直線に入り何度か進路がふさがり影響を受けてしまった。
結果的にはテスタマッタの進路に対して妨害したとの理由でワンダーアキュートに騎乗の和田騎手が2日間の騎乗停止になったのでやはり影響は大きかったのだろう。
テスタマッタがすぐ右側にいる中での和田騎手の右ムチはテスタマッタへの嫌がらせにしか見えなかった。
しかし勝負事は結果が重要なのでこればかりはどうしようもない。
新基準での制裁なので降着の対象にはならなかったが、今後も馬券を買う者は厳しい進路争いを覚悟して馬券を買うしかない。
勝負事にたらはないが、数年前に私がスプリンターズSでダッシャーゴーゴーの複勝を4万円買っていて降着で涙をのんだレースも現基準ならOKだったのかなと考えてしまう。


昨日はLaLaTVで結婚できない男の一挙放送を観たが、今放送中の最高の離婚の瑛太が演じている役と阿部寛が演じている役のキャラには共通点があるように感じた。
どちらも男前だが自分の生活パターンのこだわりがあり、他者と折れ合いをつけるのが苦手な点だ。
片方は結婚出来ないで、もう片方はしたけれども上手く行かなかった(現時点)との違いはあれど、ある程度現実の世界にもいる男をモチーフにしたものだろう。
共に、格好良いだけが異性と上手に付き合う要素ではないことがよくわかるドラマだ。
このような個性の強い男は、そんな男をしなやかにコントロール出来る女性と巡り会えて初めて幸せや安らぎに気がつくんやろな。




さて、いつも同じ様なことの繰り返しになるが、社会のことを学んだり歴史を学んだりして何らかの知識は増えても自分自身のことだけはいつまで経っても理解出来ない私がここに存在する。

そこで改めてそのことを知人にぶつけてみたらこう言われた。
「当たり前や。そんなもんは自分と重なり合うであろう他者の姿を見るのが一番」
更に 「自分がリンゴだとすると、喰えるリンゴか腐ったリンゴかを他者を鏡として考えるしかない」

う〜ん… 俺というリンゴは喰えるリンゴなのやろか?
そう思ってテレビを見たり街ですれ違う同世代を見ると 「喰えそうにないリンゴが結構多いな」 との印象。
言い方を変えれば自分に商品価値が残っているかどうか。
以前ブログ仲間のnozowebさんにお世辞でも 「ナニワのジョージ・クルーニー」 と言って貰えたことが未だに忘れられないが、本家とはかなり差がついてしまった(それ以前の問題?)。

だからではないが、同世代間と比較しても現在私が行うトレーニング量は半端でない。
まずはスタミナ面だけでも本家に近づかないと、他に追いつけない部分が多すぎる。
それでも本気で奴を上回るつもりで日々前向きに過ごしている。
三浦マイルドを鏡にするのは避けたいが、今この瞬間の注目度は クルーニー>>>>>>>>>>マイルド>>>>>>私。

物事は具体的でないと意味が無い可能性が高い。
愛や恋や夢や正義をいくら語ろうとただの抽象論。
具体的に行動に起こして初めて人も相手にしてくれる。
例えば 『時間』 例えば 『お金』 は具体的なものと言える。
一日のうちの限られた時間にそれぞれが都合をつけてカフェで語り合った後に誰が支払うのかも具体的事象。
そう、日々向き合うべきなのは具体的事象であるべき。
愛も恋も夢も正義も素晴らしいことではあるし人生には不可欠だろう。
しかし、大前提としては経済的な土台の上にしかそれらの要素は存在し難いのも事実。
その上で、お金を超える価値を見出し、意味のある人生とした者が本当の勝者ではないか。

独身のままの方が自由自適に暮らせるからと独身を選択する者が増えているが、果たしてどうなのだろう。
使命感に燃えて 「男たるもの嫁と子供を食わせてナンボや!」 と意気込むことを間違いとは思わない。
確かに稼いだ金を次から次へと湯水のように使われればいい気はしないが、嫁と子供に尽くすことで最後の最後に満足感に浸ることが出来ればそれは幸せな人生。

嫁と子供と暮らす日々は抽象論ではなく具体的で生々しいリアルな世界。
何も嫁や旦那や子供とでなく、好きな奴がそばに居ても良い。
すぐそばで人の息遣いが聞こえる。それこそがリアルな現実(後から見直したらホットな熱さやクールな冷たさ的な表現やな−笑)だしお金だけでは買えない現実。

時間とお金を自分だけのために使うのも良いだろう。
ただ、誰かが喜ぶ姿を見るのも決して悪いものでない。


リンゴはいつか腐る。でも蜜や水分をたっぷり含み自然の中で育まれたリンゴはきっと誰かの口に入るだろう。
人間も生ものに変わりない。
待ってやがれクルーニー。 俺はピカピカなリンゴのまま転がり続けるからな。先に腐るなよ 
フフフ…ぴかぴか(新しい)













posted by tetsukazu at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。