2013年01月30日

雑感−53

今週は感じることが多過ぎて逆に書き出せない状態が続いている。

先日、報道ステーションに出ていた作家の高村薫さんが言ってたことも考えさせられた(私の記憶の中で私の言葉に変えて再現)。

「今は、個人で発信可能なツールが身の周りに多く存在するので、思いついた言葉を簡単に発信する傾向にあると思います」
「しかし生きることが考えることであるならば、そう簡単に言葉は出てこないはず」
「心の底で感じたことや言いたいことを搾り出す過程を辿る場合は、必ずどこかで行き詰るはず。その時に試行錯誤して次の言葉を搾り出すことが考えるということ」
「ひとまずの結論が出たとしてもその結論が正しかったかどうかを常に自問自答しながら前に進むことが重要と思います」
「一人の人間を取り巻く環境のそれぞれの要素においては何一つとして一言で説明出来るものは無く、複雑な構造や関係性の中にそれぞれが絡み合うもの」

「私はやはり生きることとは考えることだと思うので物事に対して極力疑問を持ちながら考え続けたいですね」


高村さんは作家なので、思考することに関しての含蓄は私も共感する。
ただ、動きながら考える場合もあるはず。
私は、「抑えられない気持になった時に人は大きく動くもの」 との考え方でずっと来たしこれからもそうだろう。
人の行動動機は 「善悪・損得」 なども大きな要因となるが、一番影響するのは 「好きかどうか」 になると思う。
株に手を出す人間は、損得を念頭に事を始めるが結局多くの者は得をしない。
やはり株に手を出すことが好きだったからとの客観的分析の方がしっくりくる。

どうして山に登るのですか? に対して、そこに山があったからと答えるのは古典的問答。
しかし一般論としては、山が好きだからと答えるのが自然だし強弱はあるが好き以外の複数の理由もあるだろう。
ただ、人を好きになるのは少し違う(特に愛や恋)。
あなたのことを愛していますとの言葉の裏には、私のことを大事にしてねとの感情が大きい場合もあるだろう。
それよりも、あなたのそばに居たいんです。と表現するべきに思う。
そうであるならば、嫌いになった時でも 「そばから離れたい」 と言えばわかり易い話となる。

複合的(様々な事柄)な抑えられない気持に対して理性を武器に優先順位をつけるのだが、最後に残る抑えられない事柄が正しい選択の結果であることを祈るしかない。


話は変わるが、競馬の安藤勝己騎手の引退が発表された。
ネットでの感想の中で、「アンカツは巧いし色気があって格好良いんだよね。闇に咲く華という感じ」 というのがあったが共感した。
あの武豊も 「アンカツさんを見てると自分が小さな人間に思えます」 と言うくらいなのだから別格の存在だったのだろう。
寂しくはなるが、今まで多くの感動を与えてくれたことに重きを置き、アンカツの未来にエールを送りたい。 お疲れ様でした。ありがとう。元気に過ごして下さい。


アンカツのことを考えていたら何故かカイジが頭に浮かんだので少しだけ語ってみる。
福本伸行は 『カイジ』 の物語の中で言いたいことが多くあったと思うが、カイジが地下労働を行う中で、給料日に馬鹿高いビールや焼き鳥を買う場面はかなり強いメーっセージ性があるように感じる。
つまり、リアルな社会でも一般の労働者は給料日を含め一ヶ月に数日しか贅沢出来ないほどギリギリの生活しか出来ていないと。
では、その解決方法をどう示しているかだが、「真剣に、本気で、真面目に生きろ」 との精神論になってしまう。
「大人は質問に答えない」 との台詞も出て来るが、どうしたらよいかは自分で考えろとのメッセージに他ならない。
でも、アンカツを見ていると真剣さや本気さや真面目さは感じないし他の騎手のように節制して生活しているとの話も聞かない(あくまで私見です)。
それらの要素より、男はだまってミッションをこなすとのイメージが強いし良い意味で肩の力を抜いているように思う。
リーディング争いなどに目もくれず、賞賛される場にはまず居ようとはしない。
1999年の東海Sで12番人気で単勝39倍の8歳馬キョウトシチーを勝たせた時など、
「キレないけど前に行けばしぶといイメージだったのでそう乗った」 とクールに言っただけ。

馬に乗り続けたいとの抑えられない気持が最後に残ったアンカツの判断は結果として正しかった。
私も今後、様々な抑えられない気持に直面すると思うが、心の底から望むことを最優先して選択して行きたい。




posted by tetsukazu at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。