2013年01月20日

賭け続ける男(急)第1話

テツの人生にとっての第二章が始まったようだが、どんな変化があったのだろうか。


マサ‥遅くなりましたが今年も宜しくです。

テツ‥こっちこそ宜しく。去年の暮れは有馬の勝利でお前との約束やった忘年会も出来てよかったわ。

マサ‥あの時はご馳走様でした。
それにしてもテツさんの様子が少しおかしかったですね。
ママの店で3年位勤めていた女の子がやめたからですか?

テツ‥いやいや、やめるのは知ってたけど、最後の出勤日は知らせてくれくのかなと思ってたら連絡がなかったんや。
それでその子にメールしてみたら、ママから 「もう来なくていいわ」 と告げられたとの内容の返信が来たんや。
本人は、「まさかのフェードアウト」 と大人の対応を見せてたけど内心はきつかったと思うわ。
近くで独立してお店を出すみたいなんでママからしたらこれからはライバルになる相手なのはわかるけど、
常連さんは最後に気持ちよく挨拶したかったと思うわ。
ホントやったらその最後の日にお前を連れて行くはずやったけど結局その子がいない時に行くことになったというわけや。

マサ‥そうですか。で、あれからドリームには行ったんですか?

テツ‥行ってないし新年会以外は飲みにも行ってないわ。
人間は最後は自分のことしか考えないのはわかるけど、『情』 は無くしたくないわ。
何か見たくないもんを見せられたようで複雑やったわ。

マサ‥でもそんなこと言ってたらKちゃんにも会えないじゃないですか。

テツ‥ううっ(泣)。 それでも男には譲れないもんがあるんや。
Kちゃんには伝わらんかもわからんけど、俺も心の整理がつくまで気持ち良くは通えんわ。
Kちゃんがどう思うかわからんけど俺がKちゃんを想う気持ちは変わらんのやから時間が解決してくれるやろ。
ただ、今月末の舞台は予定通り一緒に観に行って欲しいな。

マサ‥グッドラック! しかしどうしてテツさんは見かけによらずそんなナイーブなんですかね。
無茶をする日頃の行動を見る限り人の気持ちになって生きているようには見えないんですけどね。

テツ‥ええんや。俺は俺なりにこれからも前に進むしかないし良い意味でブレたくはないんや。
長男が社員として内定が決まったんで、暫くは大人しくせんと父親としても恥ずかしいし体調維持のためにも飲む打つ買うのうちの一つは減らすわ。

マサ‥ちょ!ひとつだけかよ! 前振りはわかったんで東海ステークスの予想でもして下さい。

テン‥そうか。そない期待されると俺も弱いな。ほんじゃ、昔とったきねづかでちょっとだけやで。

正直最近は新聞も買ってないんで予想もしてないんやけど、パソコンで出走表を見てたら 4番のグランドシチーが馬券に絡みそうやな。
改装後の中京競馬場はダートでも直線400mあるし差し脚が届くような気がするわ。
あのアドマイヤロイヤルも差し脚中心の馬やけど中京の直線で最後届いてるし、武蔵野Sでもあとちょっとで3着やもんな。
騎手に不安が残るけど乗り慣れた馬やからその点は有利やろ。
オッズ的にももしルメールあたりが乗ってたらもっと下がるやろけど津村やしそこそこつくやろ。

マサ‥で、やっぱり今年も予想はグランドシチーの複勝ですか?

テツ‥やっぱりは余計やろ! ま、当たってるけど…

マサ‥予想さえ聞いたら俺はこのへんでさっさと去りますけどテツさんにとっての三大欲のうちのひとつでも欲が薄れるように祈っときますね。


年末からのトレーニングに手応えを感じているテツのようだが、周囲の人間はテツが何のために鍛えてるのかわからなくなる事態だけは迎えないように祈っているようだ。


posted by tetsukazu at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。