2012年12月18日

雑感−39

ブログタイトルを少し変更しました

それにしても日曜日の賞金女王決定戦を制した三浦永理選手(静岡)の割り差しは素晴らしかった。
2コースの日高選手とはスリット通過が同タイミングだったのに1マークで1コースの田口選手と2コースの日高選手の間に生じた僅かな隙間を縫うように割って入った。
テクニカルエリーとの呼び名で今シリーズは出場していたのだが最後の最後にその呼び名の通り素晴らしいテクニックを見せつけた。
モーターの力もあるにはあったが、あの展開で田口選手に逃げさせないためには唯一の手段だっただろう。
とにかく三浦選手、優勝おめでとうございます。師匠の服部選手も喜んでいるだろう。

競馬の方は注目していたクラウンレガーロがチグハグな競馬になってしまい不完全燃焼な結果となったが、外国人騎手恐るべし。


選挙の方は民主党の大惨敗になったが、日本未来の党の亀井静香議員が当選したので彼関連のことを少し書いてみる。

知っての通り亀井氏は死刑廃止議連の会長だ。
もし、自分が愛する家族や恋人が誰かにより殺害されたならその犯人を殺したいと思うのが人間の素直な感情。
しかし、その犯人を殺すことにより今度はその犯人の家族や恋人から憎まれることになるという 「憎しみの連鎖」 が生まれる。

死刑廃止議連は、報復の代行をする国家の殺人行為をも正しくはないとの立場。
恋人を作ったり成人して自分の家族を作るのは自分の意思で行うことになるので、愛する者をそばに置くことのリスクを負う覚悟が必要なのは理解出来るが、報復感情に優先する順法精神を常に意識しながら生きて行くのが人間らしい生き方と言えるのだろうか。
あまりにも奥深い問題だけに考えさせられる。
話がずれるかもしれないが、福岡県では暴力団入店お断りの表示が義務付けられてそれを守ったお店が暴力団による被害に遭っている。
この話などは順法精神があだになった例かも知れず、法を超えたところに正解がある可能性もある。

その他選挙関係では、私のボランティア仲間(年上)の娘婿さんが当選したので良かった。義理の父としては娘さん達の生活面でもホッとされたことだろう。

やはり日本人は原理原則論が嫌いなのだろう。自民党の持つグレーな部分も含めて国民性になじむのかもね。
とは言え、生活保護の現物支給などの自民党案を見るといずれまた揺り戻しがあるのでは。

TPP参加の問題だが、スポーツの世界では既に大相撲や競馬で黒船襲来は経験済みだ。
大相撲は番付上位のほとんどが外国人力士だし競馬のGTでも外国人騎手か地方競馬出身の騎手が活躍している。
農業分野で原則市場開放となるとぬるま湯に浸っていた組織や個人は大きな波に呑みこまれる可能性が高い。

個人的には親戚関係から何度も特定の候補者に投票して欲しいと電話があった。いつもならわかりましたと言って別の候補者に入れるのだが、よく考えてみると私が本当に誠実な人間なら、せっかくですけど別の候補者に入れると言えば良いはず。それを人間関係を損ねたくないものだから口では思わせぶりなことを言ってしまっていた。
要は頼む側の問題ではなく私自身の問題なのだ。
選挙のおかげで本当の誠実さとは何かを考えさせられることになってしまった。


選挙の話はこのへんにして、来年のカレンダーの発売数の1位がAKBで3位がももクロ。
そして2位は何とサッカー日本代表の内田選手(ウッチー)だそうだ。
私の知り合いにもウッチー大好き主婦(40〜45才位)がいるがウッチー恐るべし。
友人の吉田選手によると内田選手はあまり身の回りに構わない人間らしいのでそのあたりにも母性をくすぐられるオーラが出ているのかも。

好かれると言えば日曜日の賞金女王決定戦の地上波の番組のゲストの南明菜(アッキーナ)に違う意味で感心した。
相当長くボートレースのイメージキャラクターを続けているが、賞金女王決定戦競走の開催地の大村ボートレース場が競艇発祥の地だと知らなかったことがクイズを通じて明かされてしまった。
依頼する協会の方もアッキーナにそんな知識は要求するつもりもないだろうが、知らなかったアッキーナは悪びれる様子がまったくなかった。
引退した某大物お笑い芸人に誘われて毅然と断ったと言われる南明菜だけに根性が座って堂々としたもの。
周囲との受け答えもやはりゲストで出ていたシンクロの青木愛(顔面レベルは青木愛が上?)より洗練されていてプロ意識は感じた。
自分が何を要求されているかを理解しているのだろう。
テレビの企画でボートに乗ったりカートに乗ってもプロ顔負けの走りをするアッキーナはやはり何かを持っている女だ。

最後に、私の私見だが男は悪い意味で繊細で女はいい意味で鈍感に思う。
人間としてはいい意味で繊細かつ鈍感でありたい。




posted by tetsukazu at 03:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。