2012年10月04日

雑感−20

先週はとにかくばたばたした。
心の安定を取り戻すため、今週に入りパソコンとテレビと個人携帯の電源を切った状態で過ごしていたがそろそろ不都合が出て来た。
特に携帯に関しては結局就寝前に電源をオンにして確認していたのであまり意味を成さなくなっていた。
で、携帯の復活と共にパソコンの電源も入れてみた。

ブログ記事に関しては漠然と入れたい内容のものもあったのだが系統立ててまとめた記事にするほどにもなっていないので雑感という形で久々に書き連ねてみる。

最近の日本は、離婚率の上昇や自殺者増加状態での数値安定傾向や生活保護受給者の増加などについて取り立てて強調するのでなく極自然のこととして報道される。
私の知り合いに言わすと 「日本もやっと普通の国の仲間入りをしたんや」
「今までの日本人が必要以上に我慢強かっただけの話」 とのこと。

う〜ん。そうなんかな。 となるとこの傾向が止まることはないんやろか。


それはそうと私が本格的に身体を鍛え出してからかれこれ2年半位になるけれど、その間オーバーワークで何度か休養期間があったので安定して継続しているのはこの数ヶ月。

この数ヶ月はとにかく走り込みとウォーキング(速歩)中心。
時間にして毎日2〜3時間。距離にしたら恐らく10km位かな(1時間と1時間半位の2回にわけてそれぞれ連続して負荷をかける)。
とにかく高負荷をかけるタイミングを図って来た末にやっとゴーサインを出せた。

普通に通勤や通学を通じて日々過ごしていても7000歩〜8000歩はこなしているが、ゆっくりと歩いている一日通算の8000歩(例えば行きの通勤15分徒歩、仕事中や昼食時の移動30分、帰りの15分徒歩、買い物の行き帰り30分)と私がこなしている運動を目的とした8000歩は質が違う。
運動を目的とした場合、肉体の機能の60%〜70%はフルに運動する状態になるので歩いたり軽いジョギングをバカには出来ない。
現代人はどう考えても運動不足。先程例に出した通学・通勤などにしても自転車を活用した場合は負荷のかかりかたも軽いものとなる。

若い男性の精子の数が減って来ているとかの報道もあった気がするし若い男性の俗に言う草食化傾向も運動不足が一因ではないかとさえ思う。

私は、仕事に就き始めた時の先輩が元プロボクサーだったこともありボクサーの半端でないスタミナを目の当たりにしている。
その基本にあるのはやはり走り込み。
足腰を鍛えることイコールスタミナ強化に繋がるのは間違いない。

そこで高負荷をかけることによる変化だが、まず遠い距離が遠く感じなくなること。
これは心の部分にも影響して困難なことに対して粘り強くなれるし我慢もきくようになってくる。
何よりスタミナがつくことで物事と取り組むのに自信がついてくる。

このブログでは冗談みたいに 「同年齢間では日本最強を目指す」 と語ってきたが、行動に移さないことには本当に冗談で終わってしまう。
これ以上の負荷は仕事があるので時間的に難しいが、マラソンの野口選手のように疲労骨折等に気をつけながら 『最強戦士(笑)』 を目指したい。


毎日王冠はGUであればエイシンフラッシュが複勝圏を外さない気もするが1800mだけに鉄板とまではいかないかも…


posted by tetsukazu at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。