2012年03月11日

賭け続ける男(破)第52話

テツが珍しく関心を示した障害レースなのによりによって圧倒的な一番人気馬が故障により途中で競走中止に。
悪いことに同馬はレース後に安楽死処分となってしまった。
ああ見えてテツはナイーブな内面を持っているだけに引きずらなければよいが。


テツ‥マサ〜。元気にしてたか。

マサ‥いや〜テツさんの老体に寒さが堪えて冬眠してるんちゃうかと思って心配してましたわ。ハハハ…

テツ‥何がハハハやねん。こっちはトホホやわい! めったに勝負せん障害で狙い馬が競走中止って…
それも予後不良(安楽死)になったことで、レースを最後まで見ることもなくふて腐れてた不謹慎な自分がちょっと嫌いになったわ。
ディアマジェスティは、12月3日にオープンで一着。12月24日のGTで二着。明けて2月4日にオープンで一着。そして3月10日のGUで競走中止。
恐らく目に見えへん疲れがあったんやろな。オーナーは寺田千代乃さん(アート引越しセンター創業者)。
競走馬は経済動物と言うけれど去年暮れから今年にかけてのローテーションはかなりきつかったんとちゃうかな。 まー結果論でしかないけどな。

マサ‥そうですね。人間の都合で競馬は運営されてますけど馬から発せられる声無き声を汲み取る必要があるでしょうね。それは人間同士の関係にも言えますが…

テツ‥どっちにしても俺には語る資格はないわ。こんなことがあっても関わり続けるんやから。
せめて文化としての競馬が続くように遠回しに協力するわ。

マサ‥そうですね。テツさんのお陰で栗東の厩舎の屋根のひとつも出来てるかもですね。ハハハ…

テツ‥かぶせたか?さすが浪速人。まーええ、競馬文化発展のために日曜日も貢献するわ。
中山牝馬ステークスやけど絶好の狙い馬がおるで。

マサ‥えっ?テツさんの好きなアニメイトバイオですか?それとも連勝中のオールザットジャズあたりっすか?

テツ‥惜しいでしゅね。

マサ‥テツさんのオヤジトークが残念過ぎます↓ もーええからさっさと教えて下さい。

テツ‥アカン。

マサ‥だから馬の名前!!

テツ‥せやからアカンや!!!

マサ‥この位でお約束トークは満足しましたかオヤジさん。

テツ‥満足です。 そのアカン(サス)は前走も前々走も中山の1800m芝を走っとる。
前々走は12頭立ての7番枠からスタートを決めて、前半1000m1分1秒3のペースのレースで4〜5番手を進み、上がり3ハロン34秒6の末脚を使い2着。それも4角を回ってすぐにところで一瞬前が詰まったため追い出しが遅れた影響が大きかった。まともなら勝ち馬と差がなかったやろな。
前々走は連続開催の5日目で実質13日目の馬場だったので馬場状態は良くなく、今回の荒れ馬場にも対応しそうやな。
前走は14頭立て1番枠からやはりスタートを決めて前半1000m58秒6のペースのレースで6番手を進み、上がり35秒5の末脚を使い快勝した。
2走とも3角から4角にかけて押し上げる脚は一流馬のもの。頭は若干高いけどペースに関わらず折り合いがつく馬や。
今回は2番枠やけど内の馬も外の馬も前に行く馬でないのですっと好位置を占めるやろ。
逃げる馬がおらん場合はアカンサスが逃げることになるかもわからんけど、内田もそれは想定してるやろ。その場合は馬場のええところを通って3角過ぎからスパートして粘るだけや。
前2走とも最後の脚は伸びてるんで今回も脚が止まることはないやろ。
前日の複勝オッズが1.7〜。これだけついたら上等やろ。53kのハンデは恵まれたし3着までにはかなりの確率で来るやろな。
相手は当然15番枠のホエールキャプチャになるけど、マサが予測してた通り7番枠のオールザットジャズと11番枠のアニメイトバイオが気になる存在やな。
調子だけなら6番枠のアプリコットフィズやけど1800mが若干長いのではとの不安と馬格がないんで55kを背負っての荒れ馬場がどうかとの心配がある。コスモネモシンとドナウブルーは外目の枠になったことで4回コーナーを回るこの条件で割引が必要やろな。それはホエールキャプチャにも言えるけど…

馬券はアカンサスの複勝1点やな。 他の馬で一番気になるのはオールザットジャズかな。

マサ‥どうも。今回は結構ガチで予想したみたいっすね。ちょっとだけ乗ろかな…
それはそうと日曜(3月11日)は朝9時から名古屋ウィメンズマラソンがありますね。とんでもない豪華メンバーが走りますね。俺は競馬よりこっちの方が楽しみですわ。
加納ちゃん頑張れ!

テツ‥中里ちゃん頑張れ!


3月11日は東日本大震災から丸一年。テツもマサも何気ない日常を過ごしているが、それがどれほど貴重なものかをかみしめながら生きることが出来ているのだろうか…


22時10分追記
テツ‥ アカンサス… 名前が名前だけに↓ 勝ちタイムが1分50秒6。 前半1000m通過が1分1秒5。
逃げて勝ったレディアルバローザが上がり36.3秒でまとめているのに対して、アカンサスは上がり36秒4で全体の走破タイムは1分51秒4。
前二走のパフォーマンスを評価しての狙いだけにこのタイムでか走れんかったのはショックや。
1角で6番手だったのに3角では13番手。それで上がりタイムが勝ち馬より遅いって…
後藤から内田への乗り替わりが裏目に出たんかな。頭が高くて走りのリズムが良い方でない馬なんで慣れた騎手の方が走りがスムーズに行くように思うわ。
今日のレースは多くの馬が前に意識が行き、内にも意識が行ってたんで強引には前に行かなかった内田の戦法が裏目に出たかもな。
とは言えそれ結果論。馬券を買う方はそれも見越して買うべき。オープン馬はその気になれば前に行ける馬が多いんで1600万条件のようにはいかんかったんやろ。
それにしてももう1頭の注目馬のオールザットジャズが2着にきて複勝が540円か…
昨日本命馬に騎乗して安楽死の結果に直面した高田は今日も障害レースで人気馬を馬券圏外にしてしもたな。
意地が良い方に向くか、ストレスが悪い方に向くかは紙一重。ただ、悪い流れを断ち切るのも自分をコントロールする能力がものをいうしな。そこは自己責任やな。
勝ち馬も3着馬もキングカメハメハ産駒か。今日の馬場と展開にマッチしてたんやろけど、逃げ馬と最後方の馬でのワンツーなんていうレースは馬券が獲り難いよな。

マラソンの方は野口のGT馬的な底力のあるレース振りに感動したわ。レースが終わった後の涙の意味を考えると何とも言えん気持ちになった。
長く生きてると 『勝ちたい』 との強い気持ちが悪い意味で少なくなるけど、今日走った選手の熱い気持ちを忘れずに自分自身の今後にも繋げんとな。



テツは自分の下した選択に対しては後悔しない気持ちを持ち続けるように心掛けているよう。
納得のいく過程の中で納得のいく結果となるのが理想だが、テツはようやく物事における過程や心の持ち方の重要性を感じ始めたように見える。


posted by tetsukazu at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。