2011年11月22日

もうすぐ師走ですね。

ホントに早いものでもうすぐ12月がやって来る。

最近、右足親指の爪がはがれかけていて少々テンションも下がり気味だが大人しくせよとのサインかも?
アホみたいに鍛えているうちに足の爪のことなど気にしていなかったのだが気がつくのが遅すぎた。
まぁこんな調子で今まで突っ走って来たので今回も冷静に受け止めてはいる。
息子達にも「親父は地球がひっくりかえりでもしない限り驚くことはないやろな」と言われる。

そんなちょっとしたアクシデントはあったが大きな事故もなく無事に年末を迎えようとしている。
最近、NHKの朝の番組が盛り上がっているようだが(有働由美子キャスター)女性のパチンコ・パチスロ依存症の話があったようだ。

アメリカの精神医学界の判断基準によれば次の10項目のうち5項目で当てはまればギャンブル依存症になるそうだ。

  ↓

(1) 嫌なことがあるたびにギャンブルをする。
(2) ギャンブルのことが頭から離れない。
(3) ギャンブルをしていないとイライラする。
(4) 止めようとするが出来ない。
(5) 賭け金が増えて行く。
(6) 損をギャンブルで取り返そうとする。
(7) 仕事や人間関係に影響が出る。
(8) ギャンブルのために嘘をつく。
(9) 他人の金に手を出す。
(10)資金を得るために違法行為をする。


う〜ん?? いくつ当てはまるかなぁ〜  1と2と3と9と10は違うけれど残りは否定する自信がないなぁ。


それはそうとNHKもパチンコ・パチスロを完全にギャンブル扱いしているが、あれは俗に言う三点方式で実質上賭博行為となっているだけで建前はあくまで『遊技場』

このへんが日本の暗部(ダークサイド)なんよな。
今の民主党政権は死刑の執行も躊躇しているし、相変わらず宗教団体への課税も消極的だし、新聞の再販制度なども前進が無い。
それどころか民放ではパチンコ・パチスロ関係の広告が幅を利かせている。

自民党政権もそうだったが、建前は法を順守すると言いながらグレーゾーンの活用を積極的に行う。
また、職業に貴賎無しと言いつついまだに公務員は上から目線の気がする。これも建前は公僕ということになっている。
先日もチャリに乗っていて警官に呼び止められ、別れ際に「また今度呼び止めた時は協力してや」
と言われた(それとも大阪限定?)。
おいおい!明らかに年下やろしそれ以前に「協力して下さいね」やろ。
こんな状況なのに真面目な顔して先生が生徒に敬語やらなんやら教える現実に寒くなるばかり。


吉田拓郎の名曲『落陽』の歌詞に「この国ときたら賭けるものなどないさ。だからこうして漂うだけ」とあるが、この国(故筑紫哲也みたいな表現だが)に信用出来るものなどあるのだろうか。
今風に表現すると国自体が「オワコン」になってはいないか。


依存の話に戻るが、変な話が結婚なども依存体質がないとなかなか踏み切れないように思う。
自分自身の価値観が確固たるものであるならパートナーの生活リズムに合わせ続けるなど無理なのでは?

私の場合は2年前に依存する相手もいなくなったのだが、この2年果たして人間的に成長はしたのだろうか。
男の場合、離婚すると寿命が縮まるらしいが私は8k程度の体重減(いまだに戻らず)で済んでいる。
日曜日は長男からメールがあり「マイルCSはマルセリーナの複勝とリアルインパクト⇒マルセリーナの馬単を買ったわ(笑)」との内容だった。
なかなか楽しそうにやっているようなので、「丸瀬莉奈ちゃん応援しとくわ」と送り返しておいた。

いつも行くお店のママから「イイ男になってきたわね」と言われてから、どこがやろと考えてはみたがなかなか思いあたらない。
まぁ思いあたらない位なので大した変化ではないのだろうけど、このままお店に顔を見せなければ勘違いのまま良い気分で年を越せるはず(まず呼び出しがかかるので無理)。

年の初めに今年の目標としていた「今年中に誰かと温泉に行くぞ!」との意気込みはしぼむばかりだが最悪ひとり日帰りカニ食べ放題プラン位には参加したい(笑)。

明日からボートレース大村でSG第14回チャレンジカップが開催される。
エースモーターを引き当てたのは静岡の重成一人⇒訂正(重野哲之の間違いでした。お詫びします)。その他、須藤・平田・原田・山口・菊地なども好モーターを引いたよう。
暮れの賞金王決定戦に向けてのラストチャンス。
最終日の一般競走の5〜6着争いに至るまで賞金王決定戦に出場出来る12のイス争いは続くので今年も目が離せない戦いになりそうだ。
個人的には田中信一郎(大阪)を応援したい。


この前から語っていた、密かに心に期していたことの一つは年末までに実行出来そうだがそれ以上のことは来年に持ち越しになるかな。
どちらにしても「男は甲斐性」が私の今年後半から来年に向けてのキーワード。


現在公開中の園子温監督の『恋の罪』。
新聞の解説を読むと、水野美紀演じる主人公の和子(刑事役)は、刑事をやりながら家庭もあり不倫もしているとの設定。
水野美紀は、「女性は職場、夫、子供、恋人に、それぞれの顔を無意識に使い分けている。和子が特殊なのではないと思う」 との感想を述べたらしい。

あー恐ろしい。男にはそこまでの使い分けは難しいな。私なら博打場の自分とそれ以外位の分け方がせいぜいか。イイ女は既にすぐそばにいるのかどうなのか?

12月の目標はひとまず「食べたい物や飲みたい物があった時に実現出来る毎日でいたい」
ささやかだがこれがなかなか難しい。食欲が満たせなくて他の欲など満たせるわけがないとの意気込み(そんなたいそうな)で今年を駆け抜けたい。


追記⇒力道山と木村政彦の戦いを克明に描いた書物がちょっとした話題になっているようだが、
勝敗を分けたのは、力道山の方はプロレスと真剣に向き合い、木村政彦の方は前日に酒を飲むなどしてプロレスに対して遊び半分だったための結果だったのだろう。
真相は闇の中だが、どうやら引き分けにするというブック(事前に結果を打ち合わせ済み)が出来ていたのを木村の金的っぽい蹴りの後に力道山がガチンコになったらしい。
真剣に向き合うことの大切さを知らされるエピソードではある。







posted by tetsukazu at 02:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいどです。
シルポート縛りがとっても厳しいあらたです。

1-5と6-10で内容に差がありすぎ。w
これで5項目って、依存度合いが全く違ってきますね。
2,4,5かな。昔は1,6もあったな。

あ、明日20時から、私の趣味の世界の特番がTBSであります。
よければどうぞ。

では、イイ男に幸され素敵な冬を!
Posted by あらた at 2011年11月22日 12:37
>あらたさん
お久です。コメントありがとうございます。

あらた無くしてブログ友無し。 感謝してます。
シルポートのことなんてしるぽーと。
片思いは成就するのか否か。
自身の天皇賞の1600m通過タイムで走れば楽勝なのにね。

私は7に尽きます。何せ最大の人間関係がどどどどーです。
最後は人生って楽しいなと思えるかですね。
そのためには色々な経験が必要かと。けいけん豊富な毎日(あれ?)

明日の午後8時。チェックしましたよ。お金かけてそうな企画ですね。
更にイイ男(笑)になるために頭の体操をさせてもらいます。

あらたさんこそ奥さんと娘さんと共にホットな冬をお過ごし下さい!

Posted by tetsukazu(管理人) at 2011年11月22日 19:34
お久しぶりです。

お聞きしたい事があるのですが
コメントって非公開にはできないようになっているんですよね?
コメントしようと思ったのですが
あまり公開されたくないな・・と思ったので。
別に大した内容ではないですし
どうしても伝えたいとかではないのでアレなんですが(笑
聞きたい事?というか、まぁ・・そんな感じです。

ではでは。
Posted by けん♂ at 2011年12月01日 22:29
上のコメントはけい♀です。
Posted by けい♀ at 2011年12月01日 22:30
>けい♀さん
お返事遅くなりました。

色々と人生を振り返ることが必要と考えブログを開くこともなく過ごしていました。
けい♀さんとけん♂さんに励まされながら2年間経過しました。
元の相方もここにきてようやく自分自身のやってきたことと冷静に向き合うことが出来たようです。
私は今、彼女がどうすれば地元に帰ってこれるかを考えています。
でもその前に自分自身がもっと成長しないと偉そうなことは言えません。

コメント非公開の件は一度調べてみますが、またしばらくブログから遠ざかるかもしれずご迷惑をお掛けしそうです。
今までのことは本当に感謝しています。何とか前に進めそうです。
Posted by tetsukazu(管理人) at 2011年12月03日 18:44
お忙しそうですね〜。

聞きたい事とはアニメ?とドラマの事でしたので・・大丈夫です(*^_^*)
アニメの話が恥ずかしく非公開にしたかっただけです(^_^;)
解決したので大丈夫です。

そうなんですか、奥様と連絡を取り合っているんですね(^^)
来年はtetsukazuさんにとって良い年になりそうですね〜♪
Posted by けい♀ at 2011年12月03日 22:36
>けい♀さん
ご丁寧なコメントありがとうございます。
けい♀さんが元気に日常を生きていることを改めて知る内容で救われました。

面倒くさい系のの私の話もいつも嫌な顔せず聞いてくれて感謝感謝です。

僕も良い年にするのでけい♀さんもけん♂さんと一緒に変わらず人生を楽しんで下さいね。
(おにぎりとしょうゆ入れと鯛焼きのかぶりもの売っているところあれば連絡欲しいです)
Posted by tetsukazu(管理人) at 2011年12月05日 12:54
スーパーコピールイヴィトン,ルイヴィトンコピー通販 , 【1万円-5万円_スーパーコピールイヴィトンバッグ】 | jpeta111.comスーパーコピールイヴィトン青春の活力のミニスカートとズボンのアパレルを満たしてロックの音楽の流行っていること誕生に従って、それによっても新型のかばんの装飾の出現のかばんを呼びかけています。そこで、各種は小さくて、 若い人の肩先を組む長い肩紐の、デザインの簡潔なショルダー・バッグがあって、赤の他人にとてもかばんをうらやましがらせます。経済の急激に発展する20世紀70、80年代に、装飾を包んですでに地位と身分のシンボルのかばんになりましたとある種類の意味の上から言いますスーパーコピールイヴィトン
Posted by スーパーコピールイヴィトン at 2014年06月09日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。