2011年11月01日

賭け続ける男(破)第46話

テツは果たして日曜日の天皇賞で勝負はしたのだろうか。
テツの脳内を覗いてみたとしたら…


テツ‥日曜日の天皇賞は予想通り難解なレースになったな。
の本命がトーセンジョーダンで、他にも印をつけた馬が全部5着までに入ったんで5連複があったら見事的中やったな。
俺のスタンスからするともう一回レース前に戻れてもまずトーセンジョーダンを中心にする考えにはならんかったな。
拳もようやく今までの考察の蓄積が生きてきてるのかもな。

こっちはエイシンフラッシュの複勝オッズが1.7倍〜まで下がったこともあるし、このレースに関してはそれに見合うだけの信頼感が持てなかつたんで購入せんで正解やったな。
ブエナビスタがマイナス体重で出てきたり、ダークシャドウの単勝人気が最後までエイシンを上回っての2番人気だったことでエイシンとダークの力関係に確信が持てへんかったしな。
その代わりというのもおかしいけど、新潟のメインの複勝を狙ったんでプラスを出す目的だけは果たせてほっとした。
その新潟メインの単勝1番人気のアドマイヤセプター(2.4倍)の複勝が150円(2着)で、俺の狙った単勝2番人気のクラックシード(3.9倍)の複勝が140円(3着)とは。
天皇賞も2番人気のダークより3番人気のエイシンの方が複勝オッズの人気は高かった。
勝つ可能性と3着までに来る可能性に対する購入者の判断になるけど玄人色が強くてちょっと怖い傾向やな。

日曜の利益が予定より少なかったんで月曜も勝負(ボート)したけど拳のように自信を持って買い切ることは出来んな。
予想としてはSGクラスの4号艇平本が2番手のレーサーより2枚位力が抜けてて、その2番手が5号艇の赤羽。そこからまた2枚位力が落ちて1号艇の寶田(たからだ)。そしてまた1枚力が落ちて2号艇の能見。後の3号艇塚本と6号艇東は展開に恵まれた際の3着候補と判断した。
当然4−5からの舟券中心でもし逆転があるなら5−4の折り返ししかないとなるはずだが、ボートレースは枠が重要。力の劣るレーサーでも1号艇でインを取れば逃げ切ることもある。
このレースも格下のはずの寶田から結構売れていた。

俺が最終的に買った舟券の事前オッズやけど
   ↓
4−5−1 7.2 
4−5−2 16.3
4−5−3 29.7
4−5−6 14.3
5−4−1 51.8
5−4−2 104.2
5−4−3 166.5
5−4−6 100.8
1−4−2 21.3
1−4−5 11.1
4−1−2 16.7
4−1−5 6.9

結果は3連単 5−4−6 となり 9690円で確定(直前に場内売りでオッズが下がる)。

やっぱりまだまだ俺はチキンなんかな。結局は買い目のどれがきても投入金額の1.4〜1.5倍程度になるようにしか買ってへんもんな。
まーただこのレースは正直95%以上と断言出来るくらい勝つ確信があったレース。
進入固定はインの進入も楽なんで助走をたっぷりとる。1号艇を買い目で重視したのはその点があるんで後悔自体はないけど勝負師の資質としてはどうなんやろ。
プロギャンブラーほどギャンブルをしないとの説がある位に奥が深いのがギャンブルなんで俺のスタンスは間違いとは言えないけど大きく勝つためには何かが欠けてるとの自覚が常にある。

11月3日には大井でJBCクラシックがあり、トランセンドとスマートファルコンの一騎打ちとの下馬評。
その2頭で勝負するのが本当のプロギャンブラーなんかなぁ〜 それとも…


テツは9月の誕生日に何かの誓いを立てたようだが、具体的には周囲には漏らしてないようだ。
天皇賞をスルーするあたりどうやらかなり本気で金を貯めようとしてるよう(表も裏も)だが女気の方は遠ざかる一方になりそう。

2011 10/30 馬券

2011 10/31 蒲郡

2011 10/31 蒲郡A


posted by tetsukazu at 03:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「単勝1点買いで平均回収率が300%になる方法!」平均2〜3回/1回的中、平均回収率は318%です。
Excerpt: あなたが競馬で儲からないのは、3連複・3連単ばかり狙ってるからだ!だから負けるんだ!
Weblog: 「単勝1点買いで平均回収率が300%になる方法!」平均2〜3回/1回的中、平均回収率は318%です。
Tracked: 2011-11-02 15:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。