2011年10月23日

二度目のメール受信。

スプリンターズSに続き長男からメールがきた。

内容は、菊花賞やけど馬単の14−17と3連単の13−14−17でどう?

えっ?13−14−17の3連単??

81倍つくんやけど…

恐らく3連複の間違いだと判断して、13−14−17は3連複の方がええでと返信した。

私は全馬初距離のこのレースに大きく賭ける予定もないし見送る公算が強いが少し真面目に考えてみた。

返信の全内容は
   ↓

馬単の14−17と3連単または3連複の13−14−17の2点買いでもええけど200円ずつ位の遊びを勧める。
全馬が初距離のレースなので勝負に行くレースではない。
もし俺が17番がいいと思ったとしたら17番の複勝か、13−17と14−17のワイド2点にすると思う。 穴なら7番と12番。


あくまで長男の予想を尊重するならばとの基準での返信なので私の見解は控えた。

何で1番のトーセンラーを外すの?とか調教抜群のショウナンマイティを無視するの?とかとは思うが、馬単1点予想をするなど非凡さを秘めているかも。

繰り返すが今回の菊花賞については深い検討をしていない。私は基本的に、検討すべきファクターの見落しがないかの再確認まで行なったレースに手を出す(素質が違い過ぎる場合の新馬戦除く)。⇒いつも行ったとの送りがなにしないのは 『いった』 との誤読を避けるため。

今回のようなレースはレース終了後に初めて3000mの適性についてのデータが加えられる。

お祭りに参加するのは何も問題はないが、私のスタンスを崩すわけにもいかない。

息子へのメールで穴馬とした7番ゴットマスタングと12番ハーバーコマンドの走りに注目しつつレースを見守ることにする。


posted by tetsukazu at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。