2011年10月16日

秋の空に牝馬は何思う…。。 そして我は財布の中を思う…。。

16日の日曜日は第16回秋華賞。

秋だけに、牝馬だって人間の女性のようにやる気を出すかどうかは当日の心模様次第なのだろうか?

乗り馬に好かれていそうな男は、キョウワジャンヌの飯田・エリンコートの後藤・ホエールキャプチャの池添になるかな。

ローテーションの王道は、オークス⇒ローズSなので エリンコート・ホエールキャプチャ・マイネイサベル・マルセリーナ。

デキに関してはホエールキャプチャとアヴェンチュラが一歩リードとの印象。
エリンコートは前走が負け過ぎ、マルセリーナはトライアルの走り方に疑問(器用な脚が無いことの証明をしただけ)、マイネイサベルに上積みは厳しい。

枠順については例年10番枠より外側が好成績を残しているが、岩田は4番枠を歓迎しているとのコメントを出している。
12番枠を引き当てたホエールキャプチャに運が向いて来ているなとの印象。

馬場に関しては日曜日の昼位からは晴れてきそうなのでやや重〜良馬場に変わるかどうか微妙な状況。
やや重だったクイーンCの1〜3着馬のホエール・マイネ・デルマドゥルガーには注目。

総合的に考えてホエールキャプチャが2着を外すことは考えにくいが、馬連で数点買う場合はアヴェンチュラを買い目に入れると採算が取れにくい。
ホエールキャプチャの単勝プラス他の馬券を買う場合もやはり選択が難しい。
例えば、ホエールの単を70%・アヴェンチュラ⇒ホエールの馬単を20%・マルセリーナ⇒ホエールの馬単を10%のような馬券になる。
かといってホエールの単60%・ホエールとアヴェンチュラの馬連30%・ホエールとマルセリーナの馬単10%のような買い方もしっくりこない。

私がどうしても馬券を買わないとならないならホエールとアヴェンチュラのワイド1点だが恐らく馬券は買わない可能性が高い(買った場合はひとりでそっとかみ締める)。

ローテーションから見ても調子から見ても前に行ける脚質から見ても乗り続けている騎手から見てもホエールキャプチャの死角が少な過ぎて逆に馬券の軸としては狙いにくくなった印象。
騎手が乗り続けていて出走していても好走していたであろうビッグスマイルに複数回先着しているキョウワジャンヌが馬券上の最大の狙い目にも見えるが、2000mの距離が不安な点と、最大の魅力である乗り続けている騎手との点がGTでは逆に裏目に出ないかが心配(飯田騎手には悪いが)。
1枠2番には先行して粘り切る脚があるリヴァーレもおり枠連の1−6なんかを狙う者もいるだろう。


話は変わるが、女性って生まれた時に既に卵子の数が決まっていて男性の精子のように再生産されないんですね。 男の場合は男でいるために努力を続けろということか?
この歳になってそんな常識も知らないのは恥ずかしいけれど、生理っていうのも胎盤を常に造ろうとしているのに今月もまた必要がなかったということになり壊れて流れてしまうとか。
倖田來未が一時羊水がどうのこうのって発言して問題になったけど、卵子が造り変わらないものだとするとやはり若いうちの出産が良いのでは?と思ってしまう。
競馬の世界についても、活躍しなかった馬でも牝馬の場合だと比較的スムーズに繁殖に上がれるが、GTを勝つなどの活躍が出来なかった牡馬は地方へ行くか乗馬がそうでなければ… 

人間以外の動物の世界と人間の社会が別物とはとても思えないよなぁ〜
人間の世界でも経済的成功を得られなかったオスは寂しい末路を迎えそうやもんな。

過去の日本経済新聞の記事の抜粋を
    ↓
近代的な資本主義の誕生には、自らの労働力を商品として売る「自由」以外に生きていく手段を持たない労働者の登場が必要だった。
マルクスの『資本論』 によれば、産業革命や囲い込みによって、「生存の保証がことごとく奪い取られ」た手工業者や農奴が、次々と「自分自身の売り手」に転じていったという。
賃金労働者は、自らの労働力を買ってくれる「市場が見つかればどこへでも」移動し、生存に必要なぎりぎりの給与で企業のために働き続けた。

しかし企業が成長を続けるためには、労働者が生産したものを最終的には労働者に買ってもらう必要がある。
企業が労働者をタダ同然で雇用すれば、生産は増えても商品の販売市場は拡大しないからだ。
その意味で、労働者が経済的に豊かになるのと企業が成長することは矛盾しない。
より高い賃金を労働者に支払い、生産性の上昇分を還元して労働者の購買力と消費意欲を高めて市場の飛躍的な拡大に成功したのが「20世紀フォーディズム」である。

以下は私の要約
    ↓
そんな両者の蜜月時代もグローバル時代の中で再び危機に陥っている。
多国籍企業により、生産者である労働者と購入者である消費者が分裂し始めたのだ。
その象徴的なのが、モノを生産せず労働者=消費者を必要とせずマネーだけを拡大再生産するバーチャルな金融市場(主にインターネット上に存在)。
そのような異常に膨らんだり急速に縮んだりする投機マネーの影響を最も深刻に受けるのが、危険をヘッジできない弱者。
そんな経済の矛盾を放置したままでは、企業成長も世界経済も行き詰ってしまう恐れがある。

以上。


少し長い抜粋で恐縮ですが、矛盾を放置している物事は身の回りにも数多くあると思う。
稼いだ金がどうして次の給料日までに消えるのかも矛盾と言えば矛盾(自己責任)。
日本は日清・日露戦争に勝利はしたが、欧米列強国に債権を購入してもらうとの形(つまり借金)で戦費を調達したのが実態。
つまり欧米列強国のサポートなしには戦いを継続出来てはいなかったし勝利も不可能だった。
何が言いたいかというと、国の歴史も人の歴史も経済の側面抜きには語れないとのこと。
ヒトラー(ナチス)の台頭だって、第一次世界大戦後のベルサイユ条約による払い切れない賠償金が発端となったのは明白。
日本だって資源が乏しい中、石油の輸出ストップなどの話を持ち出されたなどの影響で先の大戦に巻き込まれたと言えないこともない。

では、現在の日本は世界の中で経済的観点からどの程度の地位を持つのだろうか。
これは言うまでもなく国民ひとり当たりのGDP(国内総生産)で見るべきだろう。
国全体のGDPは約461兆円であり中国に抜かれたと話題になったが、人口で言うと中国は日本の10倍なのだからひとり当たりだとまだ10倍の開きがある。
国民所得分野での2009年のデータでは、ノルウェーの場合ひとり当たりの国民所得は世界第3位で、購買力平価で計算して5万4880ドル。日本はというと3万3470ドルだ。
ノルウェーの場合は石油などの天然資源もあっての数字なので、資源の少ない日本の頑張りはやはり特筆すべきものだろう。

日本はまだまだ豊かな国だ。世界一外国に金を貸している国でもある(約600兆円)。
日清・日露戦争の頃に比べたら雲泥の差である。欧米先進国もここまで日本が成長するとは思わなかっただろう。
着物をきた胴長短足の黄色人種がはるか東洋から船でヨーロッパの文化を学びに来た頃のことを思うと現在のEUの首脳達は歯がゆくて仕方ないだろう。

とにもかくにもこうして経済的には確固たる位置を占めたのだから、国民ひとりひとりももう少し経済について真剣に向き合うべきと思う。

建物はしっかりした土台の上にしか安定しては立たない。
それと同じで、法律・政治・文化・道徳・宗教・言語などは全て経済という土台により規定される。

社会主義が崩壊したのも経済、会社が倒産するのも経済、家庭が崩壊する主な理由も経済、現在進行系のギリシャ問題なども正に経済が問題。


財布の中のことを一瞬でも忘れるために競走馬の走りに魅了されるのか、それとも…


経済が物事の基準になることは資本主義社会では矛盾しない。
個人が日々過ごす中で矛盾を放置していることはきっとあるはずだ。
大人であることとその行動との矛盾。幸せを目指しているのに相反する結果になっている矛盾。
それらの矛盾を解決するためには幸せに繋がらないことにお金を使わないことと、大人であれば自分が何かの土台になるぞという矜持を持つことかなと思う。
時代国籍年齢性別関係なく多くのことに気付き、多くの成長(具体的行動)が必要なのは間違いない。










posted by tetsukazu at 02:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「荒れるレースを枠連10点買いで狙う方法!」あなたが競馬で儲からないのは、3連複・3連単ばかり狙ってるからだ!だから負けるんだ!
Excerpt: 1日平均10回ほど、多いときなら15回以上、馬券を当てて競馬で儲ける「秘密の方法」とは?
Weblog: 「荒れるレースを枠連10点買いで狙う方法!」あなたが競馬で儲からないのは、3連複・3連単ばかり狙ってるからだ!だから負けるんだ!
Tracked: 2011-10-21 15:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。