2016年09月15日

本能の上書きは可能か?(2)

昔、『キツイ奴ら』というドラマがあった(小林薫、玉置浩二が主演)

私の記憶にある限り元金庫破りの小林薫演じる主人公は、いつも『地道』と書かれた札を身につけていて横縞な心が芽生えた時にはそっとその札を握りしめていたように思う。

そんなある日、少年院で同じ時を過ごした玉置浩二演じる登場人物が現れお金のトラブルに巻き込まれた末に再び金庫破りを決心するとの流れだったかと。

口癖が「キッツぃなぁ」だったからか冒頭のタイトルになったようだが、ドラマでなくとも誰しもキツイと言いたくなる時はある(以下ですます口調なしで)

金庫破りが『本能』によるもの(生きて行くための手段)で、それを上書きするために『地道札』を握りしめるのであれば『地道』に生きること自体が高いハードルになる。

私の知人に「アル中が夜な夜な飲み歩いて貯金がゼロなのをどう思う?」と質問したら 「それを納得済みで好きな酒を飲み続けているなら何も悪くない」との返答だった。

では、納得するとはどういうことか?

例の高畑裕太容疑者が示談金を支払い起訴を免れた問題にしても、母親に金があるから納得の行動だったのだろうか。
それとも逮捕は納得行かないものだったのか。

芸能人の妻を持ちながら浮気をした歌舞伎役者やあのベッキーなども納得の行動だったのだろうか。
更に清原や高知東生などはどうだったのか。

日々街を歩くと道行く人々が何事もないかのように先を急いで歩いているが、本当に何事もないのだろうか。
数時間後に数百万の決済をしないとたち行かなくなる人が含まれていてもおかしくない気もする。

私のようにギャンブル場に通う人間の中には、勝負を終えたその足で消息が不明になる者がいたっておかしくない。

一方、私は連日ベビメタベビメタと連呼して周囲から引かれ気味だが、誰が何と言おうとチームベビーメタルの音作りには賛美の気持ちしかない。
固定観念は捨てて良質なヘッドフォンなどでベビーメタルの音に触れると国内の他のアーティストとの差が鮮明になる。
メギツネやカラテなどに関わった(実際はアルファベット表記)ゆよゆっぺ氏やギミチョコ・泡だまフィーバーに関わった上田氏などの作曲スタッフは世界基準での仕事をこなしている。

納得し誇りを持ちエンタメの世界で成し遂げることと納得感が曖昧なままで本能に流されるのとの差は大きい。
そして誰かの心を動かすことは本能に負けない偉業に思う。続く…


posted by tetsukazu at 16:18| Comment(78) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

本能の上書きは可能か?

毎度毎度ベビーメタルの話題で恐縮しますが、先日また海外の音楽の賞を受賞しました。
AIM Independent Music Awards 「BEST LIVE ACT」に選ばれたのですが、平たく言えばベストライブバンドになります。

国内のアンチがこれらの賞が日本からの大量投票によるものだとの指摘をしますが、実際は日本人が投票するには英語での説明を理解するのに苦しむので海外からの投票が主になっているようですし、9月14日発売のベビーメタルのアルバムが『来日記念盤』なのも半分真顔でやってそうです(前記事の記念版との表記は間違い)

勿論、私もタワーレコードに記念盤ファーストアルバムを予約しました→20才前後の女性スタッフにええ歳のおっさんが「ベビーメタルの来日記念盤を予約したいのですが」と告げる構図は『シュール』でしたね。

9月19日と20日の東京ドーム公演が迫って来てワクワクしますが、私のような大きな大人(YUIMETALはそう呼ぶ)は自宅待機で応援するのが現地の絵面的にも賢明だろうと自覚しますので、記念盤で売上に貢献した上でひっそりと見守りたいと思います(20日は仕事中)⇒と書き込もうとしている間に早々とソールドアウトしていた19日公演分に続き20日公演分のチケットも空席なしとなりました→事前発売分の完売なので当日分や見切れ席が発売される可能性あり。
それにしても平日のドームまでを完売させる17才と18才のメタルダンスユニットは規格外ですね。


さて、今回の記事タイトルですが、とても一回のエントリーで書ききれるものではないのでさわりだけ書き出します。

要約すると「自分自身の行動選択の決定よりもかなり前には脳を含む身体の電気的回路を通じて数秒先の行動内容が決定されているというもの。

同様なことは以前も語りましたが、意思決定の延長線上に深層の決定システムが存在するとの認識でした。

しかしその後の自分自身の行動を振り返る限り、「決定させられている」との感覚が強くなって来ました。

それは『本能』に引っ張られているとも言えますが、広島カープの黒田投手を見ていると「楽したいとの本能を努力や忍耐力や自制心などで上書きしている」ように思えます。

清原氏と黒田投手の『男気』には天と地ほどの違いがありますね。
本能の上書きを本能で行う可能性も含め次回に考察します。
posted by tetsukazu at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。