2016年02月29日

賭け続ける男(急)第30話‐2

image/2016-02-29T023A273A07-1.jpgテツとポロリの土曜日の予想はある意味引き分けに終わったのだが、日曜日に関しては回収率の面でポロリの圧勝だったよう(写真がポロリの馬券)

1300円の購入に対して6000円を超える払い戻しの結果を出したポロリの予想力と絞れるだけ絞った実際の買い目は長年ギャンブルに親しんできたテツにとっても学ぶべき点がありそうだ。

それにしても中山と小倉のメインを両方制した掘調教師の手腕が際立った日曜日になった。

ポロリは、半分真顔で今度の木曜日の川崎での藤田菜七子騎手の出走レースの彼女の騎乗馬以外の馬の単勝が狙い目と言っているようだが、同じことを言っているやからが全国に一定数いそうだ。
そう言えば過去にはハルウララの時にも同じ現象が起きたが、結局ハルウララ以外の単勝もそれなりに売れた結果、あまり旨味はなくなったと記憶している。

やはり今回も棚からぼた餅的な他力本願な思考は身を結ばないとの教訓になるような話で終わるのだろうか?

あのテイラースウィフトでさえ全米で売れる歌手になる前は全米各地のラジオ局回りをしていたようだし、その姿は一流企業のほとんどがテクニカルに使っている『ランチェスター戦略』を理解しての立ち回りに映る。

日本で爆発的に売れた宇多田ヒカルの(実質)全米デビュー失敗も地道な努力が必須のランチェスター戦略をとらなかったからとの話がエンタメ業界での一般的評価らしい。

テツが入れ込むベビーメタルがまさにこの5年間そうした努力を積み重ねてきたのだが、テツ自身は一体何を積み重ねてきたと胸を張って彼女らに言えるのだろうか…



posted by tetsukazu at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

賭け続ける男(急)第30話

去年の暮れの手術の影響で、肉体トレが出来ない状態が続いているテツは三寒四温の季節に苦闘の様子のようだがさて。


ポロリ‥朝からベビーメタルの新曲の配信のこと気にしてるけどベビメタファンておっさんが多いらしいな。

テツ‥おっさんで悪かったな。
それにしてもベビメタのライバルがオリエンタルラジオになるとはまさかの展開やわ。
桐谷健太とかも売れてるし音楽業界もカオスやな。
マラソンも毎月のように走る公務員ランナーや五輪選考レースに連続出場を検討している福士がいるし今の日本のキーワードは『過剰』『マルチ』かな。

ベビメタもバックバンド単体でも一流の技術やのにハイレベルなボーカルとアイドルの域を超えたダンスパフォーマンスを足して過剰なまでのエンタメ度やしな。

テレビの世界も各局共に容姿と頭脳を兼ね備えた大学教授や女性タレント(女優)を起用し出してる。
圧倒的物量の情報流通時代は過剰過ぎるマルチな才能も適度に中和されて俗に言う『クール』と言えるしな。

競馬もミルコ・デムーロが武豊を「豊さんはナチュラルタレント(天才)です」と表現するボーダレス時代だけにファンも世界的視野が必要やな。

ポロリ‥でも親父はギャンブルで過剰に勝つことはないよな(笑)
せやからせめて過剰に時間を使って予想してみたら?

テツ‥お前も一丁前に毒舌を吐くようになったな。
よっしゃ、そしたら土曜のレースの各馬の過去の出走レース映像を過剰に見まくったるわ。
クール予想が完成するまでゆとり世代はそのへんで「朝生」でも見とけ。

一時間後…


テツ‥お待たせ、今予想神のキツネ様が降臨してベビメタとシンクロしたわ。

ポロリ‥病院紹介しよか?

テツ‥自分で探す。
ってそんな下りいらん!
土曜の阪神メインの出走馬の映像見た限りやと過去にアーリントンを勝ったジャスタウェイと同じハーツクライ産駒のアーバンキッドの末脚が一枚上やな。
単純な馬の強さならヒルノマゼランやけど古川が騎乗することと中一週のローテが気になるな。
展開だけならアーバンキッドと接戦したダンツプリウスも怖いけど阪神外回りでサンデーレーシングでFベリーのアーバンに先着は難しいやろ。
他は阪神第10Rのジュンスパーヒカルかな。
馬券はいつも通りアーバンの複勝。

ポロリ‥俺は中山第10Rのペイシャフェリスかな。



さて、ゆとりデジタル世代と昭和アナログ世代のどちらがクールに勝つのか?

posted by tetsukazu at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

徒然に(16‐2)

前エントリーで日曜日の出来事の写真をアップしたので(藤田菜七子騎手については日曜日の出来事ではなく先日の初騎乗予定日決定の件)ざっとその説明をします。

まずはネット上の写真を携帯で撮影したJRAの新人騎手の藤田菜七子さんの素敵な表情のもの。

彼女のデビュー戦は3月3日のひな祭りの日の川崎競馬場に決定しました。

ボートレースの平山選手を応援したり卓球の平野選手を応援したりオートレースの(故)坂井選手を応援したりバドミントンの奥原選手を応援したりと各ジャンルの女性アスリートへのエールを送り続けていますが(長男は隠れ高梨沙羅ファン)気の多い私にとってはまたまた応援する女性アスリートが現れました。

と、綺麗事を言っているようでアスリートに対するただのミーハーの可能性があります(スナックのお姉さん的にはロリコンとも呼ばれますが…汗)


そして小倉記念の外れ馬券と一緒に映っているのはこれまた現在イチオシのBABYMETALのセカンドアルバム(4月1日世界同時発売)の初回生産限定盤(特典DVD付き)の予約をした伝票です。

DVDが3500円で小倉記念が20000円負けの段階で財布の中が残り7500円になりましたが、『バクチ打ちのはしくれ』としては引き下がるわけにいかず残金全て(電車賃のみ残し)京都のメインレースのワイド2点に突っ込みました(3枚目写真)
軸にした1番枠の馬の鞍上の石川騎手は私がかなりの信頼を置く騎手なので、彼の手腕に託しました。

するとまさかまさかワイド馬券のダブル的中との最高の結果に…(1‐2が450円、1‐3が380円)

そのレースだけで約23500円のプラスだったので、小倉記念の負け分とアルバム代までオマケで回収出来ました。

アルバムは純粋に欲しいから馬券より先に買ったので、馬券でその分を補てんする気まではなかったのですが、ギャンブルで結果を出すのも日頃の何かしらの努力や心掛けなしでは成し遂げられないのだろうから単なる偶然(ラッキー)と片付ける必要もないと考えます。


先週は競馬終わりのサウナ後の帰宅まで道中で身体が冷え切り、この一週間は体調が低下しましたが、日曜日のDVD予約と快心の馬券ヒットで気持ちも身体も回復に向かえそうです。

それにしてもBABYMETALのフロント3人の純粋な眼差しと透き通る歌声は私の心を癒してくれるしサポートする神バンドも最高です(4月1日が楽しみ過ぎる!)
posted by tetsukazu at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徒然に(16)

image/2016-02-22T013A083A56-1.jpgimage/2016-02-22T013A083A16-1.jpgimage/2016-02-22T013A093A30-1.jpg写真のコメントは 次のエントリーで行います。
posted by tetsukazu at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

関係性(2)

前回のエントリーの後も清原元選手の現役時代の薬物使用を証言する元選手が出て来たり、元妻の母親を殺害した後に一歳になる実子を連れ出し逃亡のあげく捕まる奴がいたりと世の中の『くず』争いはし烈を極めています。

かく言う私も勿論くずグループに属しますが、先日しくじり先生に出演していた元『貴闘力』などは5億円はギャンブルで負けておりその5分の1ほどの規模でしかない私の上にはギャンブルくずが恐らく数万人は存在することでしょう。

つい最近、映画『天空の蜂』を観ましたが、国家に意思があるならば「くずの質や数などどうでも良いし替わりはいくらでもいる。そんなことより税金が安定して入ることこそが重要だ」なのかもしれませんね。

書き出しで既に関係性とのタイトルと内容が離れてしまいかけていますがご了解下さい。

以前にも語りましたが、清原元選手やギャンブルで生活を破綻させる人間を指して「意思が弱いし依存心が強いし周囲の迷惑を考えない奴達」とレッテルを貼りがちですが、私の私見では「仕事熱心な奴は仕事依存症だし貯金に熱心な奴は貯金依存症だし彼氏や彼女がいないと耐えられない奴は異性依存もしくは性行為依存だし、もっと言えば毎日食べることは食物依存だ」です。

何を言ってるんだ?
食べないと死ぬではないか?

と反論が来たら、「では、薬物やギャンブルにかかわらないと死にたくなる人間に何とアドバイスするの?」です。


つまり、自らが生きることが最優先事項なら殺されかける瞬間に反撃して相手を殺す行為が過剰防衛扱いされるのは疑問です。

国家にとっては個人の命より法律や国体の存続が優先するのが現実です。
その証拠に第二次世界大戦時には紙一枚で一般国民は戦地にかり出されています。

負けたことで日本が民主主義を獲得したのは皮肉としか言えませんが、志願兵(自衛隊的な)を中心とした戦争準備をいつまで維持出来るのかは国民の覚悟が試されますね。


一旦の総括の意味で今回のエントリーでの別のキーワードとしては「自分自身にとって大切なものは何か?そしてそのこととの距離の取り方や他の優先事項との兼ね合いは?」としてすぐ後にアップ予定のエントリーにつなげます。

因みに、ギャンブル負け後に帰って来た時、夜勤明けの仮眠の後の疲れている状態時にゲーセンへ行くと欲望全開の長男に対して「お前にとって今何が優先なんや」と問うと「睡眠や!安眠妨害やー!」でした(笑)
posted by tetsukazu at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

関係性。

image/2016-02-07T213A323A10-1.jpg北朝鮮はロケットを発射するし福島の中通りは今日も震度3を記録するしニュース材料が尽きることがありません。

そんな数々のニュースの中でも私にとって無視出来ないのは清原元選手の件です。

息子に聞いたのですが、覚醒剤を使用し続けると本来ナチュラルに出るはずの快感物質の伝達システムが破壊されるとのこと。

そうであれば逮捕後の清原元選手は『快』の感情とは無縁の日々かもしれませんね。

写真の通り(340円ついた)私もまたギャンブルを通じてしか快感を得られない体質になっている可能性があります。

それでも清原元選手と異なり離婚時に親権は私の方に残り今でも長男とは同居しています。

更に、清原元選手は現役引退後の銀座等繁華街での豪遊は常にタニマチ(金銭的バックアップを通じてタニマチが対外的に見栄を張れる)無しでは成立しなかったようです。

私も若い頃に一度だけ会社経営者に飲みに連れて行ってもらいましたが(バーテン時代)継続的にバックアップしてもらうことはありませんでした。

清原元選手ほどではないにせよ私も非合法ギャンブルやギャンブル以外の非合法案件にかかわった過去がありますが(今までにもこの場で語った通り)自腹だからこそギリギリ『他者との関係性』に委ね過ぎることなく生きてこれた気がします。

語りたいことがまだまだあるので今回のエントリーは一旦終わりにして続きの記事をアップしたいと思います。
posted by tetsukazu at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。