2015年06月29日

徒然に(4)

昨日は夢だったかも?と思えるほど特別な日になってしまいました。

あれだけ自粛していた「買う」にまで踏み込み、結局悪夢のような競馬参戦からによる放心状態からの飲む買うの嵐には、やった私自身もその勢いに驚きました。

疲れきって帰って更新したブログ記事の誤字脱字の嵐を見てもいかに平静状態でなかったか思い知ります。

そんな落ち込んでいる私を見かねてか同居の長男から「使ってないニンテンドーDSを貸してあげるからしばらくの間シュタインズゲートでもして過ごしたら?と慰めの言葉をもらいました。
そのこともあり今日は朝から支払うものは支払いヒッキーの日々に備え出しています。


そう これは全て妖怪ひきこうもりの仕業です(笑)
あとは妖怪バクツボリンのサイコロのいたずらですね(絶望的な命名センス)

7月5日は恒例の七夕祭りのお世話をします。

今年はダーツ係プラスチキンナゲット揚げ係なの妖怪ハテンコロリンの呪縛を解き、お世話シマシマンとなり活躍の予定です(恐るべし二日酔い。最早ただの不思議おじさん)


ゴールドシップを買ったかどうかは伏せますが、やけに従順な中間気配だっただけにフラグが立ちまくりでしたね。

阪神も東京も先行内枠祭りだっただけに今の競馬は造園課と短期放牧場所の運営者の手のひらで踊らされているようなものかもしれません。

今回の宝塚記念の出走馬の内9割ほどが社台系の牧場との現実を見れば外厩でどこまで仕上げたかが勝負の分かれ目ですね。

さて、昨夜はこの5年間で三度目の年齢当てクイズを敢行しましたが、今回も10才若く見られました。

毎回毎回10才以上若く見られているのでそろそろ本気で若さを自覚してもいいかな?


いいとも!


ん??


ゴールドシップよくよくよするな。

悪評は俺が引き受ける(キリッ!)





反省の深さの分だけ進歩がある by 本田宗一郎


早速、この言葉を短冊に書き込み笹に吊るしました(^_^)v



posted by tetsukazu at 16:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

=意味=

今までの様々なエントリーを通して『意味』について語って来ましたが、どちらにしてもものごの解釈はそれぞれがすれば良いわけであり、意味の解釈も現時点での私独自の視点や観点で捉えて問題ないはずです。


アウシュビツの収容所に入れられた人達にまで「人生の出来事全てに意味はある」を当てはめるのは酷ですが、ある意味ヒトラーを支持した一般国民にも責任の一旦があり、投票行動そのものにはやはり意味があったように思えます。

さて、それを踏まえて考察を進めると昨日という私の一日に意味を求めたくなります。

そして客観的証明は無理であれ意味を見出だす方向で思索し続けて他ありません。


正直昨日の私の一日は出費が20万を超える金額となりました。
それも俗にいう飲む打つ買うだけの出費でした。

恐らく私の人生史上10本の指に数えられる位連続しての出費で一日を終えました。

月曜日の朝まで後数時間ほどですが、『大人の階段』をのぼる途中と考えればこのエントリーで前向きの内容を残すことこそが、私に与えられた役割であり何かにつながる意味です。

昨夜(日曜日の夜)に最後に立ち寄ったクラブでは横についた女性が今時トークで「私って彼氏いるんです」との発言が飛び出しました。
そしてその後に「私ってある生物に似てると思わないです?」と会話が続きましたが、結論から言えば『カエルもしくはポケモンのコダック』が正解でした(当たるわけないし当てる気にもなれません)
しかし彼女は「あっ!それとポニョにも似てると言われるんですが、ポニョってよく見たら可愛くないんですよ‐笑」と更にぶっ込んで来ました。
このポニョ話が私の人生のどのタイミングで意味を成すかは神のみぞしるですがきっと意味が生じるはずです。

ラスト前のバーではスタッフとのカラオケ対決(精密採点)90点オーバーを連発しましたが、客で90点超えの人を初めて見ましたとの嬉しいコメントをもらえましたが。そんなカラオケ対決もまた意味のある出来事だったと将来振り返ることになるのでしょうね。

なでしこジャパンと七夕祭りの準備もあり土曜日の夜から今に至るまで一時間の睡眠のためかえって寝付けずこの記事を書いています。


人生の全ての出来事に意味があるなら何も恐れることはない。
posted by tetsukazu at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

訂正などなど。

まずは前記事の訂正から。
記事の中間位の [周囲がその事実を知ることはありましたでした]のところは勿論、[ありませんでした]です。
お詫びして訂正いたします(誰も見ていなかったら悲しいお詫びですが‐笑)


さて、「自分勝手に生きることで良くなる場合と悪くなる場合」

「相手のことを思いやることで良くなることと悪くなること」



そんなことに思いを馳せるこの数ヶ月間ではありました。


秋元康氏は、海外メディアからの「十代の女性に露出過多の格好をさせるのは問題では?」との質問に、「あれはアートなんですよ」と言い切りました。


また、ゲーマーとして全国的に知名度のある長男曰く「全国一になるような奴は、ほとんどの場合、誰がなんと言おうが自分自身の戦略と戦術を一番だと信じて戦いに望むんやで」と語る。


AKB48の島崎遥香さんもまたアイドルとしては禁句である「イケメンしか好きになれません」と豪語します。


とにかくそれらに共通するのは、一度限りの人生において、人やモノに流され続ける人生は送りたくないとのメッセージなのだと思います。

『社会や人やモノに流されない』

このことはそう簡単に実行出来るわけではありません。


「俺は(私は)一生独身で過ごす」と宣言したところでそれを貫くのは困難です(特に一定以上のスペックであれば)。


そしてそんな人間が「結婚してなければ成功してたのに」と言ったところで誰も耳を貸しません。


先日のAKB48グループの選抜総選挙で16位となった武藤さんは『優魂継承』と旗印を掲げ見事選抜入りを果たしました。

元プロレスオタの私にとっては武藤さんを熱く支持します(大島優子魂を継承するぞ!との意気込みに拍手!!)


私はどこかで闘魂を失っていた気がします。


『己の前に道はなし。己が通った後に道は出来る』 との赤いタオルの大先輩が残した言葉をもう一度噛みしめる時が来ているかもしれません。


飲み屋からの誘いやパチンコ屋のネオンサインやJRAの大量コマーシャルなどに対しても決して流されず己の信じる道を歩めた時に、初めて自分の足で歩いたのだとの自覚が生まれるのでしょうね(己の意思であればかかわりますが‐笑)

長男の独立予定の2年後か3年後まで、長男とはお互いが信頼し合い彼の成功につなげたいと思います。

そしてそれが私にとっては最後に近いミッションとなるでしょう。
posted by tetsukazu at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

このままでは…

以前に、息子の同級生の両親が離婚した後の状況を語りました。
アルコール依存症で奥さんに愛想を尽かされた形になったご主人は体調を壊し会社を辞め、最後は生活保護を受けている最中に孤独死しました。

しかし全く人ごとではなく私もまた既に死んでいるようなものです。
飲み屋通いを控えたことで量は逆に増え、自宅で酒に溺れつつまとまった金が入ると無くなるまで博打をしています。

死ぬ勇気もないので非生産的に日々をやり過ごす毎日です。
きちんと行きかけていた歯医者通いもストップして生活態度はクズ中のクズです。

思い返せば私は小学生の頃のトラウマから極端に友人を作らなくなりました。

当時は銭湯に通うのが当たり前で、その日も同級生と銭湯に行く約束をしました。
しかし私は直前になり待ち合わせ場所に行かなかったのですが、一緒に行こうと言った時の別の約束が仇となりました。
それは、約束相手から言われた「約束破ったら100万円貰う」です。

そして翌日以降、一年以上に渡り私は10万円は下らないお金をとられました。
小学生ながら親の内職を手伝っていた私の小遣いのほとんどはその約束相手に持っていかれましたし私は性格的に親や先生に相談するタイプでもないため周囲の誰かがその事実を知ることはありましたでした。

そして取り立て続けたその男は中三になり生徒会長に立候補し当選しましが、その頃から私は、周囲の人間との距離をとるとの感情が強くなり、社会人になっても私は同僚に心を開くことはなく、麻雀や競馬を通じてのドライな関係作りに終始しました(出身学校名や家庭環境など一切語らない)それだけに職場を離れたり引っ越ししたりがあると連絡を取り合う関係の人間はほぼおらず、以前に語ったように結婚式での私側の友人はゼロでした。

私の前述のエピソードは「嘘ついたら針千本飲ます」と約束して本当に飲まされたような話です。
皮肉なことに離婚事実や博打の負けについては「自ら針を呑む」毎日です。

公営ギャンブルの主催者やパチンコ店の経営者から遠回しに「沢山負けたら針のーまーす♪」と言われているのに一体今まで何百本の針を呑んだことか。

離婚もある意味「 私を幸せにしなかったら針のーまーす」だし、呑み損なった針はムシロとなり上を歩くことに…

アメリカに逆らったら針呑ますと言われていたのに原爆を落とされた昔の日本しかり… 安田記念、フィエロが三着まで来ないとまた針一本か。
posted by tetsukazu at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

お祭り終了。

AKBグループ選抜総選挙が終わりました。

今年はバリバリの元オタクの長男と見ていましたが、長男イチ推しの高柳明音さんが14位となりトップ選抜のメンバー入りしたため我が家は歓喜に包まれました。

その一方で私推しメンである島崎さんと松井さんが順位を落としたのは残念でしたが。

しかし息子と真顔でアイドル談義をするのも良いものでしたね。

そして高橋みなみさん(私の元々の推しメン)の名言は今年も健在でした。


「未来の姿は今日の姿なんですよ!」

「努力は必ず報われるとの言葉がきれいごとな位わかってます。でもやっぱり頑張ってる人達は報われて欲しいんです」


たかみな〜〜!(キュン)


今年も涙抜きには画面を直視出来ませんでした。


選挙後に発表される曲で長男共々、高柳さん 島崎さん 松井さんを応援します。あっ!何気に松村さんも応援しますわ(笑)


やっぱり若者の笑顔や汗や涙には無条件で感動します。


彼女達から受け取ったはずのエールを返せるように私も明日から汗を流さないと…

posted by tetsukazu at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。