2014年12月28日

つながり…

image/2014-12-28T08:38:49-1.jpgうまくアップ出来たかわかりませが写真は昨日の阪神カップの的中馬券です。

阪神JFでダノングラシアスの複勝で2万円負けた時に、今後につながる負けだと語りましたが、実際に今回の勝ちにつながりました。

混戦レースだっただけに自分の直感と分析を素直に信じたことが結果につながったのだと思います。

有馬記念の予想はしていませんが、ワンアンドオンリーと横山典騎手がダービ馬とダービージョッキーとしてのプライドをどうつなげるのかに興味が湧きます。


posted by tetsukazu at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

かろうじて…

離婚後、5年強の間やけくそ状態なのも含め蓄えていた貯金をほぼ使い果たし、貯金ゼロじゃないじゃない生活が続いていましたが、今日何とかその悪循環から抜け出しました。

明日にはまとまった収入が入るのでこれでやっと空白の5年間が終了しました。
私の性格から言っても今後は今までと真逆の経緯を辿ると思います。

とは言え、予想通りクリスマスだけに行き付けの店を二軒梯子しました。
一軒目はいつものスナックですが、毒付いた挙げ句、40分ほどで席を立ちました。
理由は単純なもので、私はケンタッキーのクリスマスチキンを手土産に持って行き手渡した後、飲み出したのですが、即座にママが「ビール一本もらうね」と言って栓を開け、一口飲んだ切り他のお客さんのところに行きその後ビールを口にすることはありませんでした。
結局、40分たって8割方残ったぬるいビール瓶がカウンターに置かれたままでした。

私は「飲ませてねと言った以上はせめて一本の半分は飲んで欲しかったし忙しいのならもう少し落ち着いてからビールを飲ませてと言って欲しかった。とにかく売り上げのことしか考えてないやろ」と捨て台詞を残し、5000円を払い店を出ました。
その後はお決まりのように行き付けのショットバーで17500円のシャンパンを空けそこには一時間ほど滞在して帰りました。

千円のビールが惜しくて帰る人間と思われるのは何とも思いませんが、二軒目ではそのシャンパンを店のスタッフときれいに飲み干しましたし、終始笑顔で応対してくれました。

要は気持ちだけの問題ですし二軒目の会計は二万円前後でも満足して帰れました。

一軒目のお気に入りの子とはしばらく会えなくなるのは寂しいですが、これも自分が下した判断です。

二軒目の店のスタッフの女性は私のブログ仲間が九州からわざわざ出て来て下さった時にも応対してくれたスタッフです。

その女性とはメールのやりとりをするわけでもなく電話番号交換をしたわけでもありません。

そんなドライな関係のくせに今回の来店でのシャンパン注文は実は罰ゲームのようなものでした。
彼女は11月が誕生日なのですが、今年で二年連続誕生日の来店をすっぽかしました。

それでわがままを聞く羽目になったのですが、そんなわがままを聞く気になるのはその女性の魅力のなせる技です。
私はブラックジャックとピノコの関係性が大好きなのですが、シャンパン彼女のピノコ的美学も大好きです。
posted by tetsukazu at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

嫉妬(笑)

ボートレースの最高峰の戦いは、20代レーサーの茅原選手の優勝で終わりました。

ここ最近では、同体スタートからの異次元ターンと評される石野と茅原が優勝戦の5号艇と6号艇だった時点で波乱の要素がありましたね。

太田の3コースカド戦といいそれに抵抗した2コースの井口といいそれぞれがそれぞれの個性を発揮した一戦でした。


そして残されたレースは女子レーサーの頂上決戦です。

ご存知の通り私は平山智加選手の大大大ファンです。
同支部で17才年上の福田選手との結婚が決まった時は衝撃を受けましたが、今日の地上派での彼女のコメントを聞いて安心しました。

「彼は格好良いし一緒にいていつも楽しいんですハート
と語る彼女の幸せな笑顔には嫉妬さえ受けつけないオーラを感じました。

とにかく彼女にそこまで言わせる福田選手は本当に格好良い男なんでしょうね。
あーどうして俺はレーサーにならなかったんだろう(悔)

そんな私ですが行きつけのお店で仲良くしている女性から今日の朝6時過ぎにメールがあり、7時過ぎにメールを返しました。

返信内容は、「ニ択の連続に対して正しい選択をするために、経験を積んだりセンスを磨いたりするのが大事だと思うし社会はそんな要素の磨き合い競争だと思う」みたいなものでした。

人生の中で楽しい時間を作るためにも日々自分自身を磨くんだとのことを先日の送信分を合わせ2回に渡り伝えたのですが、これはこのようなメールを送る私自身に対して言っているようなものです。
そもそも女性にこのような理屈っぽいメールを送る時点で口説く魂胆とは真逆です(笑)
ギャンブルで惨敗した時は「全く楽しくないわ」と思うことがほとんどですが、考えようによっては自分自身を磨くため成長するための私なりの手段と思えれば無意味な行動とは限りません。


とにかく福田選手に何かあった時のためにも男磨きに励まねば(キリッ!)

それにしても祝日の6時過ぎにメールを送るってどういう状況だったのだろう(7時過ぎに返信する私も私ですが…
まさか新聞配達員?(な訳ない)

年末まであと僅か。
貯蓄ゼロじゃないじゃない世帯化して来ている我が家の家計が踏ん張れるかどうかはクリスマスの過ごし方次第です。
飲みに行った場合、本命の女の子だけにプレゼントを渡すわけにはいかないため行くかどうか悩ましいところ。
行かない場合に備えロフトに行き浴槽で光るアヒルでも買っとくか。

posted by tetsukazu at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

ふなっしーの名言。

先日のエントリーで人生の中で心に残った三つの言葉を書き出しましたが、NHKの番組での阿川佐和子さんとふなっしーの対談内容の中に、「これはなるほど」と思える発言がありました。

ふなっしーがあそこまで人気した要因のひとつは中の人の『知性』にあると思います。

そんなふなっしーさん(笑)だからこそ説得力あったのが次の言葉です。


「自分にとっての幸せとは、生きている間にどれだけ楽しい時間が作れたかです」
「そしてそのためにお金が必要であるならば死ぬほど働けば良いのであって、お金はひとつの手段でしかないと思います」


そう言いながら好きなタイプはボンキュッボンの外タレですとナナメ上を行くオチをつけたふなっしーですが、私にとって印象に残る四つ目の言葉候補になりました。

今日の深夜24時25分からNHKでBABYMETALの特集がありますが、私にとっては正に『幸せな時間』になる予感がします。
ひとつ間違えばロリコン扱いされそうな話ですが、私は私のの価値観で生きているので、電通など国内大手広告代理店がリードするマス情報だけに流されるつもりはありません。

ボーカルの魅力的な歌声やバックバンドの秀逸な演奏が融合するパフォーマンスは必見だと思います。
錦織圭にせよ電通などが直接関与していないため今年ようやくスポットライトを浴びましたが、世界の中での評価と国内の評価が解離する例でしたね。

私は昔から東京ヴォードヴィルショーの大ファンなので他の劇団を含め舞台は何十年も観続けています。
それらの時間はふなっしーではないですが、私にとって『楽しい時間』です。

他人は私に対して「スナックに何万もつかってもったいないやろ」と言いますが、擬似恋愛空間とは言えそれが私にとって楽しい時間であり続けるなら自己否定する気にはなりません。

当然ギャンブルもそうですし長かった結婚生活もまた楽しい時間でした。

『ふなっしーと知性』は相反するワードのようでも私にとっては整合性があります。

異形は愛されないと断定出来ませんし、可愛いアニメキャラは三頭身がデフォです。
釈由美子さんなどもよく見ればアニメキャラ体型です。

お金が幸せな時間を作るための手段としては最強の存在であることを否定するつもりはありませんが、常にその先にあるものを見据えながら生きて行きたいですね。
posted by tetsukazu at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賭け続ける男(急)第21話

ここに来て一気に歯止めがなくなり結局いつものテツに戻りそうだが、ギリギリで踏みとどまれるのだろうか。


マサ‥今年こそはと言いながら結局また夜な夜な街に繰り出しているようですね。

テツ‥少しも悪くないわー♪

マサ‥いやいや有言不実行でしょ!

テツ‥少しも覚えてないわー♪

マサ‥あのね、年末のくそ忙しい時期に能天気なおっさんの相手してる暇ないんですよ。

テツ‥約束破った事実はありますっ!!

マサ‥もう今年の流行語シリーズはお腹一杯なんで真面目に競馬の予想をして下さい。
でもその前に、また新しい女の子に目をつけたらしいですね。

テツ‥えっ? Yちゃんのことか?
それやったら誤解や。
メールで「こうしておっさんの話相手をしてくれるだけで99%満足なんやけど、残りの1%の濃いこと濃いこと(笑)」的な内容のものを送ってるだけで健全なもんや。

マサ‥は? どの口がそんなこと言うんですかね。
99%が不純な動機で会話は1%の間違いでしょ!

テツ‥そんなこと言うけど最新の受信メールは「私が成長しているのは間違いなくテツさんのおかげです。これからも私の成長の過程を一緒に歩んで下さい」やで。
まーバレーボールで言うたら監督と選手の関係みたいなもんや。ハッハッハッ。

マサ‥誰もそこまで聞いてないんですけど…
もう女の話はフリません。
それにしても勘違いもここまで来ると国宝もんですね。
もし彼女が成長したとしたらそんな歯の浮いたメールをその辺にゴロゴロいるおっさんに送れるようになったことですよ。

って、どうでもええんで朝日杯FSの予想をして下さい。

テツ‥まだクリスマスのプレゼントをロフトに見に行くとか言いたいことあるけど、そう言うなら今日のところはやめとくわ。

今日のレースは週初めからクラリティスカイとダノンプラチナに絞ってたけど、枠と馬場状態を考えると内目の偶数枠の2番枠を引き当てたダノンプラチナが僅かに有利かな。
良馬場発表やったけど実際は湿り馬場の前走を好走した経験が生きて来そうやな。
例によってダノンプラチナの複勝一点で。
レースまで博打場でウロウロしてたら金がなくなりそうなんで直前まで仕事やら大掃除やらしとくわ。

マサ‥へぇー、テツさんにしたら珍しく自制的ですね。今回だけは何となく当たる気がしますわ。


さてさて大晦日に元家族が勢揃いした時にテーブルに年越しどん兵衛だけにならないことを祈る。
posted by tetsukazu at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

雑感−81

一年数ヵ月前に行き付けの店のお気に入りの女性が退店した時、その店で働く別の女性から「今から始まるんですよ」と言われたことがありました。

その女性にしてみれば、今までは店のスタッフと客の関係だったけれどこれからは違うと言いたかったのでしょうが、それこそが私にとってはときめきや切なさを遠ざける言葉であり、私自身は一人の女性が辞めたからと言っていきなり距離感が変わる方が不自然であり思惑の世界の話に感じます。

女性はリアリズムの世界に生きているということは私の愛読書の著者である動物行動学の学者の竹内久美子さんが再三語っていますが、例えば夫が仕事に出かけている最中に間男が乱入して来て「子供に危害を加えられたくなかったら俺と寝ろ」となった場合は、その間男の言うことを聞く可能性が高いだろうと…

結局、脈々と種を絶やさすにここまで人類が生き延びて来たのはこういったリアリズムの世界が繰り返し起きて来たからだと推測します。

では日本の男はどうかと言うと、第二次世界対戦(日中【支】戦争・太平洋戦争)に突入する直前に国連を脱退するなど『リアリズム』哲学はあったのだろうか?
確かに当時のアメリカの言いなりになり『蹂躙』されズタズタ・ボロボロになったとしても戦争という手段をとらずに守るべきものはなかったのか?

今となっては開戦に踏み切ろうがそうでなかろうが『もし』の世界でしかありませんが、少なくとも陸軍と海軍の軋轢などを見聞きする限り『リアリズム』に徹したようには映りません。

今年の大晦日は私と息子二人に加え元妻も我が家に泊まることになりました。

『リアリズム』とはまさにこんな時に意識することであり、情報が個人化した時の対応こそが未来を決定付けるのだと思います。

別れたからと言って全く疎遠になる必要もないしかと言って復縁を意識する必要もない。
私のこのスタンスは今回の記事の最初に出した、誰かが辞めても私のかかわり方に大きな変化はないとの考え方に繋がります。

この五年の積み重ねがあって今年の大晦日を迎えるのであり元家族の四人がこの五年でそれぞれどう成長したかを試される日でもあります。
最後に私らしくギャンブルの話題を。

朝日杯FSはこの前のJFの傾向を見るとマイルの経験とディープ産駒がキーワードになりそうですね。そうなるとクラリティスカイとダノンプラチナに注目ですね。ボートレースの賞金王は超抜モーターの仲口に注目します。
posted by tetsukazu at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

雑感80の追記。

前記事続き。

それでも楽しみにしている子供達などのことを考えると嬉しい疲れかもしれません。
おぜんざい担当でもあるので前日から仕込み始め納得の出来に仕上がりました。

ボランティア仲間の高年齢化の話をしたので寿命の話を少ししますが、実は日本人の男女共の平均寿命が50歳を超えたのは1947年なんですよね。
そこからの寿命の伸びはすさまじく、67年間で男は30.15歳、女は32.65歳も寿命を延ばしています。

地球の現在年齢が46億歳なので、この67年間の日本人の変化は地球自身も驚くしかありません。
この話はもう少し掘り下げたいのでまたの機会に。

最後に、夜のお店の女の子にラムチャンコスプレ服をプレゼントすると言った手前、全く無視するわけにもいかずドンキに見に行って「これかな」となったのが写真のものです(前記事


posted by tetsukazu at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑感−80

image/2014-12-15T23:59:22-1.jpgダノングラシアスの複勝を2万円買って外れはしましたが、強がりだと思われようと後悔はしていません。
ロカの複勝を買って負けるよりは自分の予想を貫いた結果なので次に繋がると思います。

選挙は予想通りの結果となりましたが、私が繰り返し話題にする貯蓄ゼロ世帯3割と同じ割合の人間が自民党に投票したのでしょうね。

ただ、同じ3割でもピラミッドの上から3割と下から3割の違いがありますね。

私は、昨日は恒例のもちつき大会の主力メンバーだったので土曜日の夜から日曜日の夕方まで休む間なくバタバタしていました。
首筋や腰や手がが尋常でないダメージを負ったため今この瞬間も自分の体でないようです。

とにかく30kの餅をつき終わるまで(2kずつ位×約15連チャン)つきてもしくはつきてのサポート役を続けるので手は真っ赤だわ肩は上がらないわ首はおかしな状態になるわで昨日の夜から今日の朝まで死んだようになっていました。

私の年齢はお察しと思いますが、15年一緒にやってきたボランティアメンバーも60代から70代が中心で80代メンバーもいます。
世間では私はおっさん中のおっさんなのにもちつき大会のメンバーの男の中では下から二番目ですので若手扱いです。

posted by tetsukazu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

不思議なこと。

私はギャンブルをやるので不思議なことに遭遇することが多く、今まで何度も「こんなことある?」という場面があります。

ボートレースで5万ほど負けが込んできて負け分を取り返すため最後に3連単勝負をしたのですが、1号艇の逃げはほぼ決まりで相手も4号艇が濃厚。もし4号艇が3着になる場合は2着は3号艇のみだろうと考え、142 143 145 134の4点を買いました。
6号艇まで買うのは長い目で見て収支に問題が出るのでこのようなケースでも買い目から外すことが多いですね。
ところがいざレースが始まると皮肉なことに最低人気の6号艇が頑張り1−4−6 で道中が進みます。
そんな時私は「負けている時はこんなもんやわ」となり、納得しかけていると不思議なことに最終マークで4号艇が転覆して1−6−3で決まりました。

つまり私はどっちにせよ負ける運命だったのです。

私は運命論者ではないのでこういうケースはたまたまと片付けますが、こんなたまたまは一度や二度ではありません。

そんな自ら運命に翻弄されに行く私にも別の偶然があります。

そんな展開で惨敗して帰宅した直後に知り合いの独身女性から連絡があり、突然足に痛みが走り歩けないので、病院に行くのにタクシーを呼んで欲しいと頼まれ呼んだ後、彼女をタクシーの場所までサポートしました。
タクシーに乗る時も地面から車の中に足を引き摺り上げるような形になるほど大変な状況でした。

そんな依頼を受ける関係でもありませんでしたし、日頃なら丁寧な言葉を使う相手ですが、その時ばかりは「一緒に病院まで付いて行こうか?何かあったら連絡してや」とかなり距離の近い関係性であるかのような言葉使いで接しました。

一般的に生きている人では考えられないような馬鹿みたいな金の使い方をした直後に自宅に帰っていなかったら短時間では飛んで行けなかったので、一分でもタイミングがずれていたらと不思議さを感じます。
彼女の体は心配ですが、おかげで私の中に人の緊急事態に即座に対応する気持ちが残っていることを確認させてくれた一件でした。

外は恐らく気温5℃程度だったはずですが、自宅から飛んで行ったので後からシャツ一枚だったことに気付きました。
確かに10万近い負けは痛いですが、ある意味お金には換えられない経験をさせてもらった瞬間でした。

それにしても博打をする自分と前述の対応をする自分が同一人物なのが何とも言えませんが…

posted by tetsukazu at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

クソゲーを生きる。

多大なる楽観論者の方はこのエントリーはスルーして下さい。




私の長い人生で3つだけ印象に残った言葉を挙げるとしたら次の3つになります。


☆人生なんてクソゲーや

☆世間をなめるな

☆自分の立場を逸脱しないこと



ひとつ目の言葉は長男。
ふたつ目は父親。
みっつ目は私が関与した労働組合の委員長。


どの言葉も私が生きる上で常に念頭に置いていますが、長男の発した言葉はどんな名言よりも本質をついています。

「あいつはクソみたいな奴やな」と言ってる奴だって毎日クソをします。

結局はクソがクソに毒づくだけの話。

どんな綺麗事を言ったって60年関わりのある親を一瞬で失うのと60年かけて貯めた一億円を一瞬で失うのとどちらが悲しいですか?の問いに対して、悲しさのレベルも含めて即答出来る人間は少ないでしょう。

『幸せになるために生きる』という考え方に共感する人間も多いと思いますが、「今を楽しみますか?苦労の末の未来に楽しみをとっておきますか?」の質問に対しての一番多い回答は恐らく「今も未来も楽しみたい」でしょう。

人生の中で時間は有限です。
また今度食事に行こうねと語りかけていたはずの相手が不慮の事故で死ぬ場合もあるでしょう。

私のように、子供達が成人したらやっと夫婦でゆっくり出来ると考えていたら突然「我慢の器があふれました」と通告され取り残される場合もあるでしょう。

絶対がないのが絶対と言ったのは私の討論相手ですが、太陽の膨張現象により20億年後から40億年後位までの間に地球は灼熱地獄になり100%その存在はなくなり残るのはガスと塵(ちり)のみになります。


もう私が何を言いたいかお分かりでしょう。

「人生に夢を持て」と言いますが、私が地球に言葉を投げかけるなら「君は自分がいつか朽ち果てることを知っているの?」
「もし知っているのなら持っている能力を余すところなく発揮して今を精一杯輝やかせて下さい」
「もし知らないのなら何も考えずありのままに活動して下さい」


のようなものになると思います。

私達は幸か不幸か自分達が死ぬことを知ってしまった状態で生きています。
長男が言った「人生はクソゲー」も頑張ろうが頑張るまいが、不確定要素に支配(どこに生まれるか含め)されてしまうこともを指します。
そんな私達の人生ですが、私はこれからも誰かを愛し誰かに愛されることの尊さに幸せの基準を置きたい。

posted by tetsukazu at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

賭け続ける男(急)恋愛編−第7話

結局今年も浮いた話がないまま年の瀬を迎えることになったテツだが、何を思ったか鏡の前から離れない様子。


テツ‥やっぱり男は見かけやで。

マサ‥あの、相当症状が進んでいるようですが、いい薬をちゃんと飲んでますか?
危険ドラッグの在庫がまだあるようなら俺が処分しましょか?

テツ‥あのな、確かに結婚生活中は家族から危険なオッサン扱いされてたけど、脳から自然に出る興奮物質の量だけで売るほどあるわい!

マサ‥はいはい、でもさっきから鏡の前で何をうっとりしてるんですか?
そこまでナルシストでしたっけ。
どうせいつもの店で「格好いいですね」とか言われてその気になってるだけなんでしょ?

テツ‥調子に乗ってもいいじゃないの♪

マサ‥ダメよーダメダメ。
って、ボケが下手過ぎてひねりもクソもない突っ込みになって納得出来ませんわ。

テツ‥まーそー言わんといてーな。
お詫びに競馬の予想でもするから。

マサ‥出目よー出目出目。

テツ‥あちゃ、スベリを伝染させてごめん。豆腐の角で頭打つから許してニャン!

マサ‥???

テツ‥お願いやから帰らんとってくれ。昭和人間の悪ノリと思って許して。

マサ‥あのね。25才の人間でも昭和生まれなんですよ。
ホント昭和に失礼なんでそんな言い方やめて下さい。
とにかく、NUKESとだけ言っときます。

テツ‥なんやそのDAIGO的言い方は。

マサ‥決まってるでしょ。
「飲む打つ買うええ加減にせーよ」に。
テツ‥GOYM。

マサ?????

テツ‥ごめん、俺やっぱ無理の略や。

マサ‥そこまで負けず嫌いなのにどうして博打で負けるんですかね。
そんなことより昨日の夜のこと詳しく聞かせて下さいよ。

テツ‥そーか?しょーないから教えたるわ。
最近仲良くなった女の子が出勤なんでウキウキしながら行ったら同伴相手の客とカウンターで隣同士で座っとったんや。
で、落ち込んだまま家に帰ったら「スーツ姿格好良かったです」とメールが来たんで女心全くわからずや。

マサ‥それで今の今までその姿だと。
大体テツさんは相手の年齢を考えたことありますか?
まさかその日の話の相手をしてくれる以外に何か求めてるなんてことはないですよね。

テツ‥??
えっ?阪神JFの予想教えろってか?
そらダービー時のディープブリランテ並みの自信と陣営が豪語するダノングラシアスの複で鉄板やろ。


テツに春は来るのだろうか。




posted by tetsukazu at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

感動。

私らしくないですが、次男に誕生日プレゼントを送りました。
20才を過ぎた子供達にプレゼントを贈る必要はないと言えばないのですが、考える前に跳べ精神でとにかく行動を先に持ってきて考えるのは後にしようと決めました。

今回は元妻と次男に私らしくない行動を起こすことが出来たので長男に対しても何らかなことが出来たなら私にも少しは人間らしくなれたと自覚する日が来るのかもしれません。


それはそれとして今日はある方から嬉しいお言葉をいただきました。

その言葉とは「あなたがいてくれるからこの十数年平和を保てているんですよ。あなたにかかわりのある人達はそのことにもっと気付くべきです」でした。

私はその言葉を受け心の中で「ありがたいな。その一言で色々なことが全て報われた気持ちになる。こんなにも人の言葉って力を持つんやな」と想いを噛みしめました。

『平和』って当たり前に存在するとかえって気づかないものなんでしょうね。

そしてまた私も誰かのおかげで平穏な日々を過ごせているのだろうなと思わされました。


私は誰かに対してこんなにも力強い言葉を投げ掛けられるのだろうか…
posted by tetsukazu at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

からの…

馬鹿エントリー からの…


前エントリーだけで見ればだだの能天気なおっさんですが、何年間にも及ぶ過去のエントリーを見て下さっている方にはさすがにただの能天気馬鹿だけで人格が形成されていないことはご理解していただけていると信じています。

公言した通り生活改善が進み少なくとも家計上は大きな黒字が続いています。

ただ、昨日はその反動で5万ほど大事なお金をある場所(笑)に置いてきたため癒しを求めていつものお店に行った次第です。

そこではお約束のように私が「彼女いない歴5年なんや」と言うと、女の子も「私も18才から5年彼氏がいないです」と続き、最後にママが「私は8年よ」で締める黄金パターンでした。

嫁に去られ5年の私は、何とか無理やり(笑笑)ギャンブルで気を紛らわせて来ましたが、昨日のように大負けした日は切なくさとやりきれなさと情けなさの感情に包まれます。

そしてそんな時は彼女・彼氏いない連合の会に参加して明日への英気を養います。

昨日のお店にいたママも女の子も女性の魅力に欠けるから彼氏がいないわけではありません(一応いない発言を尊重)

ママはママで20才近い息子さんの良い母親だし女の子は女の子でダンスや歌の研鑽を日々繰り返し夢を一杯持ち過ごしています。

うかつにも私がカラオケ精密採点勝負をしたために墓穴を掘りましたが、韓国の歌手のKが歌った『1リットルの涙』の主題歌を歌い、音程正確率95%を叩き出していました。

ある程度手を抜いてくれての94点なので、やはり本格的にレッスンしている人の実力は半端ではないですね。

ココリコの遠藤が言っていたことですが、もしドライバーの飛距離を伸ばしたいなら飛ばし屋の男子プロゴルファーとラウンドすれば良いと。

昨夜の私もほぼプロレベルの彼女の歌を聞くことで自分も上手く歌える気がしてきたのが不思議ですね。

専門的には『倍音』の出し方で聞いている側の心地よさが変わってくるんですよね。

『ド』の音を口から発声する時にワンオクターブ上の『ド』が微妙に混在しているイメージですが、更にツーオクターブ上の『ド』が混在する場合もあります。
専門的に勉強している人達は胸や口腔や鼻腔で共鳴させるテクニックを持っています。
その共鳴度合いこそが『倍音』を生み出すんですよね。
それら人体器官に「あてる」と表現する場合も多いですが、人もまた天然の音色を生み出し感動を与える存在ですね。
posted by tetsukazu at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬鹿エントリー。

年末のためお許しを。

色々あって昨日の夜も(実際は3時半まで)行き付けのお店で飲んでいてお店が終わって女の子を食事に誘ったのですが、その女の子をひいきにしているお客さんまで着いて来ました。
こんな状況は珍しいことではなくよくある話なのですが、私は夜中におっさんと食事をする気もないので二人を残して「じゃあ僕は帰るので」とさっさと帰りました。女の子は誘った張本人がいなくなりキョトンとしてましたが。

まーでもありがちな展開です。

女の子の立場としては二人のお客さんとアフターすることに抵抗はないでしょうが私にとっては抵抗ありまくりです。

遊び慣れていないのかわからないですが、その残されたお客さんは私が男付きで行くのを敬遠しているオーラを感じとれるタイプでもなく、何のためらいもなしに三人で行こうとしていました。
でもその女の子にとってそのお客さんは色々な意味で応援してくれる人のようなので結果的にアシスト役になって良かったかもしれません。
私の方は、その女の子と面識が出来て三年になりますが、番号交換もメルアド交換もしていないのですから。

お店にいる時も私がその女の子に「お前」とか「こいつ」とか連発しているところをそのお客さんから「お前は失礼ですよ」とダメ出しを喰らい続けていたのですが、ママが女の子に「こいつ」と言った瞬間に私は「今のはアカンやろ」と女の子に言ったら、そのお客さんは「ママとの人間関係だから許されるんですよ」と突っ込みを入れて下さいました(笑)

当然私は「真面目かよ!」と突っ込み返しましたが、その後も私はSキャラ全開の女の子に「どうせ二人になったら、男の後ろから、私はだーれだ、とか言いながら目隠しとかするんやろ」などとキャラ崩壊に向けて攻撃を連発し、おでこに「このー」と言いながら人差し指で突いたり、ほっぺたを膨らませさせたところを両手の人差し指で突いたりしながら楽しんでました。

閉店時は、「ごめんね、好き勝手やって」と女の子に伝えたら「気にしてないから」と答えてくれました。

私のツンデレキャラはいつも通り貫きましたし女の子に対しては、「彼女候補はたくさんいるじゃないですか」と言われて嬉しかったよと最後に伝えました。
実際にほぼプロ歌手の彼女と精密採点対決で94対88で惨敗しラムちゃんのコスプレ衣装をプレゼントすることになったのは余談ですが、ハイレベル?なツンデレ合戦は楽しめました。
posted by tetsukazu at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。