2014年10月26日

賭け続ける男(急)第15話

テツは今、物事に本気で取り組むことの出来るラストチャンス状態だとは気付いているようだが、何に対して本気になるかとの葛藤はあるようだ。


テツ‥やっぱり智加りんは女子戦やとモノが違うよな(独り言)

マサ‥はいはい、テツりんはいつも陽気で天真爛漫でちゅね。

テツ‥おっ!マサ、おったんか?

マサ‥ええ歳して智加りんとか言ってたら息子さんから愛想尽かされますよ。
丸亀で平山智加が優勝寸前なのは知ってますけど、智加ちゃんの旦那は同じオッサンでも現役のボートレーサーでテツさんの年収を軽く超えてます。
今のテツさんなら吉本のごめんやっしゃおいでやっしゃのオバサンにさえ相手にされないですよ。

智加ちゃんは同じ香川支部の福田選手の誠実さと熱心さに惹かれて一緒になったんですからテツさんも人生に本気で取り組んまないとね。

テツ‥まーそうやけど智加りんの収入の何万分の一に俺が負けた金が含まれてるはずや。彼女にもっともっと魅力的になってもらうためにも俺はもっともっと負けるでー

マサ‥あのね、それってAKBグループ総選挙で大量買いするオタクと発想が一緒ですやん。
そう言えば智加ちゃんが最近、SKEの松井Jに見えるとか言ってませんでしたっけ?

テツ‥もーええ、お前のダメ出しで今年も腹一杯や。俺はこれでも『飲む打つ買う』のうちの『外で飲む』は我慢してるんや。そのおかげでとうとう元嫁以外からのメールはなくなったわ。
そんな元嫁のメール内容も「何かとものいりなのよ」的なノンロマンスワードしかないし。

マサ‥そうですか。結局五年かかってひとりの女性もものに出来なかったんですね。
とりあえずは菊花賞で勝って元の奥さんに帰省費用でも送ってあげたらどうですか?
情けは人のためならずと言うでしょ。

テツ‥で、結局負けて逆に俺が借りるっていうオチなんやな。
よっしゃ、わかった。菊花賞で買った金の半分を夜の丸亀優勝戦の智加りん頭の舟券に突っ込んで残りの半分は今まで世話になった奴らに配るわ。

マサ‥只今ご紹介にあずかった世話した男です(笑)

テツ‥はい、大阪名物のフリボケおおきに。
まーええ、最低倍にはなる予想するわ。狙いは母父がデルタブルースの血統に通じるサウンドオブアースで馬券は複勝一点かな。春先の連戦やなく休養明け二戦目やし内目の4番枠も有利やしな。


テツは、自分以外の人間を大切にすることこそ自分の幸せに繋がることに気付けるか。


posted by tetsukazu at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

賢者・愚者・ただのバカ。

「賢者は歴史から学び愚者は経験から学ぶがただのバカは何からも学ばない」

よく言われる教訓をまとめるとこんな感じですかね。

マルチタスクとはコンピュータ(ー)用語で同時に複数の作業をこなす的な意味合いのようですが、実際には優先順位をつけた上で優先度が劣る事項はスタンバイモードになったりするようです。

では人間の脳は?となると、車の運転などはマルチタスク的な要素なしでは事故の連続になるでしょう。

ただ、人間がマルチタスクに適応出来るのかについてはネット上や識者の中でも議論されているようなので、参考になる意見をこの場に示してみたいと思います。


☆脳で使われる物質やエネルギー等は、環境から与えられる資源が元になっているのは当然だが、その上限は遺伝的に決まっている。だから最大限の資源が与えられている時、脳の特定の領域を複雑化するなら別の領域を単純化する必要がある。つまりトレードオフの関係が成立する。従ってマルチタスクによって脳の領域を複雑化すると脳の前体状皮質が単純化しその結果、感情のコントロールや意思決定・共感・報酬への反応が弱まる。
つまり、現代社会の生活に適応すればするほど自分で思考することが少なくなり他者への思いやりが薄い利己的な歯車人間になってしまう。
ただ、それが良いことなのか悪いことなのかはわからない。しかし、もしそれが悪いことであるなら今後の社会に様々な齟齬(そご)が来されるだろう。



以上が私が「なるほどな」と感じた意見です。
私のようにギャンブルをする人間は時にして我を忘れる場合がありますが、それは脳の特定の領域を使い過ぎた際の反動かもしれないし人間として己の脳を利用する限り常に限界との闘いが続くのでしょうね。

株の取引でもアルゴリズムなどを利用して機械的に売買を繰り返す方法がありますが、それは正に人間の脳の限界を熟知した上での知恵なのでしょう。

アメリカのカリスマ投資家は「絶好球であるど真ん中のストライクが来るまでバットは振らない」と言い切ります。
多くの一般人はギリギリのストライクどころかバットの届かないようなくそボールを大根切りして空振りの三振になります。

「冷静かつ大胆に」とか「慎重でありながらも積極的に」とか言われていますが、もし脳の機能的に同時処理が無理ならばタスク(仕事・目的事項)前の準備の重要度は計りしれないですね。

posted by tetsukazu at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

生きてることが辛いなら…

森山直太朗の歌に『生きてることが辛いなら』がありますが、この歌の歌詞には私がこのブログで再三語って来た言葉が含まれています。


何にもないところから

何にもないところへと

何にもなかったかのように

巡る生命だから

生きてることが辛いなら

嫌になるまで生きるがいい

歴史は小さなブランコで

宇宙は小さな水飲み場

生きてることが辛いなら

くたばる喜びとっておけ


『何にもないところから…』の部分は私が語って来た言葉の内容とほぼ一致するし古今東西の思想家・哲学家も似たようなことを言っています。

人間は自分自身のあまりの小ささにがく然とすると同時に、自分自身に降りかかる苦悩の大きさにつぶされそうになります。

そんな状況の中、人間は日々、矛盾や理不尽さと葛藤しやり過ごしながら生きて行くしかありません。

あんなに好調だったドイツ経済も永遠の右肩上がりではなくなって来そうだし新社会主義的なフランス経済は破綻寸前です。
シングルマザーへの手厚い補助政策を日本も学ぶべきとされていましたが、結果的にはそういった社会政策が国の経済を追い込んだとも言えます。

そうなると世界はアメリカに代表される純粋資本主義だけが唯一の経済体制になるのですが、アメリカは民間の力が強すぎて貧富の差を容認する状況を作ることになるので、弱肉強食で自存自衛の生活を受任するしかありません。

「幸せになるのは自由だけど、そうなれなくても文句言いっこなしね」みたいな社会ですね。

オバマ政権で保険制度改革はしたものの実際には「皆さん民間の保険に入りましょうね」と呼び掛けたにすぎません。

日本の国の今後の社会保障制度も『フードチケット』や『ベーシック・インカム⇒一切の社会保障を廃止して国民全員に月々一定金額を支給する』など真剣に検討する時期が来るかもしれません。

前置きが長くなりましたが、今回私が言いたかったのは「今後、人々が死にたいと思うほどの理由になるのはお金の問題しかない」ということ。
言い方を変えれば、「金以外の悩みを聞いてくれる暇な奴などいなくなる」となるし「金の悩みも自分で解決しろ」でしょう。

『優しさに包まれて』などの歌詞が共感を呼ぶ時代はもう来ないかもしれないですね。

元妻は今この瞬間も人生への絶望と葛藤しています。
私は「最大のピンチとの表現は子供達のピンチの時までとっておいて下さい」と声をかけるのが精一杯です。
posted by tetsukazu at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

賭け続ける男(急)第14話

何だかんだと言いながら寂しがりやのテツなのに、ここ最近はひとりの生活が苦にならないよう。一体何があったのだろう?


マサ‥最近、めっきり人の居るところに寄り付かなくなったみたいですが、いよいよひとりで生きて行く決意が出来たんですか?

テツ‥血の循環がええと寂しくなくなるんかなー?

マサ‥ん? まさか危険ドラッグに…
清水健太郎でも再婚したんですからテツさんもそろそろ遵法精神で生活して下さいよ。

テツ‥いやいや、すっぽんパワーの威力は半端やないな。
ちょっと高くつくけど、首を伸ばした状態のすっぽんの写真を見るだけで元気になれるし自宅で朝から晩までひとりでいても何の寂しさもないわ。
それにしても人生なんて何がきっかけで変わるかわからんな。
肉体の健康と心がつながってるのがよーわかったわ。
夜な夜なスナック通いしてる奴はやっぱりパワーが低下してるんとちゃうかな。

マサ‥そしたら俺がマムシとオットセイのサプリメントでもプレゼントしましょか?
でもそれって、朝一番にトマトジュースとグレープフルーツジュースとお白湯と青汁とココアを飲んだら元気一杯的な話と一緒で、「全部飲んでどーすんねん!」みたいなもんなんで、これ以上欲は出さないで下さいね。

テツ‥忠告どうも。心配せんでもこれ以上金かける余裕ないし、俺の中で博打より優先順位が上に来るもんが出来たんは久し振りやし暫くはすっぽん一位、博打二位で行くわ。

マサ‥さすがテツさん。日本中探してもそんな優先順位の人間はいませんよ。
ただ、ランクダウンしたとは言えまだ上位にいるわけですから今日の毎日王冠の予想位は出来ますよね。

テツ‥やっぱりそう来たか。
そんなこともあるかと思って出走馬を見てみたけど一長一短のメンバーやな。

ただ、東京1800m芝は外枠からの発走は馬なりで位置を取るしかないんで大外枠のワールドエースやそのすぐ内のロゴタイプには厳しい展開になりそうやな。

俺が注目する馬はダイワマッジョーレ・サンレイレーザー・スピルバーグ・ダークシャドウの4頭やけど、真ん中の偶数枠8番のスピルバーグが東京実績もあり有力かな。
デビュー当初はフェノーメノやゴールドシップと勝ち負けを争っていた馬なんで世代的にもこのメンバーでは上位かな。
馬券はいつも通りスピルバーグの複勝で。恐いのはやっぱりダークシャドウかな。


さて、テツにとっての来月の優先順位はどうなのだろう?
posted by tetsukazu at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

賭け続ける男(急)第13話

今回の誕生日に強い決意をしたテツだが何を守り何を裏切る毎日なのだろうか。


マサ‥えらい気合いを入れて誕生日を迎えたようですけど、今まで気合いだけで終わるケースばかり見て来ている俺にしたらまだまだ信用出来ないですね。

テツ‥はいはい、マサちゃん。
人をしないと誰からも信用されないでちゅよ。

マサ‥やっぱりバクチ熱の影響って恐いですよね。
デング熱の何百倍の威力がありそうですね。
おじさん、良いお薬出しときますからお利口さんにして飲んで下さいね。

テツ‥そーか、マサもいよいよ俺に愛想尽かせたんかい。
秋葉原に車で突っ込んだ加藤の弟は、マスコミに終われた挙げ句、やっと出来た彼女の家族や彼女本人から見放されて自死を選んだんやで。
お前にまで見放されたら俺も死んじゃうからな。

マサ‥あのね。テツさんがやって来たことで大変な人生になっているならそれは自業自得でしょ。
昔テツさんが入院した時に、一瞬早く面会に来たのが前の奥さんで、当時付き合っていた彼女が面会に来た時に彼女を帰らせたのはテツさんでしょ。
結局別れることにはなったけど、人の運命なんてそんな些細なことが左右するんですよ。
確かにこの5年のテツさんを見てるて可哀想な面はあるにせよ誰かのせいにしてるような気がしますよ。

俺が知ってるテツさんはもっと強引に自分の人生を切り開いて来た気がしますよ。
「死んじゃうもん」なんて眠たいこと言ってないで俺を男にするために夜中にミナミの街に繰り出してくれたテツさんのバイタリティーを取り戻して欲しいです。

今回の計画が順調に行ってるかなんて野暮なことは聞きませんからとにかくスプリンターズステークスの予想をお願いします。
テツさんに一番危険なのは無気力になることだと思いますよ。
テツさんはいつも言ってるじゃないですか「たかが…されど…」と。
「たかが決意、されど決意」だし、「たかが男、されど男」だし「たかがお金、されどお金」だし「たかが人生、されど人生」ですよ。

テツさんが来年の今頃まで「たかが一年、されど一年」と思えば良いだけですよ。
そして、たかがマサですけどされどマサって思ってくれるなら俺はテツさんを見放しませんよ。

テツ‥ううっ… 泣きながらでも予想するわ。真ん中の9番枠から前と後ろを見ながら仕掛けるストレイトガールの複勝一点かな。


どうやらテツは誕生日のお祝いメールをくれた女性巡りの日々のようだ。
posted by tetsukazu at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。