2014年08月31日

悪魔の証明。

STAP細胞の検証実験が『悪魔の証明』だと言われているらしいですが、ネットでの悪魔の証明の解説を見る限り、私達の実人生でも悪魔の証明的な側面を感じます。

何かがあることを証明する場合は対象になるものを探し出せば良いが、何かがないことを証明するには全ての範囲を探し出す必要がありそれを悪魔の証明と指すのが一般的だそうですが、何かがあるとの前提で探し出すのも大変だとの説もあり、前述の検証実験も「ある」「ない」のどちらの証明のための実験せよ困難なことに違いはありませんね。

悪魔の証明の話は、月の裏側にはウサギが存在するかしないかの例を出す場合もあるようです。

その結論を出すためにはどちらかを証明をするにせよ地球人が月に行き、くまなく見てまわる必要があります。
ただ、もしそうしたとしてもある地点を確認したすぐ後にそこにウサギが現れる可能性を否定するわけには行かず、どちらの証明も実質は不可能だと結論付けるしかなく、「いるかもしれないけれどいないかもしれない」としか言えなくなります。


と言うわけでそんなことは実社会で山ほどあります。

結婚する相手を目の前にして「この相手と一緒になると幸せになるかもしれないけど不幸になるかもしれない」とは考えないですが、実際は『悪魔の証明』にかかわることの覚悟が必要なのかもしれないですね。
そうであるならば2年や3年で成功・失敗の判断をするのは早急だし、相手の良い部分を引き出せない、もしくは気付かないまま結論だけ下したかもしれませんね。
ギャンブルについても「勝つことの証明」なのか「負けることの証明」なのかで取り組み方も違うだろうけれど、そもそも結婚にせよギャンブルにせよ「証明」がどうとかの理屈抜きでかかわることがほとんどだと思います。
それだからこそ「理屈」の部分にしっぺ返しを喰らうことがあるだろうし、真摯な態度・姿勢がないと自己責任を回避することになり他者にまで悪影響を及ぼすことがあり得ますね。

(故)笹井芳樹氏や歌手のASKA氏を見ていると、「強さ」と「弱さ」が隣り合わせであることを感じます。
両人にとっては、家族への責任と自身の気持ちとの葛藤があったと推測はしますが、客観的にはその人間がとった行動を見て判断するしかありません。
彼らは行動を通じて『人間の弱さ』を身を持って証明したのか?
「己の下した判断は間違いかもしれないが間違いでないかもしれない」に結論は必要ない。


posted by tetsukazu at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

上善如水。

プロギャンブラーのノブキさん(現在は国内での講演等中心)が、とうとう著書を出版しました。

私のブログにコメントを下さったこともあり気にはなっていましたが、有言実行の代表的人物ですね。
リンク先のけん♂さん(けいけん豊富な毎日)も雑誌に担当ページを持っていますしギャンブルに親しむ人間の中にもしっかりとした考えを持つ人物はいます。

「上善は水の如し…老子」もノブキさんがピックアップする言葉なのですが、理想とされる生き方は、@柔軟さA謙虚さB秘めたる力強さ の三つの要素を中心としたものであるとの意味になります。
やはり漢字のルーツである国の偉人が残した言葉だけに含蓄がありますね。

「勝負にこだわるな、準備にこだわれ。」とも語るノブキさんですが、それも実践となると簡単ではありません。

私自身、競馬にせよボートレースにせよ勝負する日や勝負するレースの前に、一冊のノートを埋める位の準備をします(ボートレースの予選最終日であれば予選道中の成績やモーター気配などを一人一人ごとに書き出し全選手の全12レースのうちで勝負気配の高い選手を抜き出し、更にその選手に展開が向くレースを抜き出し、結果として12レースのうちひとレース程度しか勝負しないことも多い)。

たかがギャンブルですがされどギャンブルです。

私がギャンブルに親しむ理由は複数ありますが、俗に言う「飲む・打つ・買う」の中で、使ったお金が戻るもしくは使った以上のお金が入るような性格があるのは「打つ」だけです。
ただその反面、準備もなしにかかわるとこれほど危険なものはありません。

公営ギャンブルで極端に勝負レースが少ない私のスタンスも冷静に考えれば当然な行為なのですが、「飲む・買う」やゴルフや宝くじなどと同じ感覚でやる場合は運任せで毎レース100円券一点買って満足感は得られるのでしょう。

ただ、それでは毎レース20円〜30円のテラ銭をとられるだけで、賭け手側が自らトータルで勝つ確率を減らしているだけです。

公営ギャンブルに関するブログをやっていたりそのブログに訪問したりする場合、「推理する楽しさや白熱のバトルに胸踊らすのが本質であり、のめり込む奴は愚か」と述べる人も多いので、私などは異質な存在に映るでしょう。
それでも「水の如く」留まることなく流れ続けたいと思います。
そしていつまでも澄んだ水でいられる自分でいたいですね。
posted by tetsukazu at 04:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

異次元生命体?

昨日ふとラジオを聞いていたら「え?まじで?」
と心の声が身体中にこだました。

それは、シンガーソングライターでもある女性パーソナリティーの発した言葉なのですが、「女同士で会うと、前日の夜の営みでの彼氏の行為の一部始終を会話仲間に伝えるのが普通ですもん」
もし彼女が自分の友人を紹介することがあった場合は、「あーあの性癖の彼ね。位のことは思っていると覚悟した方がいいですよ」
との内容でした。

おいおい、そんな内容で疑問もなく会話が成立するんかい!?
消費税がどうとか広島の土砂災害が大変ねとかの話はどこ行くんや!!

そのラジオでは前日も女子大生が、「バイトで稼いだお金は韓国のアイドルグループのコンサートに使ったり旅行に使ったりしてます」と言っていたし、「この前広島に男女4人で旅行に行ったけど運転手役の男の子と男女関係になることは絶対ないです」と語っていました。

それに対して別に文句はありませんし「若いってええなー」とさえ思いますが、「運転手役の男の子はただのチビですよ」に至る下りは少しだけその男の子が不憫に思えました。

やはり前述の夜の営みぶっちゃけエピソードも運転手役の男の子に対する扱いもどこかで共通する要素があるように思えてなりません。

今年上半期の出生数が50万人を割ったそうで、このペースで推移すれば年間100万人割れもあるかもしれないとの危惧が持たれているようです。

そんな記事と私が今日書いているエピソードと照らし合わせると妙に納得してしまいます。

そら昨日の夜の性行為の一部始終を他人に語る奴なんかと結婚する気にはならんよな。
とは言え私も結婚前に元妻の男友達から直接「どうして彼女に手を出さないんですか?」と言われて「何でお前にそんなこと言われなあかんのや」と思いましたが、結局は結婚して結局は離婚しました。
今の若者は私なんかよりその点は賢明なので地雷は踏まないのでしょうね〔勿論、元妻が地雷と言ってはいません
(^。^;)〕

「デートで女に金出さすなんてケチくさい男よね」と語る女性に「そもそもそー言うお前がケチやろ」と突っ込みたいところをぐっと抑えたとしても日本の国の男女のあり方のいびつさは解消するように思えません。
無理して借りた金をデート費用に使う男より、無理なもんは無理とはっきりと言える経済観念を持つ男が評価される時代が来ることを祈りご挨拶といたします(なんじゃこの終わりかた♀>♂)
posted by tetsukazu at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

未来は僕らの手の中に。

カイジでお馴染みの『未来は僕らの手の中に』との言葉は物語上の架空の概念ではなく、現実を表したフレーズに思います。

未来が手の中にあるということは、握った手を開くとそこに未来が見えるということです。

例えば、給料日に1ヶ月分の食料を購入する人間が居たとします。
握るその手の中には誰かに援助を受けることもなく1ヶ月後に食にありつけている未来が入っています。

もし私が余命1ヶ月ならば手の中に入れておく内容は厳選するのでしょうが、現実の私はそれ以上生きる保証も無いのに要らない要素が満載です。

そして要らない要素は今すぐにでも見つけられるしそんなものは今すぐに手の中から排除するべきでしょう。

では、排除するべき要素とは?

例えば『必要以上の見栄』例えば『時間の浪費』例えば『常識外れのお金の浪費』例えば『他者を犠牲にしてまでも得る己のみの快楽』例えば『圧倒的な能力を身につけるなどの理想の追及を怠る精神』などなど。

見栄を張らずに正直に生きて行くのが理想なのですが、女性が化粧したり時には買いたくもない流行りの服を身につけるように、男だってどこか自分を見失い無理しながら生きて行くように思います。
そして気がつけば自分が望む未来が見えなくなってしまい手の中にあるのは与えられた欲望だらけになっています。

冷静に考えると私には息子が二人いるわけでありもし二人が結婚すれば子供が生まれる可能性もかなりあります。
普通に考えるとそんな未来像が手の中に入っていて当然なのですが、それは残念ながら現状の私が握る手の中の未来に大きな像として映っていません。

とにかく、一時間後も一日後も一週間後も全て未来です。
朝まで寝ないと明日一日が辛くなること位の想像はつきますし寝る寝ないは個人の選択に委ねられます。
そのようにどう考えても個人にとっての未来は自分自身の選択に左右されるはずだし、時には命さえも左右する選択もあるでしょう。

望むべき未来にある程度の範囲があるのは当然として、大人であればその範囲位は最低限設けておくべきでしょうね。
誰に何と言われようがギャンブラーとして人生を全うしようとしていた私ですが、ボートレースの世界では『常識外れのフライング』との基準も生まれました。
いくらギャンブラーでも『常識外れの未来』が握る手の中にあるならば私の中に残る常識の力で排除するのがそれこそ『常識』かと…
posted by tetsukazu at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

賭け続ける男(急)恋愛編−第5話

テツの恋愛一人相撲がまた始まったようだが…


マサ‥一体何の用なんですか?競馬は昨日で終わってますけど。

テツ‥誕生日…

マサ‥あーなるほど、ふなっしーとかちっちゃいおっさんとかのゆるキャラの誕生日を祝いたいからプレゼントの送り先教えくれですか?

テツ‥あのーそうではなくてー何と言うかー
ここにおるオッサンとあそこにおるねえちゃんの誕生日が近過ぎてー
マサ‥はいはい、おこちゃまオジサンの毎年の恒例行事ですね。
でもどうしてテツさんの知り合いの女性はみんな秋に入る頃から数ヶ月の間に誕生日が来るんですか?
それも毎年数が増えて来てる気がするんですけどその何人かへのプレゼントと食事代だけで年末までの稼ぎがいつも飛んでませんか?

テツ‥さすがにマサやな。俺の懐に優しいのはお前だけや。
でな、今回のことやけど9月の俺の誕生日にニューカマーの女を食事に誘ったんや。
ほんでその誘いに対しては気持ちよく応じてくれたんやけど、しばらくしたらその女から「私、8月が誕生日なんです。食事に連れて行って欲しいな」とメールが来たんや。
でもな、それに応じて食事に行ったら食事代とプレゼント代とその後に行く同伴の店代入れて安くて4万はかかる。
その金って独身の1ヶ月の食費分やん。それで「そらそやな。Mちゃんの誕生日が優先やわな。そしたら来月の予定は白紙にして今月行けるか調整してみるね」と返信したけど、今月も来月もやめとこと思てるんや。

マサ‥はぁーっ、相変わらずですねテツさんは。
お互いの誕生日位で音を上げてたらそれ以降男女としての発展は全く望めませんね。
いっそニューオカマーの誕生日でも祝ったらどうですか。
因みに愛人契約の相場って知ってますか?

テツ‥一回のデートで手当て込みで5万位か?

マサ‥甘い、それは援交価格です。
愛人契約は普通月単位で最低金額でも30万円。
それで毎週会うとは限らず月に1回〜2回の場合も。
それを考えると結婚前提で付き合わない女性と会う機会に4万〜5万つかうなんて安い方ですよ。
今どきパチンコでも4万〜5万はかかります。
あとはどの程度の見返りを求めるかですね。個室ビデオの『金太郎』で支払う千円の何十倍もの見返りが無いなら考えた方がいいですよ。


テツには昨日息子から札幌記念の馬券の相談があり、息子は結局ハープスターの単勝で勝ったらしいが、そんなプライスレスな幸せにテツはいつ気づくのだろうか。

posted by tetsukazu at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

綺麗事かもしれないけれど。

カイジを読んだことがある人間(息子二人には必読書として半強制的に全巻読ませた)には伝わると思いますが物語の途中で、「子供の頃から受験戦争を勝ち抜き社会に出たら出たで出世競争があり、寝食惜しんで努力し続けて30代になりやっと蓄えた金が1000万や2000万なんだ」のような台詞が出て来ます。

それは、カイジを含め自堕落な生活を続けて来た人間に対しての台詞だったのですが、エリートの行き着く先が愛人を作ることだったりした場合には自堕落な生活の中身と大差ない気もします。

フラワーカンパニーズの名曲『大人の子守唄』の歌詞は、「子供の時は必要なかったのにどうして大人はお酒がいるんだろう。子供の時は必要なかったのにどうして大人はセックスがいるんだろう」で始まり、「大人にはどうしてロックンロールがいるんだろう …どうしてもロックンロールがいるんだよ」で終わります。

吉田拓郎が『落陽』を歌い続けるようにフラワーカンパニーズもこの歌を歌い続けるのだろうけど、『大人』に何の疑問を持たない者はそんな歌詞に共感もしないだろうし死ぬまで『大人』のふりをして生きて行くのだろう。

ロックンロールの語源については諸説ありますが、私は「揺れながらも転がり続ける」と解釈します。

私は、このブログ内でも楽観的な言葉を発したり悲観的な言葉を発したりを繰り返しながらその時々の想いを連ねて来ました。
そして恐らくこれからもそれは変わらないでしょう。

財布の中に100万入っていたその一週間後に100円しか残っていないなんてことは当たり前のようにありましたが、だからと言って精神が崩壊したわけでもありません。

『大人』の定義は人によって異なるでしょうけど、スナックで頻繁に同席する男性は「大人とは諦めることが出来る存在」と語ります。
そう言いながらも既婚者なのに「男は皆ハンターなんですよ」と言いながら嫁以外の女性と夜遅くまで飲む男なので彼もまた『大人』になりきれていないのかもしれません。

私は子供の頃から母親が「晩ご飯の時間やで。いつまで遊んでるんや!」と呼びに来るまで遊び続けていたし今に至るまで変わりありません。
それどころか母親も妻も不在の今は、そのまま世が明けるまで遊び続けます。

エリートの行き着く先が努力の末に人一倍快楽を得ることであるなら先に快楽を得ることと順番が逆なだけと良いように解釈してみます。

=遊びの時間は終わらない=
posted by tetsukazu at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

一円を笑う者は。

知り合いの男性がある時に「なんで女って大事なことを忘れても、うっかりしてたで済ますんかな。給食費の引き落とし口座に入金し忘れたなんて俺には信じられん」

この話は奥さんのうっかりミスを語ってのことなのですが、これをいつもの知人に話すと「そんなもん自分名義の口座だったなら奥さんのせいにしたらあかんやろ。手形に例えたら自分の会社の存続問題やで」との反応でした。
知人は食費等一部を除き全て自分自身で金銭管理しているし「旅行や遊園地やブランド物やグルメやらに主な興味がある女に金銭管理なんか出来るわけない」と言い切る男です。

資本主義社会の恐ろしさにも熟知していてコーヒー単価200円以上の店にも入店しないしギャンブルやスナックなどもってのほかだし女性へ奢る行為も「利益供与もしくは贈与にあたるのに大した見返りも示さずよくも平気で奢ってもらうよな」です。
離婚して親元に帰りその実家にお金を入れない娘さんに対しても「贈与を受けている意識はあるんやろか。ただ飯をよく平気で食べられるよな」です。


知人は続けて、「本来であれば理性を武器に欲望をコントロールするべきだけど、強欲と化した資本主義のメインプレイヤー(大手企業や国民の幸せや命などお構いなしに税金をぶんどる国家権力等)の圧力に対抗するには個人の理性など竹槍と同じ」


では理性に変わる武器って?と聞くと、「稼ぐ金までは規制されへんのやから一旦入った金を一円でも多く手元に置いとくことや。それは理性とかいう高尚なもんやなく、金をなめたらあかんという気持ちを心の奥底まで叩き込むことや。それは理性とかやなく執念やし自己防御に徹すると言うことや」

やっぱり一円を笑う者は一円に泣くとの格言は今の時代も生きてるんかな。
と私が問うと


「そうや」


私は以前この場で、「欲望を喚起して来る勢力に屈する奴はやっぱりドMなんやろな」と語りました。

自分発信では決してないあらゆる快楽を通じて一円残らずむしりとられてもへらへらしているのは客観的に見て意思さえ削がれた奴隷状態。

奴隷が奴隷でなくなったのは自分自身の意思により自由を行使出来るようになったから。

それが、誰のために虎の子のお金を捧げるかが自由の行使になっているのなら自由の無駄使いです。
父親からは「世間をなめるな!」との言葉を引き継いだけれど、私は子供達に「一円をなめるな!」と言えるだけの説得力を持てるだろうか?
posted by tetsukazu at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

映画『告白』。

息子二人と私が集まっての年に二回の恒例の夜通し遊ぼう会ですが、今年は二人が仕事先(次男はバイト)からの直行だったのでゲーム機は用意出来ませんでした。
で、仕方なくポーカーと三人麻雀で遊んでました。
ただ、次男は不完全燃焼だったようでこのまま長男の家に行ってゲームをしようとかボードゲームの『カタン』を買いに行ってやろうとかラウンドワンでボウリングをしようとか次々と提案が出ましたが、結局二人共眠りにつき横で寝ています。
考えてみたらそんな20歳を過ぎた息子と私の関係は私と息子だけの関係でありそれがまさに歴史なのでしょう。
そんな中は少しは真面目な話もしましたが、次男に対しては日本映画チャンネルで見たばかりの映画『告白』の感想を語りました(以下ネタバレあり)。



この映画は、松たか子演じる主人公が愛する男性との間に子供までも授かったけれど、その男性はHIVのキャリアであり、男性は自分の子供を抱くことも主人公とも結婚生活を営むことも断念することに…

そんな状況の中で、担任するクラスの生徒二人に愛する娘が殺されるとの更なる悲劇が悲劇が主人公に降りかかる。
そして主人公は生徒への復讐を無表情・無機質に実行して行くとのストーリーです。

そして次男に語った私のこの映画を見た感想の内容ですが、「主人公は幸せを希求するからこそ異性という他者と愛を育み生きて行こうとしたのに結果的に求めた幸せ以上の不幸が襲ってきた。これをどう理解したらええと言うの?俺のは個人的な考えは、主人公が主体的に他者との接点を持つことから起こって来たことなんやから自分を取り巻く環境の中で誰かが何らかの行動を起こすことも本来は覚悟してないとアカンと思うけどな」というものでした。
それに対し次男は、「幸せは結局本人がどう感じるだけでこの映画の主人公は生徒に復讐を誓うほどに娘と娘の父親を愛していたんやからトータルで見れば殺される前の幸せの量は殺された以降の不幸の量と変わらん量かもわからん。人間はジャストタイムの[今]が人生の全てと思いがち。幸せは主観的なことだけに目の前の状況だけに幸せの尺度を持ち込むと道を誤る気がするわ」

さすがに現役大学生。聞けば哲学に関係する講義も時にはあるらしい。
娘を本当に殺されたくなければ24時間不眠不休でそばにいるしかない。しかしそれが幸せの形と言えるのか?ただし私は自信を持って「笑顔で集うこの瞬間は偶然でない」と言える。
posted by tetsukazu at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

何とか間に合った。

あと少しで子供達が家に来ます。
朝から掃除して買い物に行って料理をしてやっとこさ迎い入れ態勢が整いました。

それで、午後9時からJ−POP決定版! 歴代最強ミリオンヒッツをやっているミュージックONを見ています。
いきなりトレイントレインで始まり、ポケベルが鳴らなくて→卒業→めちゃくちゃに泣いてしまいたい(工藤静香)→瞳そらさないて→MADE IN JAPAN→Save your dream(華原朋美)→長い間、と続いています。
すっかり小綺麗になったリビングで冷えたコーラを飲みながら見ていますが、贅沢なひと時です。
いつもならボートピアから帰る途中の時間ですが、年に数回位はこんな人並みの生活も良いものです。
アルコールも飲みたいところですが、子供達が来るまで我慢します。

それにしてももう尾崎豊のような歌手は出ないのでしょうかね。
現役の歌手では岡村靖幸が彼のテイストを感じる位ですかね。
まーどちらにしても薬物絡みになってしまいますが、私の生き方を考えるとそんな彼らに惹かれるのは当然かもしれませんが、彼らが億万長者を目指して歌手活動をしていないことだけは伝わります。昨日もフジテレビの特番を少し見ましたが、すっかり金満の顔で歌っている歌手を見ると違和感を感じます。

渇きがあるからこそ誰かに訴えることが出来るのでは?と思うのは私だけでしょうか。
同じ金満歌手でも中島みゆきクラスになると一人の切なさを歌ってもリアルに受けとれます。
ご本人は意識して未婚なはずはないでしょうが結果的に共感は得られる生き方になっていますね。

だまっていましたが、来月の誕生日に今一番気になる女性を食事に誘いました。
この5年間で女性と食事に行ったのは数回程度ですが、気が合うとの意味ではほぼ完璧に近い女性なので足跡を残して来たいと思います。

あっ!?
もうすぐドラマ『昼顔』が始まるわ。

「って、ギャンブルジャンキーのくせに人生楽しんどるやんけわれ!」とのご指摘もおありとは思いますが、とんでもない量の普通の生活がどこかに飛んでしまったことをお忘れなく。
m(_ _)m

posted by tetsukazu at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

年に二回の父親稼業。

紆余曲折がありましたが、明日の深夜に息子二人が我が家に来ることになりました。

子供などいないかのような振る舞いで日頃過ごす私も、お盆の時と正月だけは父親役になります。

二人共が二十歳を過ぎた今も集合した時には桃鉄大会が開催されるので、今回も誰かがハード機器持参で来ることと思います。

私は子供達にこれといって強い教育方針を示したことはありませんが、こうして十数年間に渡りゲーム大会を続けていられるのが答えになっているはずです。

私は、日頃から無駄にガチな一般人を目指しています(あくまでも淡々と)。

ボーリング大会があれば何気なく賞品をもらっていくし、カラオケの場でも結構ガチです。
この前お世辞込みで9歳若く見られたのも無駄に外見を重要視して生きて来たからかもしれません。

ボートピアに行くと最近は若い女性のスタッフがいますが、向こうが「よう来るおっさんやな」と認識していたとしてもめったには話しかけません。
ただ、偶然お茶のコーナーで目があった時などに、ぺこっと頭を下げ心を込めて「いつも頑張ってるね」と声をかけます。
でもそれで終わりです。
そして息子達が来る時もそれは変わりません。
心を込めてゲーム(笑)で戦います。

とは言え、今問題となっている危険ドラッグ(違法ドラッグ)の常習者のことを私は他人事と思っていません。
私は今でも恐らく日本で屈指のギャンブルジャンキーでしょう。
十代で賭けていた金額だけならもしもギャンブルジャンキー日本ランキングがあるならベストテンに入るでしょうね(公営ギャンブル場での補導歴数知れず)。
そんな私が結婚して子供にも恵まれたのは奇跡ですが、奇跡ながらも私の心の奥底にあるものとは無縁ではないと思います。
生まれながら肉体的に重大なハンディキャップをかかえていた元妻に対して良くも悪くも完全に普通の女性として接して来たし(運転免許も調理師免許もとってもらった)子供達も今の今まで彼女のそのハンディキャップについて一言も話題にしません。
彼女が私との結婚を決め彼女の親もが最後には反対しなかったのもあくまでも自分の考えを貫く私だったからかもしれません。
離婚して肉体的な面で彼女が苦労することが誰よりもわかっている私なのに最後の瞬間まで普通の夫婦として接しました。
今回息子達が来ることを元妻に伝えたら「ちょっと羨ましいな。子供達の写メを送ってね」と返事が来ました。
私は何も変わりません。
posted by tetsukazu at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

賭け続ける男(急)第10話

二日続けて同じ女性からメールがあったと喜んでいるテツだがそのメールを受け とった場所が共に博打場だったのがテツらしさだ。


マサ‥何かニヤニヤしてますけどまた頭がピンク色なんですか?

テツ‥俺のポケットにハッピーストーンが入った。

マサ‥あの、措置入院するにはおっさん過ぎるんで更正は無理かと…

テツ‥女は男と別れる時にはせっかく築き上げた幸せの塊を簡単に捨てやがる。俺は一度築き上げたものをそう簡単に捨てる奴を信用する気にならんな。
そんな奴の幸せ専用のポケットには自己愛という名がついた塊しか入ってないやろな。

マサ‥可哀想に、とうとう不思議ちゃんとして生きて行くんですね。
て言うか、どこを切っても自己愛なのはテツさんでしょ。
どの口がそんなこと言うんですか?

テツ‥えっ? この口ですが何か?

マサ‥はいはい、心配して様子を見に来たのにそんな扱いするなら俺のポケットにあるテツさんのワガママと名がついた石を淀川に捨てて来ますよ。

テツ‥悪い悪い。お願いやからワガママのままーーでーー♪ いさせて。

マサ‥あのね、ありのままでいいのは18才位なんですけどね。
テツさんもそろそろ人生の中で何かの役を演じて下さいよ。世界の政治家も教養を基準にしてのありのままなら、他国の大統領は我が安倍首相を見下してますよ。
韓国の大統領はフランスへの留学経験もあり英語とフランス後に堪能だし、プーチンもドイツ語に堪能。オバマにしても我が安倍首相に比べたら教養面で優位にあります。
ただ、そもそも母音が五つしかない日本語を話す国民に英語を話せというのに無理があります。
日本の歴代首相で博士号を持っていたのは民主党の鳩山氏(工学博士)だけですし彼が首相の時だけは教養面で世界の指導者と対等だったのに、そんな首相を宇宙人と揶揄しまくる日本の国民はどうかしてますよ。
赤字国際を発行し出した田中首相の頃から財政規律が無くなって来たのに自民党に投票し続ける国民は能天気過ぎます。手先の器用さは認めますがどこか抜けています。
テツさんも人生に規律を持って下さいよ!
まーその前今日の競馬の予想で本気出して下さい。

テツ‥落ちた。
落ちたけど予想はさせてもらう。
馬券上で勝つだけなら札幌日経オープンの2−7ワイド一点。
注目馬はレパードSのジャッカスバークと小倉記念のニューダイナスティかな。


テツはポケットから自己愛の石をひとつだけ捨てた。
posted by tetsukazu at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

賭け続ける男(急)第9話

テツにとってもあの笹井氏の死は考えさせられることになっているようだが…


テツ…それにしてもエリートの挫折による自死を見るのは何度目なんやろ。
笹井氏と俺の人生には埋めようのない差があるはずなのに俺はこうして生きてる。
小保方さんのせいで死を選んだと言い残さなかったことで笹井氏の最低限のプライドは保てたとは思うけど、生きて行くには単なる勉強量や高い地位以外の要素も身につけるべきとの教訓にはなるな。
女への免疫なんかはエリート街道の途中で学べと言う方が無理あるもんな。

あれで死ななあかんなら俺は何回死んどかなあかんのや。
恥を晒してでも生きることが時には周囲のためになる場合もあると思うんやけどバクチにも酒にも女にも狂ったことないエリートには耐えられん毎日やったんやろ。

こんなことが起きる度に昔あった『しゃべり場』っていう番組で将来の日本を背負って立つんやろなと思わせる若者が口を揃えて「人は幸せになるために生きている」という言葉を出していたのを思い出す。
笹井氏にとっての死は幸せとどう関係してたんやろか?
不謹慎な言い方やけど死んだら二度と競馬が出来ないと頭をよぎるような生き方やったらこんな結末になってない気がする。


こんな状況や心境の中、不謹慎にも程があるけど今日も俺は競馬の予想はする。
俺には俺の生き方しか出来へんし微調整しながら良い方向に向かうしかない。


という訳で今日の新潟競馬第9レースの7番 コウソクコースに注目する。
馬場状態は気になるけど、サクラバクシンオー産駒は重馬場やった過去のCBC賞で、ヘッドライナーとダッシャーゴーゴーがワンツーフィニッシュしたことがあるし少し位悪化しても対応出来るやろ。
コウソクコーナーの母はあのマイネルラヴの全妹やし1400mまでなら血の底力で駆け抜けるやろ。
新馬戦は好位で折れ合い4コーナー手前から仕掛けて1200m戦を快勝やった。
ゴール前でも歩幅の広いストライドで伸びてたんであと200mの延長は問題ないやろ。

天候が悪い時こそ地方競馬出身の内田の泥くさいレース振りに期待するわ。

馬券はいつも通りコウソクコーナーの複勝一点。


あんなテツだって大きく落ち込むことはあるけど、無茶苦茶な生き方のテツにも生きていて欲しいと思う人間がいることをテツ自身が知っているから何とか踏ん張れるのだろう…
posted by tetsukazu at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

賭け続ける男(急)恋愛編−第4話

テツは2日前に見た映画の『愛のむきだし』の余韻が醒めやらないままいつもの店に行ったようだ。。

マサ‥テツさん、懲りずに愛がなんちゃらと言いつつ「やっと君に巡り会えたよ」とか女性セブンも引くような台詞を吐いてるんじゃないでしょうね。

テツ‥おっ!予言者降臨。
正解は「俺の理想の女の可能性がかなり高いわ。巡り会えて良かったよ」でした。
惜しかったなー。

マサ‥って、俺はどーでもいいんすけど…
それで相手の反応はどうだったんですか?

テツ‥もーしょーないなー、聞きたがりなんやから。

マサ‥あのね、テツさんがいつもどう言われてるか知ってます?

テツ‥えっ?何て。

マサ‥「理屈はええから行動で示せよな」的な。

テツ‥それって男?女?

マサ‥そこは言わないのが優しさと思って下さい。

テツ‥了解。
まーその話は後でじっくり聞くけど、Mちゃんから気になる話を聞いたんや。
それは「ママとSちゃんはその辺にいない女性と思うけど、今までに在籍の他の女の子はそこらへんにいる普通の可愛い子としか思わないわ。勿論私も含めてだけど…」との話やったんや。
それって俺が今まで仲良くしてたHちゃんやKちゃんもそのへんにいるただのちょっと可愛い子扱いということやんか。でも俺とMちゃんとママの関係性があっての会話なんである意味聞けて良かったしMちゃんは信用出来ると思たわ。

マサ‥で、そのMちゃんに俺の理想の女がここにいたとか痛いコメントを出したんですね。

テツ‥まーな、確かに痛いコメントやけど昨日お店にいた常連さんからは「なかなかこの手の店でこんな中学生の恋愛話みたいな展開にはならんで。普通は誰と誰がやったとかママさん一発やらせろとかそんな話になりがちや」と。

俺もMちゃんには数ヵ月前から「俺はゴール前に来たらシュートする勇気が出ないんや」とのフリありきで昨日は「そろそろ思いきってシュートしよかな?」と伝えたら「いいわよ打っても」との大人な反応やった。
そこで俺は「俺が打つまで俺以外の奴にシュートを打たすなよ」と言ってやったわ。ハッハッハッ!

マサ‥おっさんの妄想話はさておき、結局お相手はそのへんにいるちょっと可愛い子でいいんですね?ていうかそもそも選べる立場なんすか?

テツ‥??


恋する女は美しいと語るテツにその維持費用を負担する覚悟はあるのか?そしてテツがその辺にいるただのおっさんなら恋愛市場に出てもいいのか?
posted by tetsukazu at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

雑感−78

気になるニュースが数件ありました。
中でも注目したいのは、船橋オートレース場でのオートレース開催が2015年度の開催を最後に終了するとのニュースと第二回全国麻雀選手権でアマチュアが優勝して賞金500万円を獲得したとのニュースです。

船橋オートレースといえば、私が生涯を通じてこんな男になりたいと思ったふたりの内のひとりである(故)島田信廣選手がホームグラウンドとしたレース場です。
仕事の都合で東京に居た数年間に船橋オートレース場に通った回数は50回を超えています(休みの日に開催していればほぼ毎週)。
当時は岩田、片平、島田が船橋を引っ張っている頃で、40mや50mのハンデを苦にもせず最後の最後に一着になっていましたね。
近くには船橋競馬場はあるわ中山競馬場はあるわで私のような人間にとっては空き腹なライオンに生肉を投げ込んだような環境でした。
また、そんな私と対極である女性オートレーサーの坂井さんは慣れない環境の中で船橋所属として精一杯命の炎を燃やしました。
練習中の事故で殉職した彼女でしたが、師匠の永井大介選手を始め同じ船橋所属の選手達や彼女の同期のレーサーは彼女の分まで頑張ろうと誓ったはずです。
オートレースといえばマイカーのトランクの中に日本刀を入れていた選手もいたとの逸話がある位に殺気立った世界でもありました。
昭和の色がどんどん薄れて行く流れの中にオートレースが入って行くのだとすれば寂しいですね。

思えば、若者の野球離れや車離れに始まり最近は音楽離れや恋愛離れまで叫ばれます。
競馬界で武豊騎手が引退し将棋界で羽生名人が引退する頃にはすっかり昭和の色は消えているんでしょうかね。
とは言え船橋オートの閉鎖が決まった以上、開催している間に誰か(出来れば素敵な女性)を誘って行きたいとは思います。そして坂井さんに花を手向ける場所があればたとえ一輪でもそっと置いていきたいと思います。
最後に麻雀の大会の件ですが、何と何と決勝卓で大三元を完成させた上での優勝だったようですね。
誰にも言えない私の夢は旅打ちを続け生活することですが、もし公営のレース場が次々と閉鎖されフリーで打てる雀荘も廃れて行くのならノンビリしていられません。
まずは子供達に置き土産(換金可能な財産)をした上でもうひとりのあこがれの男である阿佐田哲也さんに少しでも近づきたいですね。
男の人生とは賭け続けることだと強がりを言いながら笑ってくたばるか…
posted by tetsukazu at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

賭け続ける男(急)第8話

夜のお店にいくことはしばらく自粛すると言いながら、浴衣姿で待ってますとの再三の来店要請に根負けしてあっという間に禁を破ったようだ。


マサ‥テツさん、また夜の街を徘徊し出したようですね。

テツ‥いやいや、夜の街の安全・安心のための防犯活動の一環のためや。その途中で3時間ほど水分補給してただけやがな。

マサ‥3時間かよ!

テツ‥まゆゆの大人AKBに対するツッコミみたいなリアクションやめてくれるか。
マサ‥はいはい、大人GGNさん。

テツ‥?

マサ‥博打・ギャンブル・ねえちゃんに決まってるでしょう!

テツ‥おぉーっ、さすがナニワの兄ちゃんやな。トンチがきいてるわ。

マサ‥あのね、貴重な一日をオッサンとのボケとツッコミに終始する気ないんで夏競馬の予想でもして少しは世の中の役にたって下さいよ。

テツ‥そーか、俺がそこまで社会から必要とされてるんなら期待に応えるとするか。
後40分ほどで出走の新潟第5レース新馬戦の7番ショウナンアデラの複勝は堅いやろ。
牝馬で混合戦に出てる点と鞍上に蛯名を乗せて来た点で、力の入り具合がわかるわ。
間違いなくインサイダーの投票が複勝に入ってるしな。
130円つけば1万円買って3千円プラス。お姉さんのビール代にはなる。

マサ‥結局そうなんかい!
で、アイビスサマーダッシュの予想は?

テツ‥難しいレースやな。岩田が10番枠から乗るのとハンデが厳しくない点からアースソニックが3着までに絡む気はするけど手を出すレースではないかな。

マサ‥ひとまず予想へのお礼は言いますが、今の生活を続けてたら息子さんがもし結婚することにでもなった時に祝い金のひとつも出せない ですよ。
馬券や舟券ばかり見てないでたまには免許証の生年月日欄とにらめっこして下さいね。



さてさて、テツが素直に人の忠告を聞く日は来るのだろうか。
posted by tetsukazu at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

バカなのは?男?女?それとも?

ヒトラーの遺伝情報を持つクローン人間を作ったとしても、少し絵が上手な普通の男しか出現しないと言われているそうですが、そうであるならば人間にとっての後天的な生育環境生き方に大きく影響するのは間違いないところです。

ところで、デフォルト(債務不履行)の常連アルゼンチンがまたやらかしましたね。
サッカーワールドカップ準優勝の余韻も覚めやらぬタイミングで、デフォルトが決定しました。
アメリカの一部企業が債務の見直しに応じなかったのが今回の事態を招いた大きな要因ですが、はっきり言ってアルゼンチンという国そのものが『バカ』ですね。
つまり国民全員がバカだったとの証明になります。

では、我が国日本はどうなの?

はい、解答します。
近い将来かなりの確率でデフォルトするでしょう。
ヨーロッパの一部の国の危機が伝えられていますが、日本の国の方が深刻なのは間違いないでしょう。
能力の足りない中央国家(政治家・官僚、及び裏で糸を引く自己中心巨大企業)に実質の徴税権や通貨発行権を選挙を通じて与えている国民は自分で自分の首を締めることでしょう。
かといって共産党が政権を握っても弱者保護政策強化で財政を圧迫する姿を想像します(私は階級社会否定派)。

『資本論』を丸ごと読んだ者(たとえば共産党の志位氏他)なら資本主義体制の国が階級社会であることを把握しています。
しかしブルジョアジーはマスコミなどを最大限利用して覆い隠そうと必死に努力します。

プロレタリアが無理してローンで家や車を購入するスキームを構築したのは他ならぬ支配者層です。
そいつらは朝からパチンコ店にも並ばないし夜な夜なお姉さんがいる飲み屋にも行きません。
そんな暇があれば明日からの搾取手段を考えるでしょう。
これら階層問題を語る場合、プチブルジョア(中産階級のトップ)と言われる小金持ちにも言及しないわけにはいきません。
底辺の者は借金してでも飲む打つ買うに勤しむのですが、小金持ちは株に手を出す仕組みになっているし、ゴルフなどを絡めた不倫市場のプレイヤーにもなっています。
そうしてそれぞれの階層から集めた富を恐らく3%〜5%位の富裕層がかっさらっていくのだと思います。
そして私のような立場の人間がとるべき自衛手段は『根気力』を磨くことに尽きます。会社に長く勤めるのは生活のため仕方なくであって、根気とはベクトルが異なりますね。

結論→飲み屋のママ>>>越えられぬ壁>>客

posted by tetsukazu at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。