2013年07月29日

雑感-67

人には「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」があると言います。

日本は豊かな社会か?との質問に対して世界の多くの人々は「豊かだ」と答えるでしょう。
豊かさとは?
一般的には「欲望が満たされ文化的にも成熟すること」になるかと。

では、国内における現在の少子・晩婚・非婚化の減少はどう説明するのだろう。
テレビ画面に出てくる若手(20代〜30代)の独身の言論人がその問題を語る姿を見るたびに「お前が先に結婚しろよ」とつい言いたくなります。

確かに食べる・寝るの欲望は満たされているとは思いますが、性欲が満たされていないからこその少子化ではないかとの個人的感想を持ちます。
人間は自己採点が50点の場合、50点またはそれより少し低い点の異性を選ぶと言います。
そうであるならば現代に生きる日本の独身男性が、自分が好きになった女性を見た時、恐らくは鏡を見ている心境になるのではないかと思われます。
余程の自信家でない限り鏡に映る自分自身の姿を見てほれぼれはしないでしょう。

間違っているかもしれませんが、私の受ける印象ではまだ日本は豊かな国に見えません。
もし独身男性にとって結婚が、やりたいことでもやれることでもやるべきことでも無いのなら欲望を満たす以前の問題です。

ここまでは他者目線の感想ですが、私自身にとっての「やりたいこと・やれること・やるべきこと」は何なのだろう?
少し前に書いた通り私は以前にある会社の経営者から「やりたい部署とポストを言ってみろ」と言われました。
そこで私は「お任せします」と伝えたところ、新たな部署が作られ係長の辞令が出ました。
新たな部署だけにスタッフは数人程度で食材の研究センター(全国500事業所程度に内食・外食に食材を提供)のようなものでしたが、ギョーザの皮の開発やあらゆる食材の真空パックのテストやラーメンスープを作るための材料をメッシュ(お茶パックのイメージ)の入れ物に詰めるテストや調理済みのカレーを一時間でも長く品質を保たせるテストなどに明け暮れる日々が続き、毎夜毎夜社長がそのセンターに現れて試食を繰り返していました。
徹夜などは当たり前で、何か言おうものなら「任せると言っただろ」と言われそうでだまっていました。

結局、数か月後には数十店舗の統括のような仕事をしたのですがそれも中心店舗(本社の1階‥会社の本業は外食産業ではない)のリニューアルの手伝いがきっかけでそうなったので(一時期は何故か強引に和食の板長代理も)、最後までやりたいことを伝える機会はありませんでした。と言うよりやりたいことが見つかりませんでした。

考えてみれば私の人生に本当に「やりたいこと」があった時期ってあったのだろうか。
結婚にしても「独立を選ぶの?私を選ぶの?」との問いに、「えーい両方やったれ」となり同じ年に両方実現したのが真相であり、ほぼ勢いのようなものでした。
それを考えると今の私が独身に戻っているのも当然の結末に思えて来ます。

私は人に対して、「自分自身の年齢も人の年齢もあまり興味が無い」と言いますが、「そんなことを言う奴ほど年齢を意識しているはず」とも言われます。
そうなると、「私は年齢に興味津々です」と言った奴ほど興味が無いことになる。
つまり、「やりたいこと」や「伝えたいこと」って本来は公言するようなものではないのかもですね。
やりたいことや伝えたいことが今日と明日で変わることだってあるだろうし今日と明日で好きな人が変わる場合もあると思います。

では、今日やりたいことを日々繰り返すのが正解なのか?
確かに今の私は毎夜毎夜飲みに行けば当面の寂しさは紛れますが本質的には何も変わらない。
それは博打を繰り返しても同じこと。

女優さんを例にとると、女優になりたいとして実現し続けたとしても独身のまま年齢を重ねる方も多い。

何かを得ようとすると何かを捨てないとならないならば日々の選択こそが最も重要になる。

これも以前同じことを書きましたが、今またもし「お前は何がやりたいの?」と聞かれたら何て答えよう。


ひとまずはこう答えるしかないのかな。


「やったことがやりたいこととしか言えません」 と。


既に行ったことが、やりたいことでもありやれることでもありやるべきこととするならば、
これからの行いも結局そうなのかもしれない。

ある瞬間にそばにいてくれた女性はやはりその瞬間には一緒に居て欲しい女性だったに違いない。










posted by tetsukazu at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

雑感-66

ありがたいことに更新しないでコメント欄に書き込んでいるだけの状態でも毎日ページビューで500程度閲覧があります。

離婚して4年近くになりますが、正直心が折れ掛けています。
気になる女性とは年齢がかなり開いているため一定の距離から見つめる状態が続いています。
だからと言って別の誰かを好きになる気もなくkちゃんの身の回りに劇的な変化が起きるまではしばらくはこの状態が続くのでしょうね。

昨夜はそのkちゃんに例の応援馬券(ハッピーカオル単複)を渡すことが出来ました。
ダートのオープン馬なのにいきなり芝の1200mに出走したのには驚きましたが、最低人気に近かったのに7着に突っ込んで来たのには更にビックリ!

もし3着にでもなっていたら換金してkちゃんに渡せないことになっていたかkちゃんが換金することになったのかなぁ(せっかくプレゼントした意味ないやろ!笑)。

明日は大阪の梅田で開催されるアマチュア女子ボクシングの大会を観戦します(自由席5千円)。
チケットは私以外の分もとれたのですが、誘う相手がいないため涙をのんで一人での観戦です。
何でkちゃんは土日が仕事なんや(プンプン)。

というわけで、昨日の満足度100から今日は満足度マイナス90位の孤独感に襲われています。
孤独は死に至る病であると誰かが言いましたが、私の禁女性生活も限界近くになっています。
あれほど避けて来た風俗通いに踏み出さないとならないほどの状態になる前に健全な男女交際が始まるよう祈るしかありません。

少し前から言って来たように9月末を迎えた時点で私の中の優先順位の一位(最悪でも二位)に女性が入らなければ何らかの病が発症しそうです。

あと2カ月、私は一つの目にチップを張りルーレットを回します。
35箇所ある孤独という目に転がるのかそれともたった1箇所の愛情という目に落ちるのか。
人生最大のギャンブルに臨みます。



posted by tetsukazu at 17:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

雑感-65

フゥーッ。

男稼業は楽じゃないわ(詳しくは後で)。
まずその前に、気になるあの子のスリム化は順調に進んでいるようだ。

私は私で肉体強化を続けているので刺激し合える関係でありたいと思う。

と言っても気になるあの子が完成体になった時には私から遠いところへ行きそうなのでほどほどにして欲しいものだ(困)。

繁華街を歩いていると無制限に欲望が解放されていることに嫌でも気付く。

本当に値段がついているわけではないが、男も女も胸に値札を付けて歩いているようにしか見えない。

女性の場合は値札に偽りは無さそうだが、男性の場合は財布補正が入るので金持ってるでアピールが必要かと。

しかししかしすっかり女性に対して告白が出来なくなって来ている。

お付き合いして下さいどころか、お食事でもどうですか?とも誘えなくなって来た。

私がギャンブルから足を洗えないのは理由があり、それはやめた瞬間から欲望が対女性に集約しそうだからだ。

私がやたら体を鍛えるのは体力面での補正をかけることと見た目補正をかけることもある。

行きつけの飲み屋で私は「僕は口説かない男ですから」とわけのわからないことを言っているが、自信があればそんな言葉を出ないはず。

人生後半でまさかの展開になり、そのうち新しいパートナーが現われるやろと思っていたら、あっと言う間に4年近くになって来た。

そんなわけでさすがにのんびりとしてられなくなって来たので9月の誕生日までに退路を断って行こうと思う(結局一人で生きて行くとのオチも含め)。

つまり断捨離にとりかかる。

この数年間でわかったことは、本当に好きな異性ならばいくら忘れる努力をしても無理だと言うこと。

なので、まず好きな異性一人以外は視野に入れないことにする。

そしてその異性がどのような人生を辿ろうが、私は私の気持ちを大切にして心の平安を保とうと思う。

無理に好きな異性を作る必要も無いし、好きで居続けるだけなら先方に迷惑もかからないだろう。

そしてギャンブルだ。

これについては最難関。ひとまず誕生日までは断つ。

後は自宅の持ち物の整理になるが、実は元妻が家を出た瞬間の状態からほぼ変わっていない。

キムタクファンだった元妻がところ狭しと貼っていたポスター類もそのままだしスマップ関係の本やビデオやCDもそのままだ。

冗談ではなく、ある日突然出ていったまま荷物を取りにくることもなく今に至っている。

荷物については最低限のものだけ私が彼女の住む関東地方へ宅配便で送ったが、とんでもない数の服やバッグや靴などがそのまま置いてある。

これらの品々もそろそろ保管期間を終えようと思う。

勿論、私の数少ない衣類も処分の対象となる。

友人については元々少ないので整理も何も関係は無い。

これについてはこの25年ほどで10回以上は引っ越ししているので友人自体が私についてこれていない。

そして子供達の思い出の品がまた多い。

ガンダムのプラモだけで何体あるか数えきれないしその他大小フィギュア類やカード類も数多い。

学習参考書や小中学校時代の絵画なども全部残っている。

子供机も二つともいらないだろう。

既に不用品となっている炊飯器や扇風機なども処分しなければ。


とここまでは良いのだが、処分の後に何を置くかが問題。

イメージとしては、[結婚できない男]での阿部寛が住んでいた家だが、音響機器を充実させて深夜にウイスキーやブランデーをロックで嗜みながらリクライニングでくつろいでみたい(笑)。

そしてやはり筋トレグッズもかかせない。最低限ダンベル・バーベルの類は置きたい。

そうそう入浴タイムも楽しみたいな。バスローブなんか着ちゃったりして(きもっ)。


妄想タイムはさておき、4年近く止まっていた時計の針を進めないと何も始まらないように思える。


先日終了したドラマ[空飛ぶ広報室]で  [飛行機は美しいから飛ぶんです」 との台詞があった。

この話を気になるあの子にしたら「性能が良いから飛ぶんでしょ」と言われガクッときたが、

私は、実は美しさとは最高に近い価値であり、ただ美しいだけに留まらず機能面・実用面においても優れているのだと解釈した。


私の人生、そして現在の私の姿・行動・考え方・自宅の風景などが美しいのか?

とてもじゃないが美しいとは言い切れない。

今の私の関心事は朝ドラの[あまちゃん]。ヒロインの能年玲奈を美しいと言わないならば世の中に美しいものなんか無い。

結局最後に物事は「単純な結論」が出る。

私がこのブログで言いたいことも既に開設のその瞬間に言えている。 そう [結果が大事] だと。


自分で止めた時間は自分で動かすしかない…。


posted by tetsukazu at 21:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。