2013年03月17日

パソコン不備のご報告。

突然更新が途絶えてしまい定期的にご訪問いただいている方にご迷惑をおかけしています。

前回の更新直後に配線関係だと思いますが不備が生じて現在もそのままの状態です。
こうして更新が出来たのもサウナのパソコンを利用してのものなので次回はいつになるかわかりません。
原因を追究すればよいのですが、これも何かのタイミングかなと考え別のことに集中して生活しています。

3年半前の全記事削除以前に、何かを習得したり成し遂げるためには集中する2000時間〜3000時間が必要だと語りました。
その記事を参考にして下さった方がいることも承知しており私が実践しないわけには行きません。
記事を更新しなくなってからは様々なことに集中出来ている実感があります。
携帯から過去の私のブログ記事も見返す余裕もあるのでそれぞれのエントリーの内容通りの生き方や考え方になっているかを反復しています。

ゲームをやられている方には理解していただけると思いますが、レベルを1上げるのは大変なことです。
私が今までブログで語って来たことにより私自身がたとえ1レベルでも能力がアップしたと言えるのなら意味があります。

このまま更新し続けるのも成長に繋がるとは思いますが、このタイミングで成果を確認するのも必要に思えて来ました。
金銭管理や肉体管理や生活管理や人格形成や知識や知恵の習得など課題は山積ですが、一歩ずつでも進歩出来たらと考えます。

皆様におかれましても成果や成長を実感出来る毎日であることをお祈りします。

次の更新はいつになるかわかりませんが、また宜しくお願いします。


posted by tetsukazu at 17:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

賭け続ける男(急)恋愛編

昨日から今日にかけてテツの中で不思議としか言いようのない出来事があったようだ。


村さん…(村さんとはテツが結婚する直前に職場を共にした上司で結婚式にも来てくれた先輩)
おう、テツやんけ。

テツ‥えっ? 村さんじゃないですか。 20年振り位ですかね。
まさかこんなタイミングで会うとは思わなかったですけど、実は偶然昨日、当時の職場仲間の顔を思い浮かべてたんですよ。そうしたらかなり鮮明に出てきました。
それで、今一番好きな子の顔も思い浮かべてみたんですけど何故か完全な状態では脳裏に映らなかったんですよ。
それって近くで共に過ごした時間の差なんですかねぇ?
それでついでと言うには重い話なんですが、実は3年ちょっと前に嫁と別れたんですよ。
村さんはやがて俺の嫁となる子の愚痴の聞き役でしたもんね。
後で聞いた話ですが、どうやら村さんがその時結婚してたこともあり、俺と結婚するか村さんの愛人になるかの2択だったらしいっすよ。

村さん…アホか、今頃何言うてるんや!
まー確かにテツとそんなにもめてるんやったら俺の愛人になるかって言うたかもわからんけどひょっとして本気にしてたんかな。

テツ‥はい。ご名答。なんせ村さんは横浜の船会社の御曹司ですもんね。
それが何を間違ったかサービス業に興味を持ちバイト感覚で席を置いてただけですもんね。

村さん…いやいや、何を仰る。確かに当時は月に数十万の配当を受け取ってたけどその金で女遊びをするもんやから嫁に全部その分は抑えられるようになったんや。
それからは真面目なもんで最近孫まで産まれたんやで。

テツ…ま、まご!? あの村さんが? 梅田の種馬と言われた男に孫なんて… 時代は移り行くもんですね。

村さん…そんなことより、離婚話がさらっと終わり過ぎやろ。
何かあったんか?

テツ…そうですね、ドラマによくありがちな 「家を出ます。頭を冷やして下さい」 のバージョンアップ版みたいなもんでしたわ。
頭を冷やすチャンスはとっくに終了してたみたいなんで。

村さん…でもその割りに元気そうやな。

テツ…はい、離婚して落ち込む男も多いですけど俺は逆に身体を鍛えまくってます。
好きな子もいるんで、その子の前では格好よくいたいんです。
本当は彼女の顔や姿を脳裏に焼き付けたいんですが、もし遠く離れてしまう日が来た時に立ち直れなくなるのが嫌なんで意識的にぼやかす努力をしているのかもしれないです。
想いを告白することも考えましたけど、年齢差を考えると今の関係が崩れそうで言葉が出ないんです。

村さん…相変わらずお前の不器用さは変わってないよな。
そんなもんな、例えば紙一枚出せば絆が結べるとかの問題と違うんや。
二人の間の積み重ねが何よりも強い絆やと思うで。
もしその子のところに後から誰かが現れて奪い去ったとしてもその時お前が何を思い何をするかはお前次第や。
告白が怖くて何も言えないんやったらそのライバルを追い掛ける資格はないと思うわ。
相手の気持ちばっかり考えんとお前の気持ちを相手に伝えることが大事やと思うけどな。
例えば、石田純一と東尾理子のケースでも、石田純一が東尾理子の親父に反対されたとしても、奴はきっとこう思ったと思うで。
「だって僕が一番先にプロポーズしたんですよ」 と…

テツ…そう言えば古さんは酒の飲み過ぎで10年前に亡くなったんですよね。
タカから聞いたんですけど、死ぬ前に奥さんとも別れてたらしいですね。
古さんからは、「俺が店を始めたらテツのボトルナンバーは5番やな」 と言われてたんでショックでした。
まぁそうは言っても、一週間後に結婚を控えた女の子と飲みに行って勢いでやっちゃう古さんなんで罰を受けたような気もしますけど…

村さん…結局独立もせんと会社を勤め上げたんは俺位かな。
一番マイペースにやった俺がこうなるのも不思議なもんやけど親父の会社はとうとう継がんかったわ。
でも、今の会社も関西では超のつく優良企業やしな。お前も独立せんかったら今頃は楽出来てたやろな。

テツ…そうかもですね。でも俺はずっと独立志向だったんで全然後悔してないですよ。
子供が二人共大人になったんで後は俺がこれからどう第二(第三)の人生を歩むかですわ。
最近思うんですけど、本当に自分が愛した相手なら絶対浮気はしないと思うし俺もしない自信はあります。
男と女って、無理して気持ちを伝えなくても村さんが言うようにそれまでの積み重ねで既に伝わってる部分が多いと思います。
今好きな子とは10年早く知り合ってれば何も考えずにどんどん前に進んだと思いますけど、こんなタイミングでしか出会えなかったのは神様のイタズラかもですね。
これからも無理せず自然体で接しているうちに関係性は変化するのかもしれませんが、先のことを考え過ぎても仕方ないので、今の俺の立場で出来ることをやって行くしかないですわ。

村さん…色々大変やろけど元気でな! 俺も大阪マラソンに挑戦してみるかな(笑)




テツはまさかの再会に驚きを通り越して運命的なものを感じたようだ。
フランスでは昔から 『存在理由・存在価値−レゾンデートル』 との用語が使用される。
発生する物事や存在する事物には全て理由や価値があるという意味になる。
となると、昨日から今日にかけてテツの内面や周囲で起きたことには理由や意味があるということ。
テツはどうやら昨日Kちゃんと話をして今の想いの一部を伝えたようだ。
テツのペースにKちゃんがどこまで付き合うかは周囲が見ていてもハラハラするが、テツはテツのペースでしか前に進めない不器用な男。
テツは地球がひっくり返っても白馬に乗った王子様キャラにはなれないはず。
どんな結末になるかはわからないが、出会って良かったとお互いが思える未来が来ることを祈るばかりだ…











posted by tetsukazu at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。