2012年05月30日

システムこそが最強なのか。

信じてもらえないかもしれないが、あろうことか昨日の夕方、 『カラス』 に正面衝突されたどんっ(衝撃)

幸い髪の毛があったお陰で大出血とまでは至らなかったが、衝撃的な出来事だった。

衝突の瞬間の衝撃は天から米俵が降ってきたような感触。

その瞬間は、「えっ?よけるの俺の方??」 状態。

とにかく皆さんもお気をつけ下さい(お前だけやろそんな奴は!との突っ込みはなしということで…)



そんな予期せぬアクシデントがあった中、一見平穏に流れる世の中を立ち止まって眺めてみるとあちこちに綻びが生じている。
では何が問題なのかと考えると『制度疲労』がキーワードになりそうだ。

村上龍は著書の中で度々「制度をバカにしてはならない」と述べている。
資本主義もやはり制度と言える。

制度との表現よりもシステムと表現した方が{制度・組織・体系・系統・}より説明し易いのでシステムとの表現を用いて考えを述べたい。
システムをもう少し長めに表現すると{対象とするものを部分が結合して構成される全体として認識する時それをシステムと呼び、部分を要素と呼ぶ。}となる。

日本は第二次世界大戦後、明治憲法下での天皇主権の国から国民主権の国へと変貌を遂げた。
日本国憲法の三大原理は、国民主権・平和主義・基本的人権の尊重となる。

日本国憲法の全体構成は、基本的人権の保障と、国会・内閣・裁判所などの統治機構との二つの柱からなる。
そして基本的人権と統治機構の関係は、基本的人権が目的であり統治機構は人権を守るための手段になる。

そもそも民主主義の基本原理を生み出す元になったのはホッブズ・ロック・ルソーにより展開された『社会契約説』である。
社会契約説とは、国家は人々の合意(契約)によって作られたとする理論であり厳密に言えばフィクションでしかない(ひとりひとりが生まれるたびに契約書を交わすわけでない)。
ホッブズは『リバイアサン』の中で、人と人との関係が自然状態にあっては「万人の万人に対する闘争」になってしまい、各人の自然権(生命・自由)は守られないとした。

ただ、現代における資本主義社会に見られる『弱肉強食』の論理はまさに自然状態への回帰にもなりかねないのが皮肉と言える(私の個人的感想)。

ホッブズからロックへの流れの中での限界は、『国民』の概念がブルジョアのみを含むものであり、社会の下層の人々が排除されていた点。

そこでルソーは代議政治ではなく『直接民主制』を主張した。
そしてその考えがベースとなりフランス革命や、時を経て日本国憲法にも生かされている(憲法改正時の国民投票や最高裁判所裁判官の国民審査など)。

だがこれも私の受ける印象では、衆愚による有能でない政治家の選出に繋がってしまっているようにも見える。

しかし民主的憲法下での合法的手段から登場したヒトラーによるファシズムの起こした悲惨な経験を国際社会が反省し、国際人権規約・女子差別撤廃条約・子どもの権利条約などが成立することとなる。

それらの国際的な人権保障の成立に繋がるきっかけを作ったのが、アメリカ合衆国第32代大統領 フランクリン・D・ルーズベルト。
彼は、1941年1月6日の国民向け一般教書演説の中で、『人類の普遍的な4つの自由』を語り演説を締めくくった。
その4つの自由とは?

@言論と表現の自由
A全ての個人がそれぞれの方法で神を崇拝する自由
B欠乏からの自由
C恐怖からの自由

そしてその1941年の日本の状況は、アメリカから石油の禁輸措置をとられ難しい選択を迫られていた。
結果的に日本は軍事路線を変えず戦い続けたのだが多くの国民が犠牲となってしまった。
後に戦勝国となる側が自由を高らかに謳っている同時期に、日本は自由なき状況へと陥り敗戦国への坂を転がり続けた。

平成の世の日本人は、生きる意味だとか生きる目的とかを考えるが、当時の日本人は『死に方』を考えるしかない状況だったのだろう。


と、ここまで書いてみて『システム』についての個人的言及が始まっていないことに気が付いた。

ひとまずここで一旦筆?を置き改めてエントリーするか追記します。

少し書こうと思っていたのは、何故自動車は当たり前のように公道を安全に走行しているのか?から考察を進め、人体内部でのシステムに個人の意思(意志)はどこまで関与出来るかなどについても考えてみようと… (ひとつひとつの家庭も良いシステムの下であれば平和と繁栄が持たらされるのでは?などの仮説も表してみようと思っていた。時間が許せば生活保護やストリートチルドレンや中国の一人っ子政策の陰にある1億人と言われる闇の子どもの問題なども)








posted by tetsukazu at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

黄金の船。

ダービーの枠順が発表された。

ゼロスはどうぞ逃げて下さいと言わんばかりの3番枠。人気サイドではゴールドシップが6番枠。ワールドエースが8番枠。ヂィープブリランテが10番枠。グランデッツァが17番枠。ヒストリカルが2番枠となった。

18頭立てになってからの過去20年では、1番枠と5番枠が3勝で並び、3連対率も7番枠までの成績の良さが目立つ。

松田国英調教師は過去に02年タニノギムレット、04年にキングカメハメハと2頭のダービー馬を育て上げた。
その松田調教師が語るには、「背中が短く腹下が長い体形は馬体の収縮幅が大きく末脚が鋭い」 と。
キングカメハメハはその典型的な例になるらしい(当てはまらずダービーを制したのはジャングルポケット)。
それを念頭に今回の出走各馬を見てみると、ディープブリランテとグランデッツァが理想の体形に映る。

血統面は、今が旬である父ステイゴールド・母父メジロマックイーンのゴールドシップに距離適性を感じる。

ローテーションと上がり目については、皐月賞後に一度馬体を緩めて再度つくり直した馬が有利に思える。
5月に走ったトーセンホマレボシやスピルバーグなどは馬体維持中心になり上がり目となると厳しいか。
フェノーメノも4月28日に2400m(青葉賞)を走っており、緩めてつくり直す時間はとれなかっただろう。
皐月賞からの直行組の中では、ワールドエースが皐月賞でかなり負荷がかかるレースになったので目に見えない疲労が蓄積されていそう。
上がり目の点ではゴールドシップとグランデッツァになるだろう。
ヒストリカルはかなりレース間隔をとってしまったが、陣営がダービー一本に絞ってのことなのでフレッシュな状態であることは間違いない。

展開だが、川田騎乗のゼロスが逃げる場合は同じエージェントを使う岩田騎乗のディープブリランテに有利な展開に持ち込みそう。ディープには後入れの偶数枠番も味方しそう。
グランデッツァも17番枠を引いたことにより池添もやや仕掛けて中団をとりに行くはずで前半はやや早い流れで前団8〜10頭と中団から後方の8〜10頭に分かれそう。
そうなるとデープブリランテは先頭からやや離れた先行集団でトーセンホマレボシあたりを前に置き折れ合うと見る。
ゴールドシップの内田は中団でじっくり脚をためたいはずだが、内目の枠の馬に差し馬が多く必然的に前目の位置どりになりそう。
とにかくグランデッツァは枠運がなかった。2コーナーを回る位までにひと脚使うしかない状況になるだろう。
ワールドエースについては走ってみないとわからない。福永だけに無理に位置はとりに行きそうもなくヒストリカルと共に後方からの競馬が濃厚。

総合的に考えて4角を過ぎてトーセンホマレボシとディープブリランテが抜け出すところをグランデッツァとゴールドシップが襲いかかり、ラスト200mでワールドエースとヒストリカルが猛迫する展開になりそう。

枠を考慮するとデープブリランテとゴールドシップの争いになりそうだが、共同通信杯で上がり33秒3の末脚を繰り出してディープに先着したゴールドシップに分がありそう。ラスト1000m(5ハロン)の持続する脚はゴールドシップが出走馬中ナンバー1だと思う。(ワールドエースやヒストリカルが強かった場合は観念するしかない)。
さて、内田騎手と一緒に 『黄金の船』 に乗ってみるか(勝負服と3枠6番の赤帽も絵になりそうだしね)。


話は変わるが、今クールのテレビドラマのうちの二作が途中打ち切りになるらしい。
そのニュースが気になったので、そのうちの一作の 『クレオパトラな女たち』  を昨夜(水曜)観てみた。
それが意外に面白かったので印象に残った台詞を書き残したい。

「人間なんて生まれたくなくても生まれてくるし、死にたくなくても死ぬんだよ!」 との台詞だ。
脚本家は大石静さんなのだが、プロだけに心に残る言葉を発信するなぁと思った。
自分の思う通りにいかないことがあるのは自明なのだからせめて自分の思う道を後悔なく進むしかないんだよとのメーセージも込めているんだろうな。

私もこのブログで 「反省はしても後悔はしたくない」 と言ってきたのでその考えを貫ければと思う。

では、皆さんにも好きなことや興味があることがあるならそれは幸せなことですよ。





posted by tetsukazu at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

自然体。

長いこと生きてきたのだから何かひとつでも 「そうか、そういうことか」 と気がつくことが出来たら幸せかな。 と、思う今日この頃です(きっこ風に)。

昨日は、一年に何回かは誘ってくれる知り合いの母娘ペアから急にメールがあり一緒に食事をした。
その母娘ペアと一緒にいると毎回ダメだしの連続なので昨日は対策を練りながらお店へと向かった。
店に着いたときに先方は既に生ビールを2〜3杯は飲んでいたのでマズイとは思ったが何とか無事に食事の場は終了となった。
それにしても二人の飲みっぷりは毎回半端じゃない。
昨日は、生中を5〜6杯いった後にハイボールを3〜4杯いってただけなのでしれているが(私がセーブしたのでその程度だったのかも)いつもなら生中だけで10杯は余裕なのだあせあせ(飛び散る汗)

まーそれでも私を誘うのはそれなりに楽しんでくれているのだろうし真面目にダメだししてくれているのだろう(キリッ!)
とにかく毎回指摘されるのは 「アンタは自然体じゃないのよねー。女はあーだとか男はこーだとかと面倒くさいのよ。別にあー言われたらこー言おうとかと身構えないでいいのよ。普通に相手の目の前に登場して普通に自然体で接したらいいのよ。私は不器用だから目の前に誰かがいたらその時はその人に集中して話をするだけなのよ。その時感じたことや思ったことを素直にぶつければいいのよ」 と。


う〜ん… そう言いながら本当に思った言葉をぶつけたら怒られそうなんやけどなー。
因みに、母親の方は10年以上前に旦那に先立たれているので 「一緒にいる時は自然体で接してたんですよねー?」 と聞いてみたら 「旦那は結構がんこな人だったんで、言っても無理そうなことは最初から言わなかったわ」 と。

「おいおい! 話がつながらんやん!」 と一応突っ込ませてもらった。

まーでも確かに目の前にいる人に集中してその場を過ごすことって大事やなとは思った。
いきなり呼び出されて生ビールやハイボールをかなりのペースで飲んだので疲れたのは疲れたが、人間関係なんてこんな感じで続くのだろうと思った。
話を聞くと、娘さんが調子悪い時に母親が鯛めしを作ってあげたらしく、その時に私のところにも持って行くか私を家に呼ぼうかとも考えたらしいが、考えるのが面倒くさくなりやっぱりやめにしたらしい(考え始めてから断念するまでが20〜30秒程度だったのは納得)。

私もこの2〜3年は色々あり過ぎて、考えをまとめる暇もないしsteadyを作る余裕もなかったが、『自然体』 で生きて行く中で何か見えてくるかもしれない(自然体と言ってる時点で自然ではないけど…)。

とにかく、シンプルに考えたら人間が生きるのって要は日々をどう過ごすかの連続があるだけ。
朝起きて食事して仕事して食事して仕事して食事して自由時間を過ごして風呂に入って一杯飲んで寝る(時には人と会話を楽しむ)の繰り返し。
幸せの感じ方なんて人それぞであり、結婚しなくても幸せだと言う人はいくらでもいる。
特に秀でた才能はなくても 「根性だけは西日本一や」 なんて思えるならそれも素敵な人生だ。

誰かの胸・何かの懐に飛び込まないと見えないものってきっとあるんやろな。 なんてことを思ってしまった。
(きっとしんちゃんも同じ意見のはず)


中身のないエントリーになったかもしれないが自然体(笑)で書いてみた。


PS.昨日の母娘は食事を終えて自宅に帰ってからも反省会の名目で酒盛りが続いたとの風の噂が…

大阪限定
posted by tetsukazu at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

賭け続ける男(破)第53話

テツは相変わらず様々な意味で明日無き戦いを続けているようだ。


マサ‥おーい! テツさん息してますか〜?

テツ‥おう! マサ久し振り。何か用か?

マサ‥あのねぇ〜 そんな言い方ないっしょ。 そらたまには連絡もするでしょ。
それでなくてもテツさんはそう見えて自分で責任を背負うタイプなんすからまさかのことがあってはと…

テツ‥いやいや、まさかのことはないけどこの前長男の誕生日に本人から連絡があって、紹介したい人がいるから出て来ない? とメールが来たんや。

マサ‥えっ? それってまさか…

テツ‥まー結局なんやかんやで会うことはなかったんやけどあいつも大人になったっちゅうことなんかな。

マサ‥そーですよ。 テツさんんもいつまでもちゃらちゃらしてたら、息子さんの彼女から「 何、あのしょぼいお父さんは」 なんて言われちゃいますよ。

テツ‥あーしょぼくて悪かったな。 プンプンちっ(怒った顔)

マサ‥あのね。そのリアクションがしょぼいんですよ。テツさんの辞書には成長という言葉が載っていないんですか?

テツ‥はいはい、愛あるご指摘ありがとうございます。
俺は山ほどの服を身に着けてきて1000キロ位の服を身にまとっている気分なんで、そろそろ脱ぎ捨てる時期かなと思ってるんや。
脱ぎ捨てる中にギャンブルが含まれるかどうかは内緒やけどな!

マサ‥内緒って、もう答え出てますやん!

テツ‥話は変わるけど…

マサ‥変わるんかい!

テツ‥そうです。変わります。
俺なー最近思うんや。「俺なんて(私なんて)この世にいても仕方ないから消え去りたい」 とか言う奴がいるけど、そんな風に考えるのってホンマ損やと思うわ。
例えば世界に100人しか人間がおらんとしても、「俺の幸せのためには残りの99人がどうなっても構わん」 位の気持ちの持ちようも時には必要と思う。
俗に言う 『俺様』 キャラこそ弱肉強食の世には向いてるんとちゃうかな。
とにかく 『遠慮』 して得になることは少ないよな。

マサ‥そうかもしれないっすね。
うつになる人なんかは、ある意味俺様キャラだったのにそれを貫けなかったのかもしれないですね。
宅間死刑囚なんかは俺様キャラだったように思いますがどこでどーなったんすかね。

テツ‥あいつの場合は、他者に感謝するとの気持ちが薄かったように思うな。
俺様キャラを保ちつつも、お世話になった人への感謝の気持ちは忘れるべきでないで。
感謝の気持ちを返すのに数十年かかるかもしらんけど、そう意識することが重要やろ。
人や社会を恨む前に出来る限りの努力をせなあかん。

マサ‥で、テツさんは弱肉強食の世の中でどう生きてきたんですか?

テツ‥そーやな。俺は自分に起きる全てのことに意味を感じるようにしてきた。
平原綾香も 『ジュピター』 の歌詞で言ってたやろ。
今日のオークスの結果にも意味があるはずや。

マサ‥そこかい!!

テツ‥まーまー落ち着いて。
実はオークスの予想はほとんどやってないねん。
ジェンティルドンナは騎手の変更や枠順が外になったことで運気が下降してるかもな。
川田の戦術傾向から押して前に行った時に馬がかかる可能性もあるし、後ろから行ってもGTでの斜行のトラウマがあり、無理な進路はとりにくいしな。

その点、ヴィルシーナはマイナス点が少ないように思えるわ。
ただ、ディープインパクト産駒に2400mのGTに適性があるかどうかに疑問がある。
佐々木主浩がオークス馬のオーナーっていうももピンとこーへんわ。
その点、ここ5走中4走で2000mを走ってる3番枠のアイスフォーリスに魅力を感じる。
ステイゴールド産駒の底力に期待したい。
馬券はアイスフォーリスと、騎手が魅力の1番枠アイムユアーズに、マイナス点が少ない9番枠ヴィルシーナを合わせた単勝3点かな。

フローラSの出走馬レベルが高く感じるので勝ったミッドサマーフェアも怖いけど、いくらなんでも今年6戦目は走らせ過ぎやろ。

マサ‥そうですか。俺も大した予想はしてないけど、アイムユアーズとヴィルシーナのワイド1点でも買って楽しもかな。

テツ‥じゃー明日の金環日食でまた。

マサ‥いやいや、全く約束もしてないし一緒に見る気もないし…

テツ‥そーやったっけ、まーえーわ。今日の夜の情熱大陸で中村美里が出るし。
あの低い声が妙に格好ええわ。 寡黙ながらオリンピック代表に選ばれた時のインタビューで、
「選ばれたからには結果を出したいです」 と一言だけ述べてた。
今時、男でもこんな凛々しい奴はいてない。
48kg級から52kg級に上げた時点で、外見上の女性らしさはやや薄れたが、勝負の世界で生きることに集中する姿は誰よりも美しい。
目標を持つことの素晴らしさを彼女を通じて改めて感じたい。 美里頑張れ!


テツは自分の幸せについて向き合ったことがないようだが、さすがに子供達が大人になって行く時を迎えて、玉砕ばかりの人生だけでは生き残れないと気が付き始めたかもしれない。

posted by tetsukazu at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

永遠の一瞬。

人は何故様々な経験を積むのか?

世の中は、理不尽が道を歩いているようなもの。

理不尽A 理不尽B 理不尽C ………

両親が離れ離れになった子供が既に20才。

その子供が母の日に贈った一通のメール。

「今度こっちに来る時は4人でカラオケでも行こうや」

それを目にした母のその一瞬は永遠の時間に思えただろう。

メールを送った子供にも歩んで来た歴史がある。

カラオケをすることで何かが変わるわけではなく何も変わらない。

しかし短い文にこめられた思いは20年間分のもの。

そしてその思いは永遠のものでもある。

それぞれが自己肯定するまでには時間を要する。

一緒にいることだけが絆ではない。

成長の方法はそれぞれ違う。

きっとこの世に意味のないことなど何もない。

人の歩む道だって意味はあるはずだ。

意味があるからこそ人と人は出会う。

何十億の中から特定の人間と出会う縁は奇跡でもある。

きっと人生は奇跡の連続なんだろう。

明日元気に生きている保障なんて誰もが持ち合わせない。

だからこそ一瞬に輝きがある。

理不尽が渦巻く荒野の中で人は何を信じて生きるのだろう。

全能力を試される瞬間は、ある日ある時訪れる。

人はその瞬間のためだけに苦闘しもがきながら経験を積んで行く。

自然体で生きればいいんだよと他者が言う。

でもその意味は自分で考えるしかない。

その時が来た時に考え始めてももう間に合わない。

一人が寂しくない場合もある。

でも本当に一人なんだろうか?

同じ能力を持つ人間の最後の差は「自信の違い」かもしれない。

その自信は自己肯定だけでは不足する。

きっと誰かがそっと見てくれているはずだ。

心から人を愛さない限り人からも愛されないだろう。

上手く立ち回ろうなどと考えても無駄なこと。

自分の器以上の成果など得られるわけはない。

声を掛けられるのを待つのでなく自ら行動を起こさないと何も変わらない。

性格を変えるのは9割位の確率で難しい。

変えるべきなのは性格ではなく、行動パターンであり自己分析能力を上げること。

例えば半年間で英語の能力を一定程度まで引き上げると決意した者に雑念の入る余地は少ない。

決意したその一瞬も今までの積み重ねが成せるわざ。

何故人は大切なものを見失うのか?

それは見失ったからではなく最初から見ていなかっただけ。

いや、見えなかっただけ。

理不尽だらけの風景の中に、一筋の光が見えるかどうかは目の輝き次第だ。

そしてその一瞬に輝く光を見逃さないために自分を信じてそして信じるに値する人を信じて今日も汗を流しひたむきに生きるしかない。

心の通じ合う者同士の時間は永遠に止まったままなのかもしれない…








posted by tetsukazu at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

お久し振りです。

ご無沙汰してました。

ようやくLOVELOGのログインIDの切り替えが終わり(当初のセルフパスワードが不明で時間がかかりました)自分のブログに入れましたあせあせ(飛び散る汗)

それにしても最後の更新から約2ヶ月経過しているのに2ヶ月前の訪問者数と大差ないのには驚きました。
気にかけていただきありがとうございます。

更新しなかった期間に改めて感じたのは、「人生は有限だ」 との想い。

何事も待ったなしなのだと…

選択するということは、一歩前に進むということ。
その中では人とも出会うが、出会った人の運命を変えることもあるし自分の運命が変わることもある。
とは言え、人は選択し前に進むしかない。

ライオンは肉食であり狩りをするが、24時間獲物を追い掛けているわけでもない。
己の生存のため必要性に応じて立ち回っているだけだ。

人間だってライオンと何ら変わることはない。
「迅速と的確」といった本来はトレードオフである問題と格闘しながら理想を求めて成長して行くしかない。

成長とは、それまでの結果が次の段階に反映されてこそ生まれるもの。
選択の連続であり有限でもある人生の中では、全く考えないのも問題だし考え過ぎるのも問題だ。
適切な量と適切な時間を持って物事に取り組むべきだろう。


さて、私が日常生活に翻弄されている間にも公営ギャンブルは開催され続けている。
オートレースでは、一部のレース場で控除率がアップされるとの報道があった(還元率が約75%⇒70%に)。
私は、「おいおい、それ逆やろ。控除率は下げろや」 と言いたいが、胴元が決めたことなのでどうしようもない。
どうせなら還元率80%のところも作り、収益の比較をしたらよいのに…


明日はヴィクトリアマイル。
気になる馬はマルセリーナとオールザットジャズだが、オールザットジャズのローテーションはとてもGTを狙う馬には思えない。
まして前々走の中山牝馬Sが53kで前走の福島牝馬Sは54k。今回は55kである。
その点、マルセリーナは休み明け(阪神牝馬S)を56kで走り今回は55k。
中間も長目を余力を持って調教を重ねており、GTに向けて万全の準備が出来た。
1番枠は好ましくないが、土曜日の競馬が外伸び馬場になっており、4角で内に馬が殺到することもないだろう。
社台系(生産牧場)のクィーンズバーンが逃げ、同じ社台系のアプリコットフィズやドナウブルーなども好位を狙い、やはり社台系のアパパネとマルセリーナも差が無く続く。
どちらにしても3着までに社台系の馬が1頭も来ないことは想像し難い。
仕事中心の最近なので、馬券の方の見解は控えたいがあえて言うならご想像の通りマルセリーナの複勝1点かな。

では、ご訪問して下さる皆様の多方面でのご活躍を祈ります。
更新の方は、無理ない範囲で行いたいと思います。
posted by tetsukazu at 02:51| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。